2012年11月27日

12・1 鈴コン闘争勝利へ 解雇1カ年決起集会

1年間、負けるどころか勝ち抜いた! 12・1鈴コン集会へ!
『出る杭は打たれる』というけれど、出るどころかめり込んでるくらいの杭さえ打ってくるのが資本家! だから、まず、もっと出てやろう位がちょうどいい。


■本日のもくじ
●ひと言! 12・1鈴コン集会へ!
●ふくしま共同診療所が12/1オープン! 救援本部ニュース391号 2012.11.26
●原発事故:福島に募金診療所が開院へ 不安に応え 毎日2012年11月24日11時59分
●放射線相談の診療所開院へ 11.23NHK福島 19時48分
●希望の楽園。 11.24 NAZENブログより
●ふくしま共同診療所 内覧会 Жар-птица――全学連福島ブログ 11/25より
●反合運転保安確立、労働条件改善求め支社徹底追及 日刊・動労千葉NO.7411 11/21
●学ぶのは人殺す方法だけ 軍の暴力性 イラク帰還兵2012年11月24日 琉球新報より
●米兵自殺…戦死者を上回るペース 駐留あとわずか、なぜ?2012.10.9 09:43産経
●除染作業員 怒りの訴え 「危険手当ピンハネされた」 2012年11月26日 東京朝刊


p20121104d[1].jpg
▲鈴コン分会・郵政非正規ユニオンなど、国鉄闘争と固く1つに(11・4全国労働者集会)
診療所子ども.jpg

●ひと言! 12・1鈴コン集会へ!
 パソコン不調で更新に手間取っている。ITはアカン…。現場勝負にすべてかけろという労働者階級の声だろうか。11/23には、わがユニオン組合員は星野全国再審集会と福島共同診療所の開院への行事に両方参加。それぞれ感動と確信を持ち帰った。
 わが西部ユニオンだけでなく、合同・一般労組全国協の各組合に「闘いたい」と労働者がそれぞれ小さい塊となって集まり始めた。ほんの始まりだ。そのうえで、うちのユニオンは、本気で闘おうという組合だから、1つ1つが実にていねいに聞き、単に困りごとの解決ですませない。いや、ほとんど今時の職場の課題は、ほとんどハードなものばかりで、大いに闘いがいがある。大恐慌の本格化は、大失業をあらゆる陰険な手法で中小零細から公務職場まで襲いかかり始めた。とにかく労働者は組合運動の経験がなくても絶対闘えるのだ。日本の労働組合運動の経験がある連中の大半がしかも大幹部が腐りきっているなかで、下手な経験はない方がいい。ということで、12・1(土)はわが鈴コンの解雇1カ年決起集会だ。
 分会の○さんの言葉を紹介する。「『出る杭は打たれる』というけれど、でるどころかめり込んでるくらいの杭さえ打ってくるのがこの職場なんだから、どうせならもっと出てやろう」という。そうだ!もっと言っちゃえば、相手が打ってくる槌をうばって打ち返してやろう! 出ないように出ないようにしておびえてたら打たれる前に魂が死んでしまう、生きられない。
 で、鈴コン闘争は、職場を軸とする闘い、連帯共闘運動によって国鉄闘争と固くつながってる。そして多く労働者が新たに闘いをガンガン闘ってくれることが鈴コン分会への最大の支援だと思ってます。こういう総括をできるまでうちらは前進した!
▼12月1日(土)18:00開場 18:30開会
▼豊島区民センター(池袋駅東口徒歩5分・公会堂となり)
・鈴コン闘争勝利へ!解雇撤回・非正規職撤廃 解雇1カ年決起集会
・よびかけ:鈴木コンクリート工業分会闘争支援・連帯共闘会議



ふくしま共同診療所が12/1オープン! 救援本部ニュース391号 2012.11.26
“希望の診療所”
 ついに12月1日、念願のふくしま共同診療所がオープンすることになりました!
 子どもたちを放射能から守る、住民の心のよりどころになる診療所をめざして&沒の多くの人たち、そして全国の人々の願い、1年を超える努力と奮闘の結晶です。
 どなたかが、韓国の労働運動の中で始まった「希望バス」になぞらえて「希望の診療所」と表現されたとか。
 でも診療所はまだ開設されたばかり。必要な人材も機材もまだまだ不足。すでに、NHKテレビの報道を見て、「いつから診療をしてもらえるのか」と遠方からわざわざ訪ねて来られた方もいらっしゃいます。これからが本番です。全国の力で、支えていきましょう。…(★全文は→→http://blogs.yahoo.co.jp/shinsaikyuenhonbu/9846901.html )


原発事故:福島に募金診療所が開院へ 住民の不安に応え 毎日2012年11月24日11時59分
福島診療所 毎日記事.jpg

 東京電力福島第1原発事故に伴う被ばくへの健康不安に応えようと、市民らが募金活動をした「ふくしま共同診療所」が12月1日、福島市太田町に開院する。18歳以下を対象にした県の甲状腺検査用機器も備え、セカンドオピニオンを提供して不安解消を目指す。呼び掛け人の一人で「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」の佐藤幸子代表は「住民の心のよりどころになる診療所を目指したい」と話している。
 3階建てビルの1階部分約40坪を改装し、二つの診察室やレントゲン室を設けた。内科と放射線科があり、甲状腺検査もできる超音波診断装置を導入し、希望すれば尿・血液検査なども受けられる。松江寛人・元国立がんセンター病院医師が院長に就き、県外の医師4人も非常勤で勤務するという。…
(★続きは→→http://mainichi.jp/select/news/20121124k0000e040179000c.html )


放射線相談の診療所開院へ 11.23NHK福島19時48分
 放射線が健康に与える影響について、市民が気軽に意志に相談できる診療所が、来月福島市に開院されることになり、施設の見学会が開かれています。
来月、福島市に開院することになったのは、ふくしま共同診療所で、今日はそれに先だって見学会が行われ、朝から大勢の人たちが訪れました。
 診療所は、原発事故で放出された放射線に対する健康へ与える不安を訴える人が絶えないことから、気軽に医師に診断をうけたり、相談したりできる場所をつくろうと、医師や市民団体が資金を募って作りました。東京の国立がんセンター病院で放射線医療にあたっていた専門の医師が院長をつとめ、甲状腺の検査など診療を行うほか、放射線が健康に与える影響について相談に応じるということです。
◎須田事務長「不安とか、いわゆる身体の問題とかなかなかコミュニケーションとりづらいテーマじゃないですか。でも、ここに来るとお茶飲みながら気軽に、診察まではいかなくても相談程度ならできるという人がいるっていうかそういう場所にしていきたいと思ってるんですね」
診療所は来月1日に開院し、月・水・日曜をのぞく週4日診療にあたることにしています。
★→→ http://blog.goo.ne.jp/nonuke_edogawa/e/28e76786e0efc08ca217345b7ae6115f 
(→ニュース動画は<放射能を考える下町ネットワークのブログ>経由)


希望の楽園。 11.24 NAZENブログより
希望の楽園.jpg
ふくしま共同診療所の開設にかかわってる地元の郵政労働者の方が、私の贈った絵を見て泣いてくれたそうです。最近彼は、労組廻りで福島の小学校、中学校を訪れて、飾ってある子供たちの絵が暗い色ばかり使っていたそうです。それで、私の絵の色とりどりに涙が出たと言ってくれました。タイトルまでつけてくれました。「希望の楽園」。
はじめ聞いたときはクサいタイトルと思っちゃったけれど、園子温監督の映画「希望の国」の「希望」の意味を思い出しました。表面上は復興できても何処までも追ってくる放射能。こんな絶望の世界で唯一の希望は「人々の生き抜く力、その意志」なんだって。
そういう意味でこの診療所は福島の人々と共に生き抜こうという強い意志をもった「希望の診療所」なんだと昨日もレセプションで仰る方がいました。
診療所の内覧会に来ていた福島市内に暮らす妊婦さんが真剣な眼差しでスタッフの話を聞いていました。本当にすべての命が脅かされる中で新たな生命が生まれてくる、それを守り抜く。闘いとる。
それ意外に私たちが生きる道はなく、でもそれこそが希望だってゆう、命のダイナミズム。
みんなで作った診療所が、私自身にその力を思い出させ、闘う絵描きとしてのチカラを取り戻させてくれます。
ご支援いただいた全ての皆様ありがとうございます、これからです。
チカラがますます漲ってきました!
事務局 富田翔子
★→→http://blog.nazen.info/ 

1eca793dac4e7373097cd5f92455f330[1].jpg
(落合恵子さんからの診療所への激励メッセージ)

ふくしま共同診療所 内覧会 Жар-птица――全学連福島ブログ 11/25より
23日に福島共同診療所の内覧会に行ってきました。内覧会はたくさんの人が訪れています 全国からたくさんの方のメッセージも来ていました♪
こちらが診察室 レントゲン室もありました
内覧会にはご近所の方もたくさんこられていました。
お年寄りの方もたくさんこられていました。話を聞いてみると、診療所がある太田町周辺には病院が少なく、「歩いて来られる病院ができてよかったぁ〜」とのこと。
特徴的だったのがキッズコーナーの充実ぶりです。落合恵子さんから250冊の絵本の寄贈が来たとのこと。おもちゃの寄付もたくさん来ていました。近所の子どもたちも楽しそうです♪ この日は金曜行動でお馴染みのピエロさんが子どもたちを盛り上げていました。
潤子さん(ふくしま合同労組委員長)も童心に帰っている様子
ピエロさんと見学中 ピース
近所の方が診察室を見て、早速「血圧を測ってみたい」とのリクエストされていました
対応しているのは平岩医師。とっても優しく、物腰柔らかなステキな先生でした
こちらは布施先生です
エコー検査の説明をされていました
見学に来られているお母さんに「診療所に期待すること」をインタビューしました
★→→http://fzengakuren.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-14.html 


反合運転保安確立、労働条件の改善求め、千葉支社を徹底追及 日刊・動労千葉NO.7411 11/21
ダイヤ改正後に各支部で行っている行路実態調査に基づく「労働条件に関する申し入れ」の団体交渉が11月5日〜15日にかけて行われました。
 主な申し入れと千葉支社の回答は左記の通りです。
 そもそもダイヤ改正は、乗降客の利便を計るとともに、安全、正確な運行の確保のために行うものであり、現実に列車の遅延が発生し、その遅れが乗務員の負担になっています。 「30秒での乗り継ぎ交代」を例にあげよう。駅に到着、運転士が錠を抜き取り、ICカード・乗務カード・時計をとり、鞄をもって乗務員室を出る。交代運転士に車両の状態遅れの有無、その他必要事項を伝える。その後、交代運転士は、ICカード、乗務カードを入れ、懐中時計を出し、出発信号機の進行現示を確認し、錠を入れる。一連の動作、流れであっても30秒では到底無理である。
(★続きは→→ http://www.doro-chiba.org/nikkan_dc/n2012_07_12/n7411.htm )


学ぶのは人殺す方法だけ 軍の暴力性訴え イラク帰還兵に聞く2012年11月24日 琉球新報より
 「軍隊では米国の憲法や人権については一切学ばない。学ぶのは人を殺す方法だけだ」。イラク戦争での体験について講演するため来県していた、イラク戦争への従軍経験を持つ元米兵のアーロン・ヒューズさん(30)とアッシュ・キリエ・ウールソンさん(31)は21日夜、人間の尊厳を軽んじる訓練や任務を兵士らに強いる米国の軍国主義について語った。後を絶たない米兵による事件事故に「米軍による沖縄占領の歴史の中で、沖縄の人を人間として扱ったことがあるか。過去にないということは未来にも起きないということだ」と指摘した。…
(★全文は→→http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-199583-storytopic-1.html )


米兵自殺…戦死者を上回るペース 駐留あとわずか、なぜ?2012.10.9 09:43産経
 米国のオバマ政権が「自殺防止のための国家戦略」を発表し、フェイスブックの活用などで今後5年間で2万人の命を救うことを目標に掲げた。イラク戦争を戦い、アフガンになお多くの部隊を駐留させる米国で深刻なのは、現役・退役兵士の自殺の増加だ。現役兵士の自殺者数は今年、アフガンでの戦死者数を上回るペースとなっている。…
…米メディアによると、米国の自殺者数は年間3万3000人(人口は3億875万人)。昨年1年間で、800万人が自殺を考え、250万人が計画を立て、110万件の未遂があった。日本は1998年以降14年連続で、毎年3万人以上が自殺したが、今年は1〜6月が1万4154人で、3万人未満となる可能性がある。それでも自殺率(人口10万人に対する自殺者数)は米国よりかなり高い。世界保健機関(WHO)によると、米国の自殺率は男性が17.7、女性が4.5(2005年)。日本は男性が36.2、女性が13.2(09年)。世界全体では毎年100万人近くが自殺しているという。…
…米軍の中では、陸軍のみが月別の自殺者数を発表しており、7月には発表が始まって以来最多の26人が自殺。6月(12人)の倍以上だった。ABCテレビの最新の報道では今年8月までに自殺した陸軍兵士は212人、アフガンで戦死した陸軍兵士は171人。今年は「自殺」が「戦死」に代わって米兵の死因のトップとなる可能性が高い。…
(★全文は→→http://sankei.jp.msn.com/world/news/121009/amr12100909460001-n1.htm )


除染作業員 怒りの訴え 「危険手当ピンハネされた」 2012年11月26日 東京朝刊
 東京電力福島第一原発の収束作業をする作業員や除染作業員を支援しようと、労働問題に取り組む「被ばく労働を考えるネットワーク」が二十五日、福島県いわき市で第一回の相談会を開いた。除染作業員の男性らが訪れ、「国から支払われた特殊勤務手当(危険手当)がピンハネされている」と訴えた。
 労働相談に訪れたのは、福島県田村市の国が除染を進める地域で、除染をした青森県の五十八〜六十一歳の男性作業員五人。…
(★全文は→→http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012112602000094.html )
posted by 東京西部ユニオンブログ at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

過激派と言われない程度のことしかやっていない組合や政党などロクなもんじゃない!

「人間の誇りなど差し出したら奴隷としていきてけるカネをくれてやる」と言われても、実は大うそ。死ぬほどの過重労働や分断や、使い捨てに会う。多くのひとが気がつきだしている。

■本日のもくじ
●ひと言!
●ヨーロッパ23カ国で1千万超えるゼネスト 救援本部ニュース 第390号2012.11.21
●シリーズ11・4集会発言A JR外注化粉砕の決意
 ▼この怒り何倍にもして返す 動労千葉幕張支部支部長 山田護さん
 ▼闘いは終わってはいない! 動労千葉青年部 渡辺剛史さん
●外注化阻止ニュース第44号
●【ふくしま共同診療所12/1開院】11/23開院記念レセプション 同建設委hpから
●11/18関合労定例街宣 .2012/11/20(火) 午前 0:08 関西合同労組hpより
●12月インフォメーション2012/11/19とめよう戦争への道!百万人署名運動HP抜粋
●高浜3、4号機の再稼働想定 関電が事業計画で2012年11月22日 02時00分東京
●福島 終わらぬ除染 線量が再び上昇2012年11月20日 07時11分東京
●福島では“犯罪的”で“非道徳”なことが 2012年11月21日田中龍作ジャーナルより
●外国人研修制度:実習生過労死、責任認める−−水戸地裁 毎日2012年11月20日朝刊


spain4[1].jpg
▲ヨーロッパゼネスト11・14


★ひと言!
今日(22日)のNAZEN杉並の阿佐谷デモは、第○回目で、数十人だったが、寒さも忘れるほどのもりあがりだった。阿佐谷デモには初めてきてくれた男性が持参の太鼓をリズム良く叩く。デモが生活の一部や、文化になり、国会・霞ヶ関も含めて地域・職場と直結し始めていく(もちろん国会前であり、中ではない!)ことはもっと必要だ。どんなに公安刑事が飛び入りを阻止しようと異様な金魚のフン状態でデモ監視に来ようと、それはデモを見ている青年達にとっては、この国家と支配者のクソぶりを教育し続けてくれている。沿道の通行人も充分意識して、声をかけ手を振って、公安の監視へのプロテストをしているのである。ちょっと妄想すると、そのうち、デモ隊の中からではなく、沿道から、デモ監視の公安への実力闘争が起きる前夜に感じる。わずか数十のデモに数十の公安、しかし気がついてみたら数百数千の人々がその周りを包囲して、公安が壊滅される…そんな時代も近い。(デモの写真は後日にこうご期待)
 今日22日は、ユニオンは朝から、他の地域への労組回りや交流で知り合った組合の現場闘争に朝の5時起きで出かけた。朝は職場、夕方はデモと会議。ビラづくりや多々ある争議の文書づくりなど、まさに「食いきれない!」状態にもなりつつあるが、いまや労働者にとって「闘う」ことへのハードルが日々下がっている。だって一度しかない人生、「人間の誇りなど差し出して屈したら奴隷としていきてけるカネをくれてやる」と言われても、実は大うそなのだ。死ぬほどの過重労働や疎外的・分断的労働や、使い捨てなどのめに会うことが多くのひとが気がつきだしている。過激派と言われない程度のことしかやっていない組合や政党などロクなもんじゃない!という真実がジワジワとひろがってるのだ。

改めて、ブログ読者に呼びかけます。わがユニオンは、文字通り、他人の労働をしぼって生きてる資本家以外の、自分の労働によってしか(あるいは労働からもはじかれながら必死になってしか)生きられない全ての人に門戸が開放されてます。たまには飲み会もあります。青年部あり、今後は女子会も?という噂も。とにかく来たれユニオンへ!
 月額収入の1%以下の組合費とスト基金300円を毎月納めて、なおかつ自分さえよければではなく、ユニオンで団結して生きていこうというすべての人は加入してください。
 特に、退職勧奨という名の切り捨て、強制配転や出向による実質解雇、有無を言わせない非正規化などが横行するなかで、腹をくくってハッキリ拒否して、団交を申しいれたら会社は拒否できないのです。
15〜20時に電話を 3220ー7473



11/14ヨーロッパ23カ国で1千万人を超える空前の一斉ゼネスト・デモ 救援本部ニュース 第390号 2012.11.21
民営化・首切り、大増税・福祉切り捨てに抗し、労働者の生き抜く闘いが燃え広がる
 最も激しくヨーロッパを襲う大恐慌の下で、緊縮政策の名で強行される首切り・大失業と大増税、福祉・年金切り捨てに立ち向かう全ヨーロッパの労働者の闘いが燃え広がっています。
 11月14日、ヨーロッパ労働組合連盟(ETUC)の呼びかけで、スペイン、ポルトガル、イタリア、ベルギー、ギリシアなど23カ国・40の労組ナショナルセンターが参加する歴史的なゼネストとデモが闘われました。
 EUと各国政府による緊縮プラン・首切りと増税の攻撃に反対する全ヨーロッパ規模の闘いです。1000万人を超える労働者が怒りの声をあげました。
 スペインやポルトガルでは、デモ鎮圧に動員された警官隊と街頭で激しく激突。イタリアでは、学生が失業者とともに反政府デモの先頭に立ちました。
 24時間ストに突入したスペインでは、2大労組の労働者委員会(CCOO)と労働総同盟(UGT)の呼びかけで、自動車、エネルギー、造船、建設部門のほとんどの労働者がストに立ち上がりました。
(★全文は→→http://blogs.yahoo.co.jp/shinsaikyuenhonbu/9826077.html )

f2560_2_2[1].jpg
シリーズ11・4集会発言A JR外注化粉砕の決意
▼この怒り何倍にもして返す 動労千葉幕張支部支部長 山田護さん
 私たちの外注化阻止闘争に対する全国からのご支援、本当にありがとうございました。民主労総ソウル本部のみなさんが雨の中、日本大使館前で闘いを展開してくれて、本当にうれしくて涙が止まりませんでした。
 今回一番怒りを持ったのは、同じ職場で同じ仕事をしているのに、10月1日から違う制服を着せられ出向に出された組合員と、JRに残った組合員が分断されたことです。本当にふざけるな! こんなことは絶対に許しません。この怒りは何倍にもして返します。
 10月1日に外注化は強行されましたが、闘いはまだ始まったばかりです。JR側とCTS(千葉鉄道サービス)側のどっちがどこまで仕事をするのか。この仕事の責任者はどっちなのか。現場の責任者に聞いても何も答えられません。10月1日以降、職場では事故は起きるし、入出区は遅れ、矛盾だらけでガタガタです。外注化が破綻しているのは誰の目にも明らかです。安全のために早く元のJRに戻せ!
 外注化―強制出向差し止め訴訟も始まります。部屋代、ガス代、電気代、水道、風呂まで全部JRが払っています。管理者も労働者も全員出向で、道具も全部JRのもの。偽装請負のオンパレードです。出向協定も結んでないし、出向の同意もありません。こんな違法な強制出向は粉砕しなければなりません。
 JR当局は「出向協定を結んでなくても、就業規則に書いてあるから同意と見なす」と言っています。ふざけんな! 就業規則に書いてあれば何でもできるなら、労働組合なんかいりません。
 われわれは奴隷じゃない。だからこの外注化―強制出向差し止め訴訟は絶対に勝たなければならないし、勝って組織拡大につなげます。これからもご支援をよろしくお願いします。

▼闘いは終わってはいない! 動労千葉青年部 渡辺剛史さん こんな規模の場所で話すのは初めてです。動労千葉青年部です。
 外注化阻止のために闘ってきましたが、残念ながら10月1日、当該になってしまいました。悔しい思いでいっぱいです。
 この間、日本も含めて、世界のみなさんからも多大なるご支援、ありがとうございました。この場を借りてお礼を申し上げます。
 よく田中委員長も言いますが、闘いは終わったわけではありません。私たちは1日でも早く元のJRの制服を着るために、これからも闘い続けます。今後ともご支援をよろしくお願いします。


★外注化阻止ニュース第44号↓↓
gaityuukasoi-1[1].jpg


【ふくしま共同診療所12/1開院!】11/23開院記念レセプションやります☆  福島診療所建設委員会のホームページから転載
☆ふくしま共同診療所見学会 
  10:00〜15:00
  スタッフが診療所をご案内しますので、みなさまお気軽にお越しください
  福島市太田町20-7 佐周ビル1階
☆開院記念レセプション
  講演会 15:30〜16:30 
  レセプション 17:00〜18:30 〔入場無料〕
  福島ビューホテル3階 (福島駅西口正面)



11/18関合労定例街宣 .2012/11/20(火) 午前 0:08  関西合同労組hpより

img_371776_10210872_0[1].jpg

 11月18日、大阪梅田ヨドバシカメラ前定例街宣を行いました。メインは鈴コン支援・署名カンパです。11/4労働者集会の高揚の息吹をもって各支部から参加。現業労働者や、息子が郵政で非正規で働くという母親が討論し署名に応じてくれました。大阪府警が街宣活動に妨害してくるのを粉砕し、最後までやり抜きました。
★→→http://blogs.yahoo.co.jp/kangorogogo/10210872.html 
いつもありがとう☆☆


12月インフォメーション2012/11/19 とめよう戦争への道!百万人署名運動HPより抜粋
■「日米開戦―記憶の継承―改憲と戦争に絶対反対」12・6集会
とき◆12月6日(木)午後6時30分開会
ところ◆杉並産業商工会館3F(JR阿佐ヶ谷駅南口7分)
講演◆西川重則さん「安倍・橋下・石原らの改憲のもくろみ」/会場費500円
主催◆8.15労働者・市民のつどい全国統一実行委(tel.03-5467-8480)

■もんじゅを廃炉へ!全国集会(福井県現地)
とき◆12月8日(土)午後1時30分〜
ところ◆きらめきみなと館(敦賀市桜町1-1)/*午前11時〜原子力機構申し入れ(白木海岸、JR敦賀駅前午前10時発の貸切バスあり)
呼びかけ◆原子力発電に反対する福井県民会議ほか(tel.0776-25-7784)

■「ラブ沖縄@辺野古・高江・普天間」(藤本幸久・影山あさ子監督、約2時間)上映〜新基地建設・オスプレイ配備への抵抗の記録〜
とき◆12月8日(土)からロードショー
ところ◆ポレポレ東中野(JR「東中野」北側線路沿い)/*同時上映「ONE SHOT ONE KILL」
問合せ◆ポレポレ東中野(tel.03-3371-0088)

■「内部被ばくを生き抜く」(鎌仲ひとみ監督)上映
とき◆12月8日(土)上映時間@午後3時〜A午後6時〜
ところ◆劇団展望(杉並区阿佐ヶ谷南3-3-32)
チケット◆1200円(前売1000円)
主催◆「もくれんの家」(tel.03-3336-5367)

■東電への抗議申し入れ行動
とき◆12月10日(月)午後3時〜4時
ところ◆東京電力本社前(千代田区内幸町1-1-3、JR「新橋」日比谷口3分)
呼びかけ◆新橋アクション(tel.03-3778-0717なんぶユニオン)

■三里塚・市東孝雄さんの農地取り上げ裁判
とき◆12月10日(月)午後1時30分〜
ところ◆千葉地裁601号法廷(千葉市中央区中央4-11)
内容◆萩原進証人尋問の第2回/*傍聴希望者は1時に地裁前に集合
問合せ◆三里塚芝山連合空港反対同盟(メール otayori@sanrizuka-doumei.jp )

■IAEA国際会議抗議行動〜12/14(金)
*福島県庁申し入れ/午後1時〜県庁前アピール、その後デモ
主催◆原発いらない福島の女たち(tel.080-3195-0229)
*広瀬隆講演会/午後6時〜
ところ◆郡山労働福祉会館(郡山市虎丸町7-7 )
主催◆脱原発福島ネットワーク(tel.080-5563-4516)

■さようなら原発世界大集会(IAEA抗議・福島との同時アクション)
とき◆12月15日(土)午後1時〜集会、2時30分〜大行進出発
ところ◆日比谷野外音楽堂(日比谷公園内、地下鉄「霞ヶ関」すぐ)
主催◆Nuclear Free Now実行委(tel.03-3363-7561)

■IAEA国際会議抗議行動〜12/15(土)
*IAEA申し入れ/午前9時〜(予定)
ところ◆郡山ビッグパレット(郡山市南2-52)
主催◆フクシマ・アクション(tel.080-5563-4516)
*IAEA会場包囲行動/午前〜午後
ところ◆郡山ビッグパレット
主催◆原発いらない福島の女たち


高浜3、4号機の再稼働想定 関電が事業計画で2012年11月22日 02時00分東京
 関西電力が取引金融機関に融資を要請する際に提示した事業計画に、保有する原発11基のうち4基の稼働を盛り込んだことが21日、明らかになった。7月に再稼働した大飯原発3、4号機(福井県おおい町)に加え、高浜原発3、4号機(同県高浜町)の再稼働を想定している。
 これを前提として、来年4月から家庭向けで平均10〜15%程度、企業向けで同15〜25%程度の電気料金値上げを申請する方向で最終調整。経営合理化も行い、2013年度の黒字転換を目指す。
 ただ、政府や原子力規制委員会は再稼働の見通しを示しておらず、関電の想定通りに進むかどうかは不透明な情勢だ。(共同)


福島 終わらぬ除染 線量が再び上昇2012年11月20日 07時11分東京
 東京電力福島第一原発事故で飛散した放射性物質を除去する作業(除染)を終えた福島県の山あいの地域で、除染後しばらくすると放射線量がまた上がるケースが出ている。風雨で運ばれた放射性物質が、道路脇や軒先に再びたまり、線量を上げているとみられる。除染の難しさが顕在化した形で、住民からは「何度除染すればいいのか」と悲鳴にも似た声が上がっている。(榊原智康)
 福島市東部の大波地区では、半年前に除染したが、局地的に線量の再上昇が起こっている。町会長を務める栗原俊彦さん(71)の測定では、ある民家の軒先では事故後、毎時一〇マイクロシーベルト(〇・〇一ミリシーベルト)以上の線量があり、今年三月に除染で一・八マイクロシーベルトにまで低下した。だが、十月には七・八マイクロシーベルトにまで戻った。別の民家前の道路脇でも、除染で一・五マイクロシーベルトに下がったが、十月には一〇マイクロシーベルトにまで上昇した。…
(★全文は→→http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012112090070937.html )


カルディコット博士 「福島では“犯罪的”で“非道徳”なことが行われている」
2012年11月21日 13:05 田中龍作ジャーナルより

 オーストラリアの小児科医で放射能障害に詳しいヘレン・カルディコット博士の記者会見が19日、衆議院第一議員会館内で開かれた。博士は日本各地で講演ツアーを行っている。衆院解散を受けメディアの関心が選挙一色になるなか、会見には海外のテレビ局1社と数人の記者のみが集まった。カルディコット博士は何度も“犯罪的”、“非人道的”という言葉を多用し、これを伝えようとしないマスコミも批判した。日本社会に対するいらだちが随所に感じられた。
 冒頭、カルディコット博士は「福島の高線量地域で、子供や妊婦、妊娠可能な年齢の女性を避難させないのは“医学的犯罪”だ。18歳未満の子供に超音波検査を実施したところ、約40%の子供に甲状腺異常が見つかったという。これは小児科の見地からみて極めて異常だ。」と語り、福島の被曝量がチェルノブイリをはるかに上回っていることを指摘した。…
(★全文は→→ http://tanakaryusaku.jp/2012/11/0005637 )


外国人研修制度:実習生過労死、初の和解 受け入れ側、責任認める−−水戸地裁
毎日新聞 2012年11月20日 東京朝刊

 国の外国人研修・技能実習制度で来日し、茨城県潮来(いたこ)市の金属加工会社「フジ電化工業」で働いていた中国人実習生、蒋暁東(しょうぎょうとう)さん(当時31歳)が08年に過労死した問題で、妻の馮珠(ひょうしゅ)さん(36)ら遺族4人が同社と第1次受け入れ機関の「白帆協同組合」(同県行方市)に約5750万円の支払いを求めた損害賠償請求訴訟は19日、水戸地裁で和解が成立した。
 弁護団によると、外国人実習生の過労死を巡る訴訟で、第1次受け入れ機関の管理責任を認めたのは全国初という。
 遺族側弁護団によると、金属加工会社と受け入れ機関は、長時間の残業を助長した安全配慮義務違反などを認め、和解金の支払いに応じたとみられる。金額は明らかにしなかったが、一般的に1500万〜2800万円とされる日本人の過労死の慰謝料と「そんしょくない水準」としている。
 中小企業の組合がつくる監理団体が研修生らを傘下企業などに派遣する受け入れ方式は、過重労働や賃金未払いなど不正行為の温床と指摘され、10年施行の改正入管法で監理団体による派遣先企業の訪問指導が義務づけられたが、その後も不正行為は後を絶たないとされる。【岩嶋悟】
★→→http://mainichi.jp/select/news/20121120ddm041040033000c.html 
.
posted by 東京西部ユニオンブログ at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

「今回ほど、誰にも投票したくない選挙はない!!」に込められた怒りと価値転換

俺たちが野田らを倒した!<新自由主義崩壊解散><暴走・階級戦争解散>に対しては、「よりマシ」幻想を捨てて、たたかう労働組合復権と反原発・反失業の100万決起で反撃しよう!

s20121112b-2[1].jpg
雨の中、全国から国会包囲に来た人々自身がこの社会を動かせる! 
命よりカネと利権の全政党・候補のウソはほとんどお見通しだ!

p210121104b-200x150[1].jpg
▲数人の全員非正規職の小さな労組・わが鈴コン分会は全国・世界に胸張って
「解雇撤回・非正規職撤廃」の運動をガンガン広げようと訴えた!


■本日のもくじ
●ひと言!
●鈴コン吉本さん!感動の訪韓報告!2012年11月16日 合同・一般全国協hpより
●残業代:全額支払われているのは「5割」毎日新聞 2012年11月05日 19時10分
●“米軍、私達を奴隷のようにこき使い…嫌なら辞めろと言うやり方” 2012.11.16 21:45
●週のはじめに考える 私たちを侮辱するな 2012年11月18日 東京・社説
●未公表データが存在 放射線量が急上昇 NHKニュース11月17日 19時13分
●11・11は全国各地で反原発大占拠 救援本部ニュース389号 2012.11.20
●ヨーロッパ23カ国歴史的ゼネスト・デモ2012年11月18日 11:21前進・速報版より
●習近平新体制を直撃!元赴任地1万人暴動2012年11月19日 19:01前進・速報版より


■11・22阿佐谷デモに行こう!
 11月22日(木)18:30集合(阿佐谷北・けやき公園)19:00デモ出発
    駅前に19:05すぎに出てきます! 区役所まで
■11・23星野再審全国集会へ
 11月23日(金)13:00開会 赤羽会館大ホール JR赤羽駅東口とほ5分
■12・1 解雇撤回・非正規職撤廃 鈴コン解雇1カ年決起集会
 12月1日(土)18:00開場18:30開会 豊島区民センター5階(池袋東口5分)
   


20121118_277508[1].jpg

★ひと言!
「第3極」だ??今や「第10極、第15極、20極」じゃないか。極は極でもそのほとんどが「極右」だ。このように野田政権の崩壊が、1%による99%への<ウソと欺瞞と脅し>による支配、=カネによる支配の崩壊として現れている。
 <新自由主義崩壊解散><暴走・階級戦争解散>だ。
 テレビのインタビューで、11/16の解散の日の反原発国会前行動に来ていた女性がひと言「今回ほど、誰にも投票したくない選挙はない!!」
 これが最大勢力の声だ。これは絶望か? そうじゃないと思う。国家と資本のとてつもない犯罪である3・11、これに対してさらにウソを重ねる政府や国会ではなく、のべ100万人を超える人々が今年、首相官邸前・国会前で意思表示し自らの価値観を転換し始めている。ここに真実がある。ここに未来がある。「何年かに一度、支配階級のどの分派が権力を握り、労働者人民からしぼり取った血税や利権を最も多く自分のふところに入れる権利を得るか」という資本主義社会での「ブルジョア議会・選挙」の本質がむき出しになったのだ。これをうち倒す労働者はじめすべての人々が、「誰かに託すのではなく99%の自分たち自身が社会を変え社会を握ろう」と動き始めている。「選挙より占拠」だ。国会・霞ヶ関占拠とともに、すべての生産・社会機能を直接担う労働者が、社会を止めること、原発も基地もなくすことができる。闘う労働組合をすべての職場につくり甦らせよう。
 11・4の全国労働者集会と11・11の国会前大占拠は、危機の野田を倒す最後の一撃だった。そして野田・安倍・石原・橋下らが分裂と野合をくり返しつつ「誰がいちばん労働者を押さえつけ、労働組合を完全につぶせるか」を競う階級戦争に出ている。
 しかしフクシマやオキナワの根源的な怒り、そして2500万の非正規雇用労働者の怒りは絶対に奴らを信じない。そしてたたかう労働組合の潮流にむすびつき始めている。
 誰かに託すのはもうやめよう。「奴ら」の言う「自己責任」ではなく、この腐った社会を変えるために腹をくくり、仲間との団結にかけきる「責任」さえあれば、国会包囲している人々でいますぐ臨時政府だってつくれる。労働者にはそういう力があることに確信をもって、追いつめられた政府と資本の攻撃をはね返そう!


鈴コン吉本さん!感動の訪韓報告!2012年11月16日 合同・一般全国協hpより

fbbae3a7b3fe6d7da702c1e2ca8bf1f72-200x134[1].jpg
9adc5d3a0bfe8f9e4e735b8544f0a4be1-200x134[1].jpg

 訪韓闘争は、11月10日から13日までの4日間を闘い抜いてきました。
 11月10日午後7時、全国労働者大会前夜祭はソウル市庁舎横の広場で爆発的に開催されました。
闘争報告は、韓進(ハンジン)重工業、双竜(サンヨン)自動車、KEC支会等、今まさに激闘を闘い抜く労組からありました。前夜祭の闘争の現場で、6ヶ月ぶりにKEC支会のオムジョンフン共宣部長と広報部の二人に感動の対面をしました。
 共にこの間の職場での激闘の報告と韓国ソウルでの再開を喜び合いました。言葉は通じなくても闘う労働者は顔を見ただけで通じ合うものがあります。これこそ労働者はひとつだと実感しました。11・4に訪日した民主労組本部の仲間たちが続々と動労千葉と訪韓している我々のところに来て再会を喜びこの間、職場での実践と団結拡大の前進を実感しました。
 11月11日は午後2時にソウル清渓川(チョンゲチョン)平和市場前に続々と労働組合が旗を押し立てて結集しました。韓国民主労総労働者大会が行われるソウル駅前に向かってデモ行進の開始です。闘いのスローガンは「整理解雇撤廃・労組破壊中断・労働者参政権保障」と韓国も日本も全世界共通で一体です。そして、デモ隊列が結集するソウル駅前には、当日の雨をも吹き飛ばす3万人の闘う労働者が怒りと団結で集合しました。大会闘争方針「チョンテイル烈士精神継承、整理解雇撤廃、非正規職の正規化と権利の保障、解雇撤回」を決議し、大恐慌下で新自由主義と闘う現場組合員と闘う労働組合主導での燃え上がる大会になりました。
 11月12日は民主労総本部での理念交流会と訪韓団歓迎会が大盛況に行われました。動労千葉田中委員長のお礼と挨拶、動労千葉の発言、訪韓団の各職場での闘争報告と発言、民主労組の闘いの報告と発言等、この間11・4を中心に団結が拡大し闘いが大きく前進しています。鈴コン分会の闘いと「鈴コン闘争支援連帯共闘会議ニュース3号」も民主労組の同志には手渡しをしてきました。「労働者は惨めな存在ではない」、職場で地域で労働者が団結し闘いを拡大していき、闘う労働組合を甦らせていけば必ず社会は我々の力で変えることができることを実感しました。
 寒い韓国でしたが、熱い魂の団結した訪韓闘争連帯となりました。共にこの道を団結して進みましょう。団結!(タンギョル!)闘争!(ツウジェン!)
s20121103a-1[1].jpg
▲11・4日比谷集会の前に三里塚反対同盟と交流する韓国・民主労総の訪日団


怒りでからだがふるえるようなニュース!
未公表データが存在 放射線量が急上昇 NHKニュース11月17日 19時13分

kjs002[1].jpg

 『去年3月の原発事故で放射性物質がどのように放出したかを調べるのに重要な原発周辺の放射線量について、公表されていないデータが存在することが分かりました。東京電力は未公表の理由について「調査中」としていますが、この中には、事故から5日後の去年3月16日午前に一時的に急上昇しているデータもあり、専門家は「原発で何かが起きた可能性を示しており、詳しく調べる必要がある」と指摘しています。福島第一原発の事故で放出された放射性物質については、東京電力がことし5月に最新の解析結果を公表し、去年3月15日に2号機から翌16日には3号機から、大量に放出されたとしていますが、具体的な放出経路などは明らかになっていません。この未解明の謎に迫ろうと、NHKが原発周辺で観測された放射線量について改めて調べたところ、第一原発から南に12キロにある第二原発の値に不自然な点があり、問い合わせた結果、未公表のデータの存在が分かりました。東京電力によりますと、未公表は去年3月15日午前から4月3日にかけてのデータで、このうち確認できたとして東京電力が明らかにした3月16日のデータを見ると、午前9時40分ごろ、それまで1時間当たり20マイクロシーベルト前後で推移していた放射線量が突然80マイクロシーベルトに跳ね上がり、10分後には87.7マイクロシーベルトまで上昇していました。

3fda45f6[1].png
7c72cf50[1].png
▲上がこれまで公表されていたもの、下が今回明らかになった
一目で、東電のデータ隠しは明らか。とんでもない殺人につながる犯罪だ


 線量が上昇する1時間余り前の午前8時半ごろに、3号機の建屋から白煙が大量に噴き出ているのが確認されていて、放射性物質の放出との関連が疑われていますが、何が起きたのか詳しいことは分かっていません。これについて、事故のあと、原発周辺の放射線量などを調べている東京大学の門信一郎准教授は「事故から1年8か月がたつのに、いまだに未公表があるのは分析を行ってきた立場として大変残念だ。今回のように大きく値が変化するデータは、福島第一原発で何かが起きた可能性を示しており、3号機の白煙との関連を含め、詳しく調べる必要がある」と指摘しています。東京電力は「なぜ公表されていないのか調査中だ。確認ができしだい公表を検討したい」と話しています。』



残業代:全額支払われているのは「5割」…連合総研調査 毎日新聞 2012年11月05日 19時10分
 残業代を全額支払われているのは2人に1人−−。労働問題のシンクタンク、連合総研の調査で、こんな残業事情が浮かんだ。

 調査はインターネットを使い、首都圏と関西圏の20〜64歳の民間企業労働者2000人から回答を得た。残業手当が出る人で手当全額が支払われているのは46.9%。前年同時期の調査から8.9ポイント低下した。支払われる額の4〜6割が不払いは5.5%▽2〜4割が5.3%などで、残業代が全く支払われていない人も6.3%いた。支払われているかどうか不明と答えた人も29%で、賃金がブラックボックス化している側面ものぞかせた。
 また、残業時間を申告していない不払い残業があるとした人は35.3%で、1カ月の平均時間は21.3時間になった。申告しなかった理由は、働いた時間通り申告しづらい雰囲気(36.3%)▽残業代に限度がある(24.2%)−−などが挙がっていた。連合総研は「残業代の不払いは違法行為だということを労使ともに認識することが重要だ」と話している。【東海林智】


3165_6212_3322[1].jpg
▲11・11ソウル 民主労総全国労働者大会、3万のデモ
“米軍、私達を奴隷のようにこき使い…嫌なら辞めろと言うやり方” 2012.11.16 21:45

ストを控えた韓国人労働者たち/SOFAでは「韓国労働法が保護す」と規定/実際には米軍側が好き勝手に処遇/賃金引き上げ率は物価上昇率の半分/業務・パートタイム転換も一方的通知
全国駐韓米軍部隊警備サービス労働組合の組合員が2011年2月2日京畿道(キョンギド)東豆川市(トンドゥチョンシ)保山洞(ポサンドン)のキャンプ ケイシー前で「米軍部隊の警備サービス業者として新たに契約した英国系企業が職員の賃金を削減し、反対に労働時間は延長するなどの横暴を行っている」として抗議集会を開いている。 これら組合員は「駐韓米軍の警備サービス業者選定方式である最低価落札制が労働者を崖っぷちに追い立てている」として、これを批判し直接雇用を要求した。
 在韓米軍所属の韓国人労働者カン・某(57)氏の本来の担当業務は運転手だ。 しかし実際には担当業務に関係なく何でもやってきた。 ある日は倉庫の清掃に動員され、またある日は荷物運びに呼び出された。 一日中、袋に砂を詰めた日もある。 「奴隷のようにこき使う」とカン氏は話した。
 20余年前、カン氏はレストランの従業員になろうとして米軍部隊で働き始めた。 10年前、米軍側は「運転職に替わりなさい。 嫌ならばやめなさい」と一方的に通知した。 去る8月カン氏はまたも一方的な通知を受け取った。 “週40時間から週20時間に勤務時間を減らす”という内容だった。 月給も半分に減るだろう。
 “もう歳を取って行くところもないのでどうしようもない。 あの人たち(米軍)は常に「我々のおかげで食べてるのだから言うことを聞け」というやり方だ」と言ってカン氏は悔しさをぶちまけた。
 1945年の解放と共に米軍が朝鮮半島に駐留し、在韓米軍基地で働く韓国人労働者が生まれた。 以後現在まで、洗濯・配膳・施設補修などの雑役を含め、米軍基地内の240種余りの業務で1万3000人余りの韓国人が働いている。…
(★全文は→→http://japan.hani.co.kr/arti/politics/13325.html )


週のはじめに考える 私たちを侮辱するな 2012年11月18日 東京・社説
 見出しの「侮辱」とは極めて強い言葉です。ひどい扱いを受けた者の発する言葉です。政治にせよ、原発にせよ、私たち国民は、侮辱されてはいないか。
 手元に一通の手紙があります。学校で国語を担当されていた元先生からです。この夏、東京であった脱原発の市民集会に出かけた時のことが記されていました。
 こんな内容です。
 …何人もの演説の中、一番心に響いたのは作家の大江健三郎さんが述べた「私たちは侮辱の中に生きている」という言葉でした。…
(★全文は→→http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2012111802000111.html )


11・11は全国各地で反原発大占拠 救援本部ニュース389号 2012.11.20
「人頼み・選挙頼み」じゃダメ。百万人のデモとストの力で全原発廃炉を!
 11・11反原発百万人大占拠は、原発所在地をはじめ全国各地で取り組まれました。原発再稼働阻止・全原発廃炉を現実にかちとるのは、「人頼み」や「選挙頼み」ではダメ。数百万人のデモやストライキこそがこの世界の支配者をぶっ飛ばし、社会を変える力です。労働者の力を信じ、とことん闘っていきましょう。
伊方原発再稼働反対
 11・11伊方原発包囲行動には200人が伊方原発ゲート前に結集して「ストップ伊方原発再稼働!伊方現地集会」が開かれました。
 今年6月から毎月11日に伊方原発前で座り込みを続けている「八幡浜・原発からこどもを守る女の会」の行動に加わろうと、「原発さよならネットワーク」が呼びかけた行動です。朝からの激しい雨にもかかわらず、ゲート前には地元の伊方・八幡浜を先頭に、愛媛県内、大分や高知から、総勢200人が集まりました。…
(★全文は→→http://blogs.yahoo.co.jp/shinsaikyuenhonbu/9819923.html )


ヨーロッパ23カ国で歴史的な一斉ゼネスト・デモが闘われる!2012年11月18日 11:21前進・速報版より
 11月14日、ヨーロッパ労働組合連盟(ETUC)の呼びかけで、スペイン、ポルトガル、イタリア、ベルギー、ギリシアなど23カ国・40の労組ナショナルセンターが参加する画歴史的な大ゼネストとデモが闘われた。EUと各国政府による緊縮プラン・首切りと増税の攻撃に反対する全ヨーロッパ規模の闘いであり、1000万人を超える労働者が怒りの声をあげた。
 スペインやポルトガルでは、労働者階級はデモの鎮圧に動員された警官隊と街頭で激しく激突した。イタリアでは、学生が失業者とともに反政府デモの先頭に立った。…
(★全文は→→http://www.zenshin-s.org/zenshin-s/sokuhou/2012/11/post-1808.html )
portu1[1].png

習近平新体制を直撃! 元赴任地で1万人の暴動2012年11月19日 19:01前進・速報版より
 新中国共産党総書記となった習近平が1988〜90年にかけて党委員書記を務めた福建省寧徳市の福安で、11月17日に1万人の大暴動が勃発し、15日に成立したばかりの習近平体制に大打撃を与えている。
 17日の19時50分頃、警察に追いかけられた無免許運転の車が、バイク3台・乗用車1台との衝突事故を起こし、5人が負傷する事態となった。事故が起きた福安韓陽十景ホテルのあたりは繁華街で、たちまち人が集まってきたが、警察の事件への対応に対する怒りが爆発し、1万人の大暴動になった。…
(★全文は→→http://www.zenshin-s.org/zenshin-s/sokuhou/2012/11/post-1809.html )

.
posted by 東京西部ユニオンブログ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

ウソと支配を競う反動選挙をぶっ飛ばす勝負は、職場生産点の占拠だ!

イスラエルのパレスチナ・ガザ侵略弾劾! 労働者の力で戦争止めよう。ヨーロッパゼネストに続こう
原発建設・原発再稼働絶対反対! すべての労働者は、ユニオンに加入してともに闘おう。
12・1豊島区民センター(鈴コン解雇1カ年決起集会)に集まろう。
11・22反原発阿佐谷デモへ!


portu1[1].png
spain4[1].jpg
▲11・14欧州4カ国ゼネスト、23カ国で同時デモ!
s20121112a-6[1].jpg
▲11・11韓国民主労総労働者大会に動労千葉訪韓団、アジアでも国境超えてる

■本日のもくじ
●ひと言! 大ウソ反動選挙をぶっ飛ばす勝負は、職場生産点の占拠だ!
●資料【日本経団連】【連合】の解散・総選挙コメント 
 ▼衆議院解散に関する米倉会長コメント2012年11月16日 日本経済団体連合会
 ▼2012年11月16日衆議院解散・総選挙にあたっての談話 連合事務局長 
●ヨーロッパ・ゼネストに1千万人が参加 2012.11.15 16:52 レイバーネット日本より
●欧州史上初、4か国で同時スト TBSニュース11月15日08:19
●イスラエル ガザ攻撃拡大の構え 2012年11月17日 東京・朝刊
●イスラエル17日にも地上侵攻か パレスチナ自治区ガザに2012/11/17 07:45【共同通信】
●伊方原発包囲200人結集、再稼働阻止へ!2012年11月16日09:42前進・速報版より
●11・11大間、建設即時中止求め集会デモ2012年11月14日10:27前進・速報版より
●大間原発建設再開の狙い 週刊『前進』(2559号)論文より


●NAZEN杉並 11・22阿佐谷・反原発デモへ!!
▼11月22日(木)18:30阿佐谷けやき公園集合(予定)
          19:00デモ出発〜駅前〜杉並区役所前(地下鉄・南阿佐谷真上)
          19:30から これからどうする会議
▼11月23日(金)13:00開会 星野再審全国集会 赤羽会館大ホール 
▼12月3日 (月) 新しい反核運動をつくろう!NAZEN杉並学習会「ビキニ事件と杉並の原水禁運動」
          ★お話:世田谷地区労顧問・花輪不二男さん
          19:00〜あんさんぶる荻窪4


clip_image001[1].jpg

★ひと言! 大ウソ反動選挙をぶっ飛ばす勝負は、職場生産点の占拠だ!
究極の破廉恥漢・大ウソつき=日本経団連は総選挙万々歳だと、それだけ追いつめられているってこと。解散・総選挙にこめた奴らの大反動・反革命的意図を見抜こう!
 何よりも、時代認識か恐ろしくチッコイ。経団連は「自分たちがもう終わりの時代です」とは言えないだろうが、それにしてもいかにウソと騙し、脅しでのりきるか、一切のツケを労働者におっかぶせて失業・首切り・分断また分断することばかりしか考えられない。かたや700万近くの労働組合団体「連合」はもはや恥も外聞もない奴隷がしらとして、政府・資本の代弁者になりきっている。こんな溺れかけたやつらは徹底的にたたきのめすしかない。特に許しがたいのは抽象的な「居場所・出番・希望・安心」等と言ってること。今、民営化と外注化、非正規職化と団結破壊、増税と貧困の強制に対して、何が「居場所・出番」なのか。職場も住む場所もどこにも希望や安心をもてる居場所も出番なども無いのだ。要は「闘うな、団結するな」ということではないか。許さない!
 しかし逆に言えば、経団連も連合も、世界と日本の労働者の大反乱に怯えきっている。連合やさまざまな既成の「労働者を押さえつけておく」鎖を引きちぎって、11・4日比谷集会〜闘う労働運動、反原発運動にたちあがり、さらにデモ禁圧と大雨をものともしない11・11霞ヶ関の大占拠が、日本の資本家たちはイヤでイヤで仕方なかったのだ。ある意味11・4〜11・11が最後的に解散を早めさせたのだ。メディアは「第3極だ、なんだかんだ」と国会内外の極右・破廉恥漢たちのカードの組み合わせ(いかにそんなゴミ報道の誘導に資本がカネを使っているか!)など今の日本資本主義・新自由主義の崩壊的危機の表れだ。連合コメントは原発についてひと言もないのだ。
 問題は、やっぱり、外注化・非正規職化・大失業と対決する闘う労働運動の力だ、職場を占拠する力を甦らせよう。ヨーロッパもついに「4カ国同時ゼネスト3カ国同時デモ」が始まった。これって世界革命も空論ではない情勢だ。団結しよう!
 イスラエルのパレスチナ・ガザ侵略絶対反対! 労働者の反乱で戦争止めよう。大間・伊方の原発建設・再稼働反対の闘いをさらに盛り上げよう!
 すべての労働者は、ユニオンに加入してともに闘おう。12・1豊島区民センター(鈴コン解雇1カ年決起集会)に集まろう。11・22反原発阿佐谷デモへ!

●資料【日本経団連】【連合】の解散・総選挙コメント 
▼衆議院解散に関する米倉会長コメント2012年11月16日 日本経済団体連合会
 与野党間の信頼関係を維持し、政治を前に進める観点から、野田総理の決断を評価する。
 目下わが国は、震災復興、デフレ脱却と経済再生、エネルギー政策の見直し、社会保障制度改革、外交・安全保障問題など課題山積の状況にある。
 これらの重要政策を前進させるためには、政治の強いリーダーシップが求められる。
各党には、政策本位の選挙戦を通じ、わが国の進むべき道筋を国民に明確に示してもらいたい。参議院でいずれの政党も過半数を持たない状況に鑑みれば、総選挙の結果がどうであれ、与野党の協力なしに法案を成立させることはできない。総選挙後、与野党が、国益・国民生活本位の立場から、力を合わせて重要政策を推進することを強く期待する。以上」
▼2012年11月16日衆議院解散・総選挙にあたっての談話 日本労働組合総連合会事務局長 南雲 弘行
1. 本日夕刻の衆議院本会議で衆議院が解散され、その後の臨時閣議で12月4日公示、12月16日投票で総選挙が実施されることが決定された。2009年8月30日の総選挙で政権交代が実現して以来、約3年4ヶ月ぶりの総選挙となる。
 今回の総選挙は、東日本大震災からの復興・再生、経済のグローバル化の中での国民生活の維持・向上、超少子高齢社会をどのように支え合うのかなど、この国のあり方を選択する選挙となる。
2. 同時に、2009年に誕生した民主党政権のこれまでの実績が問われる選挙となる。民主党政権は、官僚主導から政治主導の政治への転換をはじめ、政治、経済、社会の様々な仕組みを変えようと取り組んできた。そのもと、社会保障と税の一体改革、子ども・子育て支援策の拡充、労働者保護法制の整備など、民主党政権に至るまでの政権下で破壊された生活や働く環境の立て直しにつながる政策に道筋をつけることができた。しかし、国難とも言える東日本大震災、リーマンショック以降の世界的な経済不安、歴史的な円高による国内産業への打撃など、予期しない危機への対応に追われたこともあり、目指した改革は道半ばである。
3. 他方、政権与党としての経験不足やガバナンスを欠いた党運営などに対し、様々な批判があることを真摯に受け止める必要がある。反省すべきは反省し、課題を整理するとともに、すべての人が社会のなかで自分の居場所と出番を見出し希望と安心を抱いて生きていける社会づくりに向けた政策を国民に訴えて選挙戦に臨むべきである。
4. 連合は、9月21日の第12回中央執行委員会で民主党を主軸として来るべき国政選挙に取り組むことを確認した。また、連合と民主党は、11月15日に、希望と安心の社会の実現に向けて共に全力で取り組む共同宣言を発表し、同日、政策協定の締結も行った。
 連合は、政権交代の意義を改めて確認し、今回の総選挙に総力をあげて取り組み、民主党政権の維持に全力を尽くす。以上
psee1fxvan[1].jpg
▲野田・資本と一体の連合(会長の古賀)11月15日
s20121112b-2[1].jpg
p20121104e[1].jpg
▲11・4(下)と11・11(上)が、野田と資本を追いつめた!!

ヨーロッパ・ゼネストに1千万人が参加...「緊縮は失敗した」チョン・ウニ記者 2012.11.15 16:52 レイバーネット日本より
 ヨーロッパ23か国、40労総がデモ...ストライキの熱気は南欧に限定
 4年ほど続くヨーロッパの経済危機と苛酷な緊縮措置に対し、ヨーロッパ民衆の闘争が一里塚を作った。ヨーロッパ各国の労働者は今、国境を越えて共に戦い始めた。数百の都市で数百万の労働者がストライキを行い、共に通りに出た。スペイン労総によれば、スペインだけで全国の800万人がストライキとデモ行動を行った。ポルトガル、イタリアとベルギー、そしてギリシャの労働組合はゼネストに突入した。
 11月14日(現地時間)、ヨーロッパ連合と政府の反社会的な削減政策に反対するストライキとデモ行動にはヨーロッパ23か国、40労総から数百万人が参加した。ヨーロッパ労働組合総連盟(ETUC)は「緊縮政策反対、雇用と連帯のための全ヨーロッパ行動と連帯の日」のデモが、ヨーロッパの労働組合運動の歴史的な瞬間だと語った。この日の行動は、ポルトガル労総がヨーロッパゼネストを提案したことで始まった。…
(★全文は→→http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/intl/1352999985112Staff )


欧州史上初、4か国で同時スト TBSニュース11月15日08:19
 ヨーロッパ史上初めての「4か国同時ストライキ」です。ユーロ圏の信用不安が長引く中、スペインやポルトガルなど経済が低迷している4か国で、緊縮財政に反対するストライキが行われました。「スペイン議会前にさしかかったデモ隊が、議会に向かってシュプレヒコールをあげています。3キロの道のりで最も盛り上がるのがこの場所です」(記者)
 経済が低迷するスペインでは、失業率がヨーロッパで最悪のおよそ26%に達し、国民の間に、政府の緊縮策への反発が高まっています。14日には、24時間のゼネストにあわせて全国で一斉に抗議デモが行われ、一部は警官隊と衝突。これまでに110人が逮捕されました。
 「今、仕事を探すのが一番難しいことなんです。僕たちは仕事を探して海外に行かなくてはいけない」(デモ参加者)
 14日には、ポルトガル、ギリシャ、イタリアでもストライキが行われ、ヨーロッパ史上初めて4か国での同時ストライキとなりました。緊縮策に反対する声は南欧諸国だけでなく、ドイツなどにも広がっています。ベルリンでは14日、およそ数千人がベルリン市内をデモ行進しました。財政規律を重視するドイツは、各国に「緊縮策」を求めてきましたが、このことにより格差が拡大し、ヨーロッパは分断されたと、ドイツの政策を批判する参加者もいました。
 「緊縮策では何も解決しないわ。ドイツは、他の国が(緊縮策を)進めるべきだと言いますが、他の国は、それに従うしかないのよ」
 「緊縮策のために危機はより深刻化し、ヨーロッパ全体の失業者も増えてしまいました」(デモ参加者)
 14日にデモが行われた国は、ヨーロッパ全域の23か国に及びました。


イスラエル ガザ攻撃拡大の構え 2012年11月17日 東京・朝刊
 【カイロ=今村実】イスラエルが大規模空爆を進めるパレスチナ自治区ガザを十六日、エジプトのカンディール首相が訪問した。実効支配するイスラム原理主義組織ハマスの幹部と会談し、事態沈静化を働き掛けたとみられる。イスラエルは同首相がガザに滞在した三時間に限っての停戦受け入れを発表したが、予備役の招集を始め攻撃拡大の構えを見せるなど予断を許さない。中東の衛星放送アルジャジーラなどによると、カンディール氏はハマス幹部のハニヤ氏と並んで記者会見。「エジプトは(イスラエルの)攻撃を止め、停戦を実現するための努力を惜しまない」と述べ、支援物資の提供を表明した。ハニヤ氏は、エジプト政府への謝意を繰り返した。…
(★全文は→→http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2012111702000110.html )


イスラエル17日にも地上侵攻か パレスチナ自治区ガザに2012/11/17 07:45【共同通信】
 【エルサレム、ガザ市共同】イスラエルのメディアによると、同国軍高官は16日夜(日本時間17日未明)、同軍が24時間から36時間のうちにパレスチナ自治区ガザに地上侵攻する可能性が高いと述べ、早ければ17日(同18日未明)にも侵攻が始まるとの認識を示した。
 イスラエル内閣は軍が動員できる予備役兵士を3万人から7万5千人に増やすことを決定、戦車などをガザ周辺に配備し侵攻の準備を進めている。
 本格的な地上侵攻を行えば2009年以来。16日にイスラエルが首都とするエルサレムの郊外にもロケット弾が着弾したことでイスラエル側はさらに態度を硬化させている。
(★→→http://www.47news.jp/CN/201211/CN2012111701001043.html )


伊方原発包囲行動に200人が結集、再稼働阻止へ闘う!2012年11月16日 09:42前進・速報版より
 東京百万人大占拠行動と一体で、11月11日の10時から、伊方原発ゲト前に総結集して「ストップ伊方原発再稼働!伊方現地集会」が開かれ、参加しました。
 今年6月から毎月11日に伊方原発前で座り込みを続けている「八幡浜・原発からこどもを守る女の会」の行動に加わろうと、「原発さよならネットワーク」が呼びかけた行動です。朝からの激しい雨にもかかわらず、ゲート前には地元の伊方・八幡浜を先頭に、愛媛県内から、そして大分や高知から、総勢200人が集まりました。…
(★全文は→→http://www.zenshin-s.org/zenshin-s/sokuhou/2012/11/post-1806.html ).


11・11大間現地で、原発建設工事即時中止求め集会・デモ2012年11月14日 10:27前進・速報版より
 11・11反原発首都大占拠闘争に連帯し、青森で、「建設工事の即時中止を!11・11大間原発反対現地集会」を大間原発反対現地集会実行委員会が開催した。10月1日、電源開発は、3・11以降休止していた大間原発の建設工事を強行した。反原発を求める多くの声を無視し、とりわけ福島県民の気持ちを踏みにじる行為だ。
 集会は、大間原発敷地に隣接する一坪共有地で行われた。函館からも集まり、410人が会場をあふれさせた。…
(★全文は→→http://www.zenshin-s.org/zenshin-s/sokuhou/2012/11/post-1805.html )


大間原発建設再開の狙い 週刊『前進』(2559号)論文より
 青森と北海道が世界一危険なフルMOXの実験場にされる
 建設再開強行に抗議広がる
 10月1日、電源開発(Jパワー)の社長・北村雅良は、原発絶対反対の民意に逆らって青森県の大間原発の建設再開を一方的に宣言し、「大間原発は原則40年間動かしたい」と言い放った。そして10日には格納容器鋼板の原子炉建屋への設置を強行した。
 3・11の核惨事をなんら省みず、フクシマをまた繰り返そうというのか。労働者人民の命と未来を踏みにじって核武装と金もうけに突っ走ろうとする核犯罪組織集団の暴挙を絶対に許さない!
 大間原発は世界一危険なプルトニウム満載のフルMOX原発だ。原発大事故が起きれば広範囲にわたって壊滅的核被害をもたらす。至近距離に民家が並ぶ大間町。大間原発から50`圏内の人口は青森側が9万人、北海道側が37万人。電源開発のいう「地元」の範疇(はんちゅう)には、30`圏内にかかる人口28万人の函館市をはじめ北海道は入っていない。大間原発の建屋の直下、北側と西側の海底に加え、南西の海域にも活断層があると専門家は指摘している。
 こうしたリスクだらけの大間原発にもかかわらず、「工事再開を認めろ」と頭ごなしに強制する北村社長と渡部常務の周辺市町村訪問に対し、地元民、周辺自治体が怒りを爆発させたのは当然である。函館市は大間原発差し止め訴訟の準備を表明した。13日には札幌市で労働組合や市民団体など1万2千人が集まり、大間原発建設絶対反対の声を全国に発信した。…
(★全文は→→http://www.zenshin.org/f_zenshin/f_back_no12/f2559.htm#a4_1 )
posted by 東京西部ユニオンブログ at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

この秋〜冬、デモからストへの情勢は完全に始ってる! 総破廉恥漢と化す国会を倒した!

解散して二度と来るな! 野田・安倍・橋下・石原らオール破廉恥漢倒せ!やつらのウソの上のウソを暴こう。11〜12月、反原発・反失業、外注化阻止・非正規職撤廃をさらに声を大にして闘おう!

3165_6212_3322[1].jpg
s20121112a-3[1].jpg
s20121112a-6[1].jpg
▲11・10〜11 ソウルでの民主労総労働者大会 動労千葉訪韓団(わがユニオンも)ともに闘う

■本日のもくじ

●ひと言! 解散すべきは、民主・自民はじめ全国会政党と資本家連中すべてだ!
●NAZEN杉並 11・22阿佐谷・反原発デモへ!!
●12・1鈴コン闘争勝利!解雇1カ年決起集会へ(ビラ)
●青森は原子力の巨大集積地2012年11月10日 北島邦彦すぎなみ未来BOXより
●大間原発反対現地闘争2012年11月11日 北島邦彦すぎなみ未来BOXより
●労働者の国際連帯で新自由主義とたたかおう! 日刊・動労千葉NO.7407 11/13
●日本全土で重大事故の危険がある! 救援本部ニュース388号 2012.11.14
●福島で甲状腺検査の説明会 参加者から不満2012年11月11日 福島民友ニュース
●現代自動車‘不法派遣’ 8年ぶりに認める…2012.11.14 09:01 ハンギョレ日本語版より
●【おい、韓国社会! 】ストライキと給食 2012.11.14 16:09ハンギョレ日本語版より
●シリーズ 2012年11.4集会発言@ 
 ▼動労千葉の田中康宏委員長
 ▼連帯労組関生支部の高英男副委員長
 ▼金属機械港合同の中村副委員長


●ひと言! 解散すべきは、総破廉恥化した民主・自民・全国会政党と資本家連中だ!
日本資本主義・新自由主義は自民・民主とともに断末魔の大ピンチにある!
結論から言うと、JR外注化阻止闘争の職場からの実力闘争を先頭に切り開いた2012年の秋のたたかい、「階級的・原則的に闘う反失業と非正規職撤廃と反原発・戦争止めろ」の労働者の闘いが、あらゆる卑劣なウソと弾圧をはねのけて、11・4日比谷集会〜11・11霞ヶ関大占拠を堂々とかちとっていることが、今の危機の資本の代官である国政と都政をぶっ飛ばしたのだ。奴ら=野田も安倍も橋下も石原も、対決できない全ての国会政党をも串刺しにしてるのだ。野田佳彦首相が明日16日、国会解散し、12月16日に総選挙をやるという。「私はウソはつきません」などとぬけぬけという。しかし、今や野田や安倍はじめ全政党が「資本と国家に未来が無いこと」に真っ青になって、離合集散、分裂と汚い野合をくり返す「総破廉恥漢」と化している。石原・橋下が「第3極」?資本家救済・新自由主義と戦争推進の正真正銘の極右の元祖・破廉恥漢じゃないか。
 世の中をどう見るか? 「奴ら」もメディアもウソと、ゴマカシしか言わない。そして「あえて言います」というのが、資本主義自らが招いた危機を「国民=労働者全体で分かち合え」と恫喝を加えるだけなのだ。こんな連中に「よりマシな」政策や人物を求めるのか?ふざけるな! 3・11を歴史的な転機に、それ以前から突入していた世界大恐慌はさらに本格化し、今やわれわれ労働者のちまたでは、製造業関連中小零細職場をはじめとして、段階を画す首切り攻撃が出始めている。福島はじめ高放射線下で徹底的に人々を分断し、緩慢な大量殺人を続けて恥じない政府・資本。
 しかし!ついに今年日本でも、ギリシャやスペイン〜全欧州、アメリカ、中国も含めた全世界の労働者の激しい闘いに仲間入りした。既成の政党や労働団体の制動をうち破ってデモ・スト・あらゆるたたかいの爆発が始まった。日本ではデモからストへの情勢は完全に始まりつつある。石原を追放した都職労働者は先週7日、8年ぶりの29分職場内集会をやった。黙っていたら殺される。しかし団結すれば生きられるし、もっと大きなもの=これまでのあらゆる運動をのりこえた革命にむかう労働組合運動が反原発のあらゆる力を集めていく<団結>、かけがえのない力である<団結>を手にできる。
 2012年、激しい決戦の9,10、11月を闘い抜いて開かれた地平をぶっつぶそうというのが野田や安倍や有象無象の12・16総選挙だ。しかし職場生産点の団結と闘いがある限り、その破廉恥さはさらに暴かれるに違いない。11〜12月、徹底して反原発・反失業、外注化阻止・非正規職撤廃をもっともっと大きな声で上げていこう!
x2p9w5gbxh[1].jpg
▲11・11国会前


●NAZEN杉並 11・22阿佐谷・反原発デモへ!!
▼11月22日(木)18:30阿佐谷けやき公園集合(予定)
          19:00デモ出発〜駅前〜杉並区役所前(地下鉄・南阿佐谷真上)まで
          19:30から これからどうする会議
▼12月3日(月) 新しい反核運動をつくろう!NAZEN杉並学習会「ビキニ事件と杉並の原水禁運動」
          ★お話:世田谷地区労顧問・花輪不二男さん
          19:00〜あんさんぶる荻窪4階
  

●12・1鈴コン闘争勝利!解雇1カ年決起集会へ(ビラ)
 ↓↓↓pdfファイル

1201鈴コン集会ビラ.pdf


青森は原子力の巨大集積地2012年11月10日 北島邦彦すぎなみ未来BOXより

11bab980d0f42edbc95bf2b8e9ba7161[1].jpg

 青森の仲間の協力をえて、青森の原子力関連施設を見てきました。六ヶ所の核燃再処理工場(写真)をはじめ、青森には日本の原子力政策が集積しており、まさに日本帝国主義の核武装の拠点でした。反核闘争にとって、青森の占めるべき位置はとてつもなく大きいことを、遅まきながら体感的認識をしました。…
(★全文は→→http://blog.goo.ne.jp/kjmirai2009/e/e99f76562f2104fcfb0f6ad4345aea18 )


大間原発反対現地闘争2012年11月11日 北島邦彦すぎなみ未来BOXより
 10/1に建設再開を強行した電源開発=Jパワー。この暴挙に抗議し、大間原発建設阻止現地闘争が開かれ、私も初めて参加してきました。410人が参加し(函館からも50人近くが参加)、380人で大間町内デモを敢行。家から出てきて、「ごくろうさまです」と声をかけてくれる町民の方が何人も!
 建設強行中の大間原発は、民家群に隣接している原発として、世界にも類例がないのではないでしょうか。これは実際に見て、ほんとうに驚きました。これは許せない!

18095c4e730cafc21f1a3c25a34b1e92[1].jpg

 対岸には函館の街もくっきりと見えて、人口28万人の函館市民が“当事者”であることがよくわかります。建設予定地内にある「あさこはうす」も同様で、まさに人が住んでいるところから原子炉建屋が見えるのです。大間原発の許しがたい犯罪性を表現していると同時に、闘いによって追い詰められている実態も暴露しています。
 青森の仲間たちの絶大な協力によって大間現地にまで行くことができて、心の底から感謝です!…
(★→→http://blog.goo.ne.jp/kjmirai2009/e/5d5885ebb22673428ab3e8760f3860fa )
map_ooma_dansou[1].gif


労働者の国際連帯で新自由主義とたたかおう! 日刊・動労千葉NO.7407 11/13
11・3労働者国際連帯集会に300名が結集

n7407s[1].jpg

 11月3日、千葉市内において労働者国際連帯集会が開催され、300名が結集した。
 今年の11月集会に集まった韓国、アメリカ、ドイツの労働者に加え、多くの在日・滞日外国人労働者が結集し、新自由主義攻撃、排外主義、国家主義に対決する労働運動の実現へ向けて闘うことを誓った集会となった。
 主催者を代表して田中委員長が、「労働者の誇りを取り戻そう。労働者に国境はない。戦争を止める力は労働者の団結である」「原発事故は資本と国家の犯罪だ」と挨拶した。
 動労水戸の石井委員長が外注化阻止の4波のストライキの報告を行い、動労千葉国際連帯委員会を代表して支援する会山本事務局長が「領土も国もない。あるのは地球と世界である」と訴えた。
 また、国鉄闘争全国運動よびかけ人の李東碩さん、子どもたちを放射能から守る福島ネットワークの椎名千恵子さんが原発の廃絶を訴えた。
 韓国・民主労総ソウル地域本部からはイジェウン本部長、梨花大病院支部長イムギョンさん、国立オペラ合唱団非正規職支部長ムンデギュンさんから非正規職撤廃へ向けた民主労総の闘いを語り、仲間とともにオペラを披露し、会場を沸かせた。…
(★全文は→→ http://www.doro-chiba.org/nikkan_dc/n2012_07_12/n7407.htm )


日本全土で重大事故の危険がある! 救援本部ニュース388号 2012.11.14
全国自治体で全原発廃炉の闘いを
 原子力規制委が発表した全国各地の原発で重大事故が起きた際の放射性物質拡散予測マップに日本中で衝撃が走っています。
 原発が存在し続ける限り、沖縄以外の日本列島のほとんどどこでも重大事故の危険性があるということが、事実をもって突き付けられたのです。
 30`圏より離れていれば大丈夫という問題ではない。それは、福島第一原発事故の大惨事によっていやというほど明らかになったこと。誰一人として目をそむけて済ますわけにはいかない問題だし、「経済(=実は大企業・大資本の利益)のためだったらしょうがない」では絶対に済まない問題です。30`圏ですら、自治体の3割は避難先のめどが立っていない。避難するというならどこに避難して、その後どういう暮らしが保障されるのか。…(★全文は→→http://blogs.yahoo.co.jp/shinsaikyuenhonbu/9786616.html )


福島で甲状腺検査の説明会 参加者から不満の声2012年11月11日 福島民友ニュース
 東京電力福島第1原発事故の発生時に18歳以下だった県内の子どもを対象に甲状腺検査を進めている県と福島医大は10日、福島市で保護者ら県民を対象にした説明会を開いた。質疑応答では、主催者側が質問を甲状腺検査に関する項目に限定したため、参加者から「不安の解消につながらない」と不満の声が上がった。
 市民ら約250人が参加。同大の鈴木真一教授が実演を交え検査概要を説明した。質疑応答では、被ばく線量に関する質問が集中したが、主催者側は「専門家ではないので答えられない」と回答。参加者は「なぜ放射線の専門家が来ないのか」「放射線に関する質問が上がることは予想できたはず」などの指摘が相次いだ。
 放射線に関する質問は、4日に郡山市で開催した説明会でも集中し、福島医大は「今後の説明会では放射線の専門家に出席をお願いする」としていた。今回の説明会でも専門家が不在だったことについて、鈴木教授は「どうしても日程の都合がつかなかった」と釈明した。説明会は18日、南相馬市でも開かれる。


現代自動車‘不法派遣’ 8年ぶりに認める…‘認定範囲’めぐり綱引き 予告
2012.11.14 09:01 ハンギョレ日本語版より


最高裁判決‘知らぬフリ’で一貫/鉄塔籠城など社会的争点 拡散/現代車 非難世論 ますます大きくなるや/"交渉を通じて解決" へ急旋回/労組は "生産工程全体が対象"/現代車は最高裁基準を厳格に適用/15日に予定された交渉で最大争点になる公算
135285115954_20121114[1].jpg
▲現代自動車非正規職・正規職労働者が去る8日夜、蔚山(ウルサン)北区(プック)明村洞(ミョンチョンドン)の現代自動車近隣、チェ・ビョンスン(36)氏らが高空籠城している送電塔前で‘社内下請け非正規職労働者の正規職転換’を要求するスローガンを叫んでいる。 蔚山/パク・ジョンシク記者 anaki@hani.co.kr
 現代自動車が問題化して8年目にして自動車生産工程の不法派遣を事実上認めたことは、不法的に非正規職を使ったことに対する社会的非難をもはや甘受し難いという判断のためと解説される。 最高裁と雇用労働部、労働委員会までが現代車に対して不法派遣だと認めた状況にも関わらず、現代車はこの間一貫して居座りを決め込んできたが、これに対し社内下請け労働者2人が鉄塔高空籠城を行うや現代車に対する非難が広がった。 現代車が結局、不法派遣を認定したために、どこまでを不法派遣と見るかが今後の労使交渉で最大争点になるものと見られる。 現代車と正規職・非正規職労組の交渉は15日に予定されている。…
(★全文は→→http://japan.hani.co.kr/arti/politics/13305.html )


【おい、韓国社会! 】ストライキと給食 2012.11.14 16:09ハンギョレ日本語版より
    ユン・ジヨン <公益弁護士グループ 共感>所属弁護士
 家に帰ってきた娘が母親に不満を言う。 “デモで車が渋滞して大変だったのよ。”母親は娘にけんつくを食わせる。 “かわいそうな看護師達がストライキもできないと言うの? ここはアメリカじゃないのよ。” フランス映画 <ニューヨークから来た男、パリから来た女> の一場面だ。 ストライキをすれば不便なことは当然で、ストに対して不平を言うのは浅薄な資本主義国家アメリカでくらいなものだという意味だ。 ある講演でハ・ジョンガン先生が紹介したこの場面がふと思い浮かんだ。 学校非正規職労働者のストライキを見ながらだった。
 学校非正規職労働者が去る金曜日、一日ストライキを打った。 ストライキに参加した学校非正規職労働者は調理士、清掃員、行政補助員など全国3443の学校で計1万5897人に達する。 これに対する言論の報道は見なくても分かる…
(★全文は→→http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/13308.html )


★シリーズ 2012年11.4集会発言@ 
11・4労働者集会で行われた動労千葉の田中委員長、連帯労組関生支部の高副委員長、港合同の中村副委員長の発言   
外注化阻止・非正規職撤廃へ労働組合の復権を高らかに宣言 闘う3組合から熱烈な提起


●国鉄闘争の決意 外注化は絶対粉砕できる
 国鉄千葉動力車労働組合委員長 田中康宏さん

 全国からの結集、本当にありがとうございます。今日は私たちの外注化・非正規化阻止の闘いに全国からのご支援をいただいたことに心からお礼を申し上げたくて、ここに来ました。本当にありがとうございました。
 12年間闘い続けてきた外注化が強行されました。職場は悔しくて怒りの声があふれています。だけど、私たちは負けてはいません。労働者の団結はますます強くなっています。こんな外注化は絶対粉砕できると確信しています。今日はあらためてこれからも闘い続け、民営化・外注化・非正規化攻撃を絶対に粉砕する決意を述べさせていただきます。さらにご支援をお願いします。
 それと、韓国・民主労総の同志たち、本当にありがとうございました。熱い連帯の気持ち、絶対に生涯忘れません。命をかけてこの社会を変えるために闘い続ける気持ちです。本当にありがとうございました。
 一点だけ申し上げます。国鉄分割・民営化以降、日本の労働運動はなすすべなく後退しました。外注化等々の原点は何だったのかということです。僕らは民営化から外注化というこの25年間の闘いをとおして、労働者の団結した力は新自由主義攻撃に立ち向かえることを示したかったんです。闘う労働運動の復権は可能だと示したかったんです。この現実、僕は悔しくて悔しくてしょうがないから、労働者は勝てることを示したかったんです。日本の労働組合は国家権力を挙げた攻撃には立ち向かえないんだという歴史をひっくり返したかったんです。だから25年間闘いました。
 そして民営化と外注化闘争を闘い抜いて、必ず労働者はその力を持っているということを私は確信しました。10月1日は新しい闘いの開始の日になりました。民営化は必ず粉砕してみせます。
 今日、関西生コン支部の高さんから報告がありました。関生支部は今年1400名の組織拡大を実現しました。このままでは関生支部の10年後はないという危機感から始まったと聞きました。この思いと決意を今日参加したすべての仲間が自らのものにしてほしいと思います。
 私たちがやらなきゃいけないことは、この日本に闘う労働組合の組織拡大を実現することです。一人ひとりが決意を固めればできます。来年はここに集まる数を倍にしましょう。そうしたら歴史が動きます。社会が変わります。われわれの未来をわれわれの手でつかみましょう。

 ●呼びかけ団体からの訴え 労働者が団結するチャンス
 全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部副委員長 高英男さん

 さまざまな闘いが日本各地で闘われています。動労千葉は、外注化阻止に向けてストライキを闘争戦術の柱として現在も闘いを継続しています。港合同は、大和田委員長、辻岡執行委員を亡くしながらも地域において団結権確保・権利侵害闘争を粘り強く闘い続けています。関西地区生コン支部は、生コン産業における産業政策運動を基軸として、業界の民主化を求める闘いを継続する中で、組織拡大を運動の柱として今期1400名を超える会員拡大の成果をあげています。
 しかし、私たち労働者を取り巻く社会状況は激しさを増しています。その犠牲はすべて人民大衆に転嫁されているのです。この間、多くの地域職場で闘いが継続されてきましたが、十分な戦線拡大をするには至っていません。その要因をしっかりととらえ、情勢を正確に分析し、戦術を検証することが重要です。
 派遣・非正規労働者の増大やワーキングプアの増大は、闘う環境を厳しくしているのではなく、団結できる環境が広がっているととらえる視点が重要です。新自由主義の一部特権階級の利益追求は、多数を犠牲にすることで支配構造を突き崩します。以前は、有名大学を卒業し一定の企業に就職すれば、生活に困ることはありませんでした。しかし、現在は多数の労働者が派遣・非正規労働者とされ、闘うことでしか生きられないと突きつけられています。多数の労働者が団結できる環境が生み出されているのです。現象面は困難に見えても反転攻勢をかけられるチャンスがあることに確信を持ち、闘いを展開することが重要です。
 今後の闘い方は、まず共通する要求を組織すること、共通する戦術・闘い方を組織すること、共通する業種で共通する闘いをつくり出すことが重要です。
 動労千葉は、10月1日から40名を超える組合員が出向させられていますが、新たに出向先の労働者オルグに取り組んでいます。港合同は、地域で南労会闘争・田辺運送闘争を中心とした権利侵害闘争に取り組んでいます。関生支部は、生コン産業を中心にゼネコン・セメントメーカーの業界支配に抗する戦線拡大を目指し、共通の課題で中小企業集団と労働者へのオルグを展開し、他産業にも拡大する取り組みを始めています。
 多くの労働者が闘い方が分からず労働組合に絶望し、団結の機会を失っています。この集会への参加機会を失っています。私たちの闘いが現状を打開する闘いの典型を示せていないことが大きな要因です。要求を基礎にした闘いを組織することこそ、労働者に希望と勇気を与えるのです。
 本集会以降、労働者が要求を実現できる闘い・労働者が希望を持てる闘いを全国の地域・職場で展開することを訴えて開会のあいさつとします。

 ●まとめの発言 非正規の組織化に奮闘を
 全国金属機械労働組合港合同副委員長 中村吉政さん

 全国労働者総決起集会に参加いただきました皆さんに心から感謝し、まとめのあいさつを申し上げます。
 本日の総決起集会には海外からの参加者を含め、5800人の仲間が参加されました。
 本年は闘いの柱として、@反原発・反失業の国際連帯、A国鉄闘争―労働運動の再建、B福島・被災地を先頭とした反原発の闘い、C闘いの報告として職場・地域から血のにじむ闘いが披瀝(ひれき)されました。いずれの闘いも簡単ではありませんが、闘いによって敵の弱点を見いだし、団結すれば勝利できることが力強く報告されました。
 とりわけ、韓国・民主労総ソウル地域本部の仲間には、動労千葉が組織の総力を挙げて闘いぬいた外注化反対のストライキに対し、駐韓日本大使館前で、「動労千葉のストライキ闘争を民主労総ソウル地域本部が支持し連帯します」との抗議行動を闘っていただきました。長年にわたる国際連帯の証しであり、闘うものの信頼と連帯の象徴です。
 今日本の労働組合でストライキを打ち抜く組織は、本労働者集会に結集する組合以外ありません。なかでも動労千葉と関西生コン支部は、歴史に残るストライキで自らの権利拡大、組織拡大という成果を残しました。
 国鉄労働者1047名の解雇撤回闘争は、故中野委員長、故大和田委員長、故辻岡執行委員が人生を賭けて闘った闘争であり、残されたものの責任として何がなんでも勝利をかちとらなければなりません。
 福島をはじめ被災地では、復興は進まず、長期にわたる避難生活は限界を超えています。原発の収束はおろか、毎日降りかかる放射能を解決するすべはありません。
 全国で巻き起こる「反原発」の闘いが、かつてない運動になり、電力資本や政府を追い込んでいます。被災地の仲間と連帯し命を守る闘いを展開しようではありませんか!
 混迷する政治情勢の中、われわれ自身が働くものの権利を守り、職場・地域で先頭に立ち、非正規労働者の組織化に向けて奮闘しよう。
 みなさんの奮闘を心から祈念し、まとめといたします。
(週刊『前進』2559号8面 2012/11/05より )
posted by 東京西部ユニオンブログ at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月12日

11・11霞ヶ関は怒りの実力行動がほとばしる!ソウル・大間と一体に炎あがる!

「復興予算」で反原発運動つぶしをやる政府・国家などうち倒せ!
11・11怒りの20万人が霞ヶ関を練り歩き占拠した


s20121112b-3[1].jpg
▲1:00pm11/11 弁護士会館前(霞門前)「デモさせろ」と500人抗議
s20121112b-5[1].jpg
▲3:15pm11/11怒りの福島・かんしょ踊りで抗議アピール開始!
s20121112b-1[1].jpg
▲〜〜4:30pm11/11霞ヶ関一帯「数珠繋ぎ状態」で福島の怒り・わが怒りの練り歩き
s20121112b-2[1].jpg
▲5:00pm~農水省前からそのまま国会前へ 激しく降る雨を突き人、人、人

■本日のもくじ
●ひと言! 11・4をバネに11・11が雨もデモ禁止もぶっ飛ばした!
●デモ禁圧打ち破り20万人が霞が関占拠!2012年11月12日 08:13前進・速報版より
●民主労総労働者大会、3万人都心をデモ行進2012年11月12日03:38前進・速報版より
●ソウル駅前広場で民主労総大会前夜祭、日韓労働者連帯深まる2012年11月11日 04:09前進・速報版より
●Jパワー(電源開発)へのNAZENの抗議申入書!(全文)
●復興予算で過激派対策費水増し公安調査庁 調査車両14台2012年11月9日 07時10分 東京新聞
●保育所の86%で非正規雇用 公立顕著、2人に1人2012年11月9日 09時57分東京
●11・4労働者集会報告−B 日刊・動労千葉NO.7405 11/9
●韓進重解雇者復帰初日に座り込み、金属労組 2012.11.09 15:06 レイバーネット日本
●(韓国)学校非正規職、史上初の全面スト2012.11.09 13:58 レイバーネット日本より
●斉藤和義氏がNEWS ZEROに出演した部分を文字起こしずっとウソだった11/10転載


★★ひと言! 11・4をバネに11・11行動、雨もデモ禁止もぶっ飛ばした!
 霞ヶ関〜国会、ここは3・11までは、数十年間ずっと空々しい、労働者にとって無機質の空間だった。しかし3・11一周年福島の怒りと全国の闘う労働者が結び、ついに今年の5月、いったんは稼働ゼロにまで追い込み、焦った野田政権と経団連ががむしゃらに大飯の再稼働を強行情勢の中で、ついに「霞ヶ関・永田町がナンボのもんじゃ」とより大きな怒りが解き放たれてきた。そしてそして、ついに追及の声は「復興」とか「復興予算」等と言って、原派輸出のために、また「過激派対策」と称して反原発運動つぶしに「復興予算」を使うだと? さらに極めつけは、右翼に日比谷野音を貸してデモをやらせておきながら、反原発デモを禁止するだと? こんな汚れきった腐った政府は原発とともに葬るしかない! 11・11は怒りが雨を突き、天を突く勢いで霞ヶ関を埋めた。
 11・4の全国労働者集会の国際的な団結で、今、反原発とともに反失業が1つの闘いだと数十万、数百万が動き始めている。被曝労働を許さない、食う事生きること、団結すること、これに仇なすもの達が原発を再稼働しようとしている。オスプレイ配備しようとしている。みんなわかってきた。これが国家だ。これが資本主義・新自由主義だ。こんなものいらないじゃないか、と。特に民営化・外注化・非正規職化が万国共通だ。
 11・11は青森・大間でも410人を超える結集で闘われた。11・11は前日から韓国・ソウルで民主労総先頭に、日本から動労千葉を先頭に訪韓団が共に闘った。わが西部ユニオンはソウルに委員長を、大間に北島執行委員を送って闘った。
 2012年11月。11・4を中心に俺たちユニオンは大きく前進している。職場でどんどん闘いをつくっている。闘わなければ、労働者は惨めだ。孤立させられる。闘えば仲間はどこにでもいるということを多くの仲間から学んだ。もっと前に進もう!


集会・デモ禁圧打ち破り、反原発20万人が霞が関を占拠!2012年11月12日 08:13前進・速報版より

 午後からの激しい雨をものともせず20万人の労働者人民が国会・首相官邸前、霞が関一帯を占拠し闘いぬいた。
 野田政権は安全保障=核武装のための原発推進政策を加速させている。11日の100万人大占拠行動に対して、東京都と東京地裁・東京高裁は一体となり日比谷公園の使用を禁圧した。労働者人民はこの前代未聞の弾圧を打ち破って、再稼働を阻止し全原発の廃炉まで闘いぬく固い決意をたたきつけた。
. 日比谷公園や霞が関一帯には昼前から人びとが続々と集まった。午後1時、NAZEN(すべての原発いますぐなくそう!全国会議=な全)の800人の仲間は、日比谷公園霞門近くの弁護士会館前に集まり、1時間近くにわたって東京都と裁判所を弾劾した。
 経産省テント前や霞が関の各省庁前では、それぞれ反原発行動が取り組まれた。3時15分、霞が関を一周する、経産省などへの申し入れ・抗議行動がテント前を出発した。「原発いらない福島の女たち」のかんしょ踊りの列が先頭に立った。女性たちが身につけたそろいの黒の法被と赤いたすきが目に鮮やかだ。後ろには、のぼりや旗を林立させたNAZENなどの長蛇の列が続き、「原発やめろ! 子どもを守れ!」とコールをとどろかせた。
 隊列は経産省前―文科省前―外務省前―農水省前―国会前のコースを堂々と進んだ。経産省前や外務省前、農水省前では猛烈な抗議の声をたたきつけた。農水省前では福島県浪江町の酪農家が「餓死してミイラ化した牛の姿を目の当たりにした。この悲しみがわかるか!」と政府と農水省を激しく弾劾し、「浪江町の無念、避難民の無念を晴らさなければならない。残りの人生をかけて原発をなくす!」と全身を震わせて発言した。…
(★全運は→→http://www.zenshin-s.org/zenshin-s/sokuhou/2012/11/post-1801.html ) 


民主労総労働者大会、3万人都心をデモ行進2012年11月12日 03:38前進・速報版より

 11月11日午後2時、ソウル清渓川(チョンゲチョン)の平和市場前に労働組合の旗を押し立てて労働者が続々と結集してきた。あたり一帯が労組隊列で埋まる。チョンテイルの銅像も労働者の人波の中だ。民主労総の労働者大会が開かれるソウル駅前に向かってデモが出発した。
 先頭の横断幕に記されたスローガンは、「整理解雇撤廃! 労組破壊中断! 労働者参政権保障!」だ。金属労組の大部隊が先頭を行く。
ウルサンでは現代自動車非正規支会の労働者が高空篭城を続けている。第20回チョンテイル労働賞を受賞した金属労組サンヨン自動車支部は、支部長が長期のハンスト中だ。さらに多くの労働組合が命がけの闘いを続けている。労働現場で闘う労働者の怒りは激しく、この力が大デモの実現に至ったのだ。まさに民主労総の底力を見せ付けるものだった。
(★全文は→→http://www.zenshin-s.org/zenshin-s/sokuhou/2012/11/post-1800.html )

s20121111a-2[1].jpg
▲ソウル駅前・前夜集会(11/10)
ソウル駅前広場で民主労総大会前夜祭、日韓労働者の連帯さらに深まる2012年11月11日 04:09前進・速報版より

 「整理解雇中断! 非正規職撤廃! 組合破壊中断! 労働者参政権保障!」をスローガンに掲げた韓国民主労総労働者大会の前夜祭が、11月10日午後7時からソウル駅前広場で開かれた。
 日本での11・4全国労働者総決起集会をともに闘った民主労総ソウル本部のもとに、田中康宏委員長を団長とする動労千葉訪韓団が駆けつけた。50人あまりの訪韓団を前に田中委員長は「日韓労働者が今抱えている困難は同じ。11・4をともに闘ったソウル本部とともに、今度はソウルでともに闘いましょう」と呼びかけた。…
(★全文は→→http://www.zenshin-s.org/zenshin-s/sokuhou/2012/11/post-1799.html ) .


Jパワー(電源開発)へのNAZENの抗議申入書!

青森県・大間原発の建設再開を直ちに中止し、建設計画を白紙撤回することを強く求める
電源開発株式会社 取締役社長 北村雅良 殿
すべての原発いますぐなくそう!全国会議 
  連絡先 東京都杉並区天沼2-3-7 さかいビル2ATEL&FAX 03-6794-7101
  事務局長 織田 陽介

本年9月15日に行われた枝野経産大臣と青森県知事の会談において、枝野経産大臣が「核燃料サイクルは引き続き進める」と宣言したことと同時に、建設中の大間原発、東京電力東通原発、島根原発3号機についても「経産省として設置、着工を許可した原発について変更することはない」と表明したことを受け、貴社は大間原発について10月1日に工事再開を表明、10日には本格再開した。到底認めることはできない。ただちに中止し、建設計画の白紙撤回を求める。
福島第一原発事故以降停止していたはずの工事も、報道によれば工場は稼動しつづけ、原子炉圧力容器やタービン発電機の製造等々は着々と進めていたとのことであり、こうした住民はじめ民衆を欺くやり方には怒りを禁じえない。強く抗議する。

 今回の大間原発建設の再開は、誰がなんと言おうと「新規建設」であり、福島原発事故を受けて、福島はじめ全国・全世界の人々が求める原発廃止の声を踏みにじる暴挙である。北村社長は10月1日の記者会見で恥知らずにも「追加の貯蔵施設が必要になれば、(国に)許可申請する。原則40年動かせるようベストを尽くしたい」と述べている。これでは少なくとも2050年代までは原発を動かすということになる。もはや「電力が足りない間の稼動」というようなレベルの議論を大きく超え、福島原発事故をもなかったこととし、3・11以前のように原子力政策を戻そうということに他ならない。
 しかも、「追加の貯蔵施設が必要になれば、(国に)許可申請する」という発言は、「核燃料のリサイクル」などという建前とは裏腹に、使用済みMOX燃料の再利用は未だ可能となっていないことを鑑みれば、増えつづける核廃棄物の問題を完全に棚上げし、次世代にその責任を丸投げすることを意味している。使用済み核燃料の行き場がない場合は稼動20年で停止せざるを得ない状況にありながら、さらに多くの住民に、処理できない核廃棄物のごみ捨て場を押し付けてでも進めようというその態度は到底認められるものではない。
 大間原発から函館市まで23km、青森市まで80km、八戸市までは100km、50km県内には青森県側に9万人、北海道側には37万人が居住している。福島原発事故を見れば、どれだけ大きな惨事を生むかは明らかだ。おりしも、大間原発から南西40〜50kmに活断層も発見されている。福島の子どもたちが今このときにも被曝を強制され、半分近い子どもの甲状腺に異常が認められ、甲状腺がんをわずらった子どもまで出てしまった。核・放射能は人間の命と相容れることはない。
そして、今回の工事再開は原発の再稼働に向かっての突破口として位置づけられている。原子力規制委員会の発足から、新基準の作成と全国の原発の再稼働がねらわれている。12月には国際原子力機関(IAEA)が福島・郡山にて会合を開き、「放射能安全神話」の先頭に立とうとしている。今回の工事再開はこうした動きの中にある。工事再開は絶対に認められない。

 さらに問題なのは、商業炉としては世界初の「フルMOX」の原発であるという点である。今までプルサーマルで強行されてきたのは、プルトニウムを含むMOX燃料の燃料棒とウラン燃料の燃料棒を混合するものだったのに対し、大間原発はすべてMOX燃料を使用するというものだ。プルトニウムはウランに比べても発熱量も高く、中性子線を制御する困難性も比べ物にならない。これは世界一危険な原発といわなければならない。

 使用済みMOX燃料の再処理などできないことを鑑みれば、プルサーマル計画は、核燃料のリサイクル計画などでは断じてない。最初から破綻している。核兵器の独占を目的としたアメリカ政府による軽水炉型原発の日本への押し付けに対抗し、高速増殖炉を持とうと画策してきた日本政府の原子力政策が、「もんじゅ」の度重なる事故と計画の不可能化を突きつけられ、行き場のないプルトニウムの処理を取り繕う形で行っているのがプルサーマル計画に過ぎない。こうした破綻の最たるものとして、ついに世界一危険なフルMOXの原発を建設するまでに行き着いてしまったのである。その背景には、日本の核武装の選択肢を絶対に手放さないという姿勢が隠しようもなく見えていると言える。

 私たちはこのような世界を破滅に導くまでに破綻した原子力政策に付き合うことは出来ない。生きるために闘いつづけている福島の人々、そして大間原発と闘う青森・北海道の住民とともに、断固大間原発の建設を阻止する。
北村社長が経営方針の中で述べている「日本と世界の持続可能な発展に貢献してまいります」という立場は、このような原子力政策の破綻と世界の破滅に荷担することではないはずである。
 大間原発の建設の中止と、計画の白紙撤回を強く求める。  
                                  以上。
★→→ http://blog.nazen.info/?eid=448 

20121111_263864[1].jpg
▲11/11青森・大間で410人超える集会・デモ
22295895dc4ae4c7049094739be6a633[1].jpg
▲11・4集会後のデモ〜東電本社前で福島の佐藤幸子さん怒りのアピール

11・4労働者集会報告−B 日刊・動労千葉NO.7405 11/9

反原発・反失業の国際連帯アピール
●韓国  イ ジェウン  (民主労総ソウル地域本部長)

 非正規職、整理解雇のない世の中、労働が尊重される世の中のために連帯しましょう。福島原発事故以後、大きな苦痛をうけている同志の皆さんに心から慰労と激励の言葉を送ります。公共部門民営化外注化反対闘争と原発再稼動反対の闘いを力強く展開しておられる同志のみなさんにお会いできてうれしいです。トゥジェン!…
●アメリカ スティーブ・ゼルツァー (運輸労働者連帯委員会〔TWSC〕) …
●ドイツ ラーベン・ブロンシュタイン(ベルリン都市鉄道の民営化に反対する行動委員会)…
(★全文は→→http://www.doro-chiba.org/nikkan_dc/n2012_07_12/n7405.htm )





復興予算で過激派対策費水増し 公安調査庁 調査車両14台、被災地配備1台
2012年11月9日 07時10分 東京新聞


 東日本大震災の復興予算の不適切使用問題で、法務省公安調査庁が復興向けの二〇一一年度第三次補正予算に過激派対策費として二千八百万円を計上し、調査用の乗用車十四台を購入していたことが本紙の取材で分かった。このうち、震災の被害が大きかった東北地方には一台しか配備されず、残りは首都圏で使っているのが現状だ。 (中根政人)
 公安庁が三次補正で獲得した過激派対策費は「被災地の治安維持」が目的。過激派などの動きを把握することを名目にした。
 しかし、十四台のうち、東北地方の配備先は仙台市の東北公安調査局の一台だけ。例年、調査用車両は一般会計で購入し、復興予算を使うのは水増しともいえるが、公安庁総務課は「被災地で過激派が勢力拡大を図ろうと動きを活発にしていた。車両購入で調査能力の向上を図る必要があった」と釈明する。
 一方、法務省が管轄する施設の耐震対策費として一一年度三次補正に十三億円を盛り込み、鹿児島県・奄美大島や北九州市、石川県七尾市など被災地でない計二十三カ所の刑務所や拘置所、庁舎の改修に使っていたことも明らかになった。
 中央省庁が被災地以外の公共施設改修に復興予算を流用していた事例としては、首都圏などの税務署を耐震化する財務省の事業があり、不適切との指摘が出ている。法務省も同様の事業を手掛けていたことになる。
★→→ http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012110990071043.html 


保育所の86%で非正規雇用 公立顕著、2人に1人2012年11月9日 09時57分東京

 非正規雇用の保育士が増え、2011年度には全国の公私立保育所の85・9%で働いていることが9日、全国保育協議会(東京)の調査で分かった。非正規の保育士を雇用している公立保育所では2人に1人に達しており、私立に比べ多さが顕著。地方自治体が厳しい財政状況から人件費抑制を進めたためとみられる。子育て支援の現場で不安定な働き方が広がっていることに懸念の声も上がりそうだ。
 背景には早朝や夜間を含む長時間保育など保護者のニーズが多様化し、短時間パートの保育士を雇って対応せざるを得ない実態もある。
 調査は昨年10月から今年2月にかけて実施。8205施設が回答した。(共同)
★→→ http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012110901001054.html 



韓進重解雇者復帰初日に座り込み、92人全員が現場に復職 金属労組、「会社はもう復職書類の問題で対立を起こすな」 ユン・ジヨン記者 2012.11.09 15:06 レイバーネット日本

韓進重工業使用者側が要求した『勤労契約書』と『誓約書』提出を拒否してきた88人の解雇者をはじめ、92人の韓進重工業解雇者が整理解雇通知から1年9か月ぶりに現場に復帰した。
会社は復職当日の午前まで、解雇者中6人の現場復帰を拒否し、労使対立が増幅していたが、労組が座り込みに突入し、会社が92人の解雇者全員に対して現場への復帰を認めた。…(★全文は→→http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/knews/00_2012/1352506365177Staff )

学校非正規職、史上初の全面ストに突入 全国3443校、約1万6千がストライキに参加
ユン・ジヨン記者 2012.11.09 13:58 レイバーネット日本より


学校非正規職労働者としては史上初の全面ストライキに突入した。
全国学校非正規職労組連帯会議(公共運輸労組全会連学校非正規職本部、全国女性労組、全国学校非正規職労組)とソウル一般労組は9日午前9時、1次全面ストライキに突入した。
この日のストライキには、全国3443の学校の栄養士、調理士、司書、行政職員などの学校非正規職労働者1万5897人が参加した。ストライキに参加した組合員は、ソウル、京畿、釜山など全国16の教育庁の前で地域別ストライキ集会を開いた…
(★全文は→→http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/strike/2012fall/1352506325241Staff )


2012年11月10日土曜日『文句を言わないのなら「また同じことを受け入れるのか?」と同じことだと思う』斉藤和義氏がNEWS ZEROに出演した部分を文字起こし!!
    ずっとウソだった より一部転載

「斉藤和義」NEWS ZERO カルチャーに斉藤和義さんが出演。その時の動画があったので紹介です。…(文字起こしここから)

ナレーション:ニューアルバムで震災や原発問題を多く歌った斉藤和義さん。なぜ今この作品を発表したのか
斉藤和義:自分は栃木(出身)なので茨城のJCO東海村の(事故が)あったときも
そういう危機感はあったし、怖さもあったし、ふざけんなと思って
ナレーション:1999年9月茨城県東海村で2人が死亡した臨界被曝事故。出身地栃木県壬生町は事故現場からおよそ65キロ。当時この出来事に強い関心を持ったという
斉藤和義:時間がたつにつれ、怒りもおさまってきちゃったりだとか 単純にミュージシャンって、こんなレコーディングしたり ライブやっても電気はバンバン使うしで そういうことをろくすっぽ考えもしないでね、きてしまったことに対してのすごく後悔した気持ちもあったし でも今回のことというのは世界でも稀にみる初のあんなこと(福島第一原子力発電所事故)なわけで そこに対しては俺は全然文句を言ってもいいと思ってるし文句を言わないのなら「また同じことを受け入れるのか?」と同じことだと思う…
(ナレーション:そして、先月。福島で開催された支援ライブで、こんな歌を届けた
「ずっとウソだった」…)
…とにかくミュージシャンなので、それを歌としてそういう怒りの一つも、なんかそれを歌にできないと思ったら、それはすごい、何ていうか虚しかったし 変にみんなが勝手に自粛して タブーでもないことをタブー化していって、おかしな空気になっていくっていう そっちのほうが危険だよって思う…

※この転載したブログでは、実際の「ゼロカルチャー」のコメントは、取材した斉藤和義の直球に全然応えられていなかったことを伝えている。
(★全文は→→
http://nekotoenpitu.blogspot.jp/2012/11/kazuyoshisaitonewszero.html?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed:+blogspot/Ycpwu+(%E3%81%9A%E3%81%A3%E3%81%A8%E3%82%A6%E3%82%BD%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F )
★斉藤和義の動画→→http://youtu.be/g2ctIBq0uX8 
posted by 東京西部ユニオンブログ at 15:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

11・4ぶち抜き!11・11へ! たたかいの中に、人間をとりもどす豊かなものがつまってる! 世界のすべてを「私有財産」「商品」にするシステムをここで終わりにしてしまおう

11・4〜11・11は、世界を変える大きな歴史的な運動の中の生きた攻防そのもの!
121104ccc-yd001[1].jpg

■本日のもくじ
●ひと言!
●11・11反原発1000000人大占拠について(首都圏反原発連合hpより転載)
●11月全国労働者総決起集会速報A 日刊・動労千葉NO. 7404 11/8
●「闘いは始まった!」労働組合の復権を宣言2012年11月 5日 03:23前進・速報版より
●労働組合をつくりあげ、生きぬく闘いを! 救援本部ニュース386号 2012.11.8
●大熊町民45%「戻らない」放射線量不安8割−−復興庁調査 毎日2012年11月07日●福島県立医大、甲状腺画像「開示を検討」批判相次ぎ 毎日2012年11月05日 
●3人に1人が臨時・非常勤/自治労調査 10月31日 労働政策研究・研修機構hpより
●宜野座で連日低空飛行 城原住民「滑走路同然」2012年11月8日 琉球新報より
●別の1人が56ミリシーベルト被ばく 汚染水作業問題 2012年11月4日福島民友
●大飯原発断層再調査、調査団は意見交錯2012年11月8日午前7時05分福井新聞
●もんじゅ試運転.来年末に再開案 運転10年間,原子力機構 2012/11/08 20:01 共同通信



★★ひと言!

520164729447[1].jpg
 
11・11は、韓国・民主労総の全国労働者大会がおこなわれる。
 日本では、11・4の全国労働者総決起集会が、国家権力や右翼の妨害を完全にはねのけ、一糸も触れさせずに5800が霞ヶ関〜東電本社前〜銀座通りを大デモをうちぬいたのに続いて、首都圏反原発連合がよびかける1000000人大占拠が11・11だ。
 アメリカも中国も日本も、支配者は経済・政治・社会(労働者支配)が最末期の危機にある。大恐慌は大失業と戦争だ。特にアメリカはの危機の深さは歴史的だ。
 10月9日、米政府は「自殺防止のための国家戦略」なるものを発表。メディアによると、米の自殺者は年間3万3千人(人口は約3億)昨年1年で800万人が自殺を考え!、250万人が計画をたて、110万件の未遂があったと。現役・退役兵士の自殺が多い。2010年の1年では6500人の帰還兵が自殺。これは10年間のイラク・アフガン戦争での米戦死者数に匹敵する。1%以下の従軍者の中から、自殺者の2割を占めている。(以上、『国際労働運動』12月号10頁)
かたや経済面を見ると、アメリカ財政赤字は07から11年の4年で何と10倍になっている。(『同』12月号38頁〜)
 華やかなショーを演出しても大統領選に何の未来も感じない理由はハッキリしている。資本主義・新自由主義には未来はない。ではどこに未来があるのか。大失業と戦争は今すぐ止めろ! 資本家を倒して、すべてを生産・運営している労働者に社会の全権力をよこせ! ということだ。大恐慌も失業も戦争も、そして原発も、自然災害ではないのだ。「命よカネ、命より経済」の新自由主義に一切の原因・核心がある。もっと言ってしまえば、世界のすべてを「私有財産」「商品」にするシステムをここで終わりにすることだ。
 原発も首切りもなくそう! 再稼働阻止! 原発労働者・基地労働者・福島・そしてすべての労働者とくに非正規の青年労働者は、生きながら殺されつつある。でも、絶望などする必要は全然ない。たたかいの中に、人間をとりもどす豊かなものがつまってる。団結しそして闘う労働組合の力を中心に、二度と3・11をくり返させないために大きく手を握って闘おう!
 

★★11・11反原発1000000人大占拠について(首都圏反原発連合hpより転載)
MCAN_1111banner[1].jpg

【重要なお知らせ】
 首都圏反原発連合では、「11.11 反原発 1000000 人大占拠」の開催に当たり、日比谷公園集合/出発のデモを予定しておりましたが、東京都が公園の使用を認めず、デモ申請を行うことができない事態となっておりました。
11月2日の東京地方裁判所の申し立て棄却をうけ東京高等裁判所への抗告をしておりましたが、本日棄却となりました。
この結果は市民の権利を奪い、表現の自由を侵害するものです。今回の決定をうけ当初予定していた「11.11反原発1000000大占拠」における13時から予定しておりました請願デモについては中止せざるを得なくなりました。ただし、15時からの首相官邸前、国会議事堂周辺をはじめとする永田町・霞が関一帯の抗議行動については開催いたします。
▼日程
【日時】
2012年11月11日(日)15:00〜19:00
※悪天候の場合は中止。※予定は変更する場合もございます。HPにて詳細ご確認をお願いします。

(※以下、この色の部分は取消ライン=反原連hpのまま)
★13:00〜 国会&霞ヶ関周辺デモ(予定)
※現在調整中です。決定次第ちらし、HPにてお知らせいたします。
待ち合わせ:日比谷公園付近(予定)
千代田線・日比谷線「霞ヶ関駅」C1出口より 200m、丸の内線「霞ヶ関駅」B2出口より300m、
都営三田線「内幸門駅」A7出口より150my

★15:00〜19:00 国会周辺並びに周辺省庁での抗議・占拠
首相官邸前/経産省前/文科省前などにも抗議エリアを設けます。
★17:00〜19:00 国会正門前大集会
【主催】首都圏反原発連合 -Metropolitan coalition against nukes-
【協力】さようなら原発1000万人アクション/原発をなくす全国連絡会/脱原発世界会議/経産省前テントひろば
▼「11.11反原発1000000人大占拠」プログラムと地図

★★→→20121111program.pdf


11月全国労働者総決起集会速報A 日刊・動労千葉NO. 7404 11/8

国鉄闘争−労働運動の再建
▼田中康宏(動労千葉委員長)
 10月1日、外注化が強行されました。職場はくやしさと怒りにあふれています。しかし、外注化は絶対粉砕できるという確信はますます強くなっています。
 さらに私たちのストライキの間ずっと、韓国の日本大使館前で連帯の闘いを展開してくれた民主労総ソウル地域本部に心から感謝いたします。この熱い思いは100万の援軍に匹敵するものでした。外注化は確かに強行された。しかし、敵はいまだ動労千葉を潰すことも、非正規化することもできていません。私たちは負けていません。闘いは第2ラウンドに入ります。今日がその出陣式です。非正規職撤廃と階級的労働運動の復権に向けた新たな挑戦が始まります。あらゆる矛盾が臨界点に達しており、今が一番苦しいときかもしれません。しかし、大きな可能性に満ちた情勢が目の前にあります。連帯労組関西生コン支部は今年、1400人の組織拡大を実現しました。この決意を今日の全参加者のものとしよう。その揺るがぬ決意で1年間それぞれの職場で闘いぬこう。
 動労千葉は闘い続けます。われわれ自身の力で未来をつかみとりましょう。
▼山田護(動労千葉幕張支部長)
 全国からのご支援、本当にありがとうございました。民主労総ソウル本部のみなさんの日本大使館前での闘い、本当にうれしくて、涙が止まりませんでした。今回の闘いで一番頭に来たことは、同じ職場にいて同じ仕事をしているのに、10月1日から違う制服を着せられ、組合員が分断されたことです。
 闘いはまだ始まったばかりです。外注化に対する団体交渉も10分の1も終わっていません。外注化ー強制出向差し止め訴訟も始まります。管理者を含めて全員出向で、道具も全部JRのものです。偽装請負のオンパレードです。出向4条件もありません。われわれは奴隷じゃありません。だからこの外注化―強制出向差し止め訴訟は、絶対に勝たなければならないし、勝って組織拡大につなげなければなりません。
▼渡辺剛史(動労千葉青年部)
▼照沼靖功(動労水戸)
▼橋本光一(国労郡山工場支部書記長)
▼中村仁(動労千葉争議団)
▼羽廣憲(国労小倉地区闘争団)
▼伊藤晃(国鉄闘争全国運動呼びかけ人)
▼葉山岳夫(動労千葉顧問弁護団長)
(★全文は→→http://www.doro-chiba.org/nikkan_dc/n2012_07_12/n7404.htm )

20121107_257299[1].jpg20121107_257309[1].jpg

「闘いは始まった!」11・4集会5800人が労働組合の復権を宣言2012年11月 5日 03:23前進・速報版より
 11月4日、東京・日比谷野外音楽堂で全国労働者総決起集会が5800人の大結集で意気高くかちとられた。動労千葉、全日建運輸連帯関西地区生コン支部、全国金属機械港合同の呼びかけ3労組を先頭に、全国から闘う労働者・労働組合が大結集した。また韓米独、滞日外国人労働者が多数参加し、大恐慌、新自由主義と対決する国際的な労働者大会となった。「闘うわれわれこそが労働運動の主流派にならなければならない!」という使命感、「労働者が団結すれば、必ず資本家を倒し、新しい社会を建設できる」という確信と希望・展望がみなぎる歴史的な集会となった。最後まで、一つも聞き逃せない、中身のつまった発言が続いた。…
…国鉄闘争の発言では、10・1外注化攻撃にストライキと職場闘争で反撃し、団結を守って闘ってきた国鉄(JR)労働者が大挙登壇し発言した。動労千葉の田中康宏委員長は、冒頭、民主労総ソウル本部が動労千葉支援行動をソウルで闘ってくれたことを「生涯忘れません」と感謝の言葉を述べ、「外注化が強行されて職場には悔しさと怒りがあふれているが、闘いはこれからだ。団結の力で絶対に外注化を粉砕する」と固い決意を述べた。…
.…「福島・被災地を先頭とした反原発の闘い」では、子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク代表の佐藤幸子さん、福島診療所建設委員会、仙台市職労、元全日本運輸一般労組原子力発電所分会の斉藤征二さん、NAZEN(すべての原発いますぐなくそう!全国会議=な全)の富田翔子事務局次長が発言した。…
…集会の締めくくりに…大阪市職の青年労働者、大阪市教組の女性労働者、東京西部ユニオン鈴木コンクリート分会、郵政非正規ユニオン、全学連が力強く決意を述べた。…
(★全文は→→http://www.zenshin-s.org/zenshin-s/sokuhou/2012/11/post-1796.html )


労働組合をつくりあげ、生きぬく闘いを! 救援本部ニュース386号 2012.11.8
 事故収束作業中の東京電力福島第一原発で起きた被ばく線量隠しについての厚労省の聞き取り調査について、現場の作業員は「正直に話せるはずがない」と、現場の雇用と労働の現実を語っています。 「被ばく線量を隠す背景に、線量が増えると仕事を失う危機感があることを考えてほしい」
 たった5、6時間の作業で数年分の被ばく線量に達した。このペースで被ばくし続けると、1年もしないうちに、残り4年あまりは原発の仕事ができなくなる。男性は線量隠しへと追い込まれた。「作業員は使い捨てになっているのが現状」。東電と元請け企業によって使い捨てにされることなど絶対にあってはならない。現場のみんなが団結し、闘う労働組合をつくりあげて、この許しがたい現実を力で変えさせる。生きぬくための闘いが必要です。そのことは、全産別の労働者が自分の職場で首切りや賃下げ、外注・非正規職化の攻撃と闘って労働運動をよみがえらせることと一体。全労働者の闘いです。

11・11反原発1000000人大占拠11月11日(日)正午 日比谷公会堂前集合!
子どもたちの命を守る! 人々の心と闘いの拠りどころ 福島診療所の建設を
「東日本大震災救援対策本部ニュース第3集」(定価2千円)は現在、完売・品切れ状態です。追加注文部数が一定数に達したら増刷を予定。また、第1集〜第3集のDVDの発行を準備中です。.
★全文は→→ http://blogs.yahoo.co.jp/shinsaikyuenhonbu/9758011.html 


大熊町民45%「戻らない」放射線量不安8割−−復興庁調査 毎日2012年11月07日 
 復興庁は6日、東京電力福島第1原発が立地し、全町避難を強いられている福島県大熊町民を対象にした住民意向調査結果を発表した。避難指示が将来解除されても、半数近い世帯が同町に「現時点で戻らないと決めている」と回答。放射線量への不安などから、町民帰還が見通せない実態が浮き彫りになった。…
(★続きは→→http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20121107ddm041040052000c.html )


福島県立医大、甲状腺画像「開示を検討」 初の県民説明会、批判相次ぎ 毎日2012年11月05日
 東京電力福島第1原発事故を受け福島県内の当時18歳以下の子供を対象に行われている甲状腺検査について、検査主体の県立医大による初の県民説明会が4日、同県郡山市で開かれた。開示請求しなければ甲状腺画像が提供されないことに批判が相次ぎ、検査責任者の鈴木真一教授は「開示を検討したい」と応じた。
 検査は昨年10月から始まり、約3分の1に当たる11万5000人分の1次検査を終えたが、「検査結果の説明が不十分」との批判が高まっていた。…
(★続きは→→http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20121105ddm041040070000c.html )


3人に1人が臨時・非常勤等職員と概算推計/自治労調査 メールマガジン労働情報 No.862(2012年10月31日 調査・解析部) 労働政策研究・研修機構hpより
 地方自治体の職員や公共民間労働者等を組織する、自治労(徳永秀昭委員長、約83万6,000人)は29日、記者会見を開き、「臨時・非常勤等職員の賃金労働条件等制度調査」の結果(中間まとめ)を公表した。自治体の職員全体に占める、いわゆる非正規職員の割合は33.1%と約3人に1人にのぼっており、これを全国の自治体に当てはめて推計すると、臨時・非常勤等職員数は概算で70万人を超えているとみられることなどを明らかにした。
非正規職員は70万人超に…
(★全文は→→http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/roushi/20121031.htm )


宜野座で連日低空飛行 城原住民「滑走路同然」2012年11月8日 琉球新報より

▼機体に搭乗している兵士の顔まで肉眼で見えるほど低空で民家の上空を低空飛行するオスプレイ。手前右は住宅の屋根=7日午後2時53分、宜野座村城原区(花城太撮影
img509b0aa318526[1].jpg

 【宜野座】宜野座村城原区で7日午後2時すぎ、オスプレイ1機が住宅地の真上を低空飛行しているのが確認された。6日は夜9時前まで、延べ4機が住宅地の真上を低空飛行した。住民によると、同地区での低空飛行は10月中旬から続いているという。住民の山城毅さん(51)は「危険なのは普天間だけじゃない。連日の低空飛行によるうるささと危険性からみれば、ここは滑走路も同然」と語った。…
(★続きは→→http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-198991-storytopic-1.html )


別の1人が56ミリシーベルト被ばく 汚染水作業問題 2012年11月4日福島民友
 東京電力福島第1原発3号機で昨年3月24日、作業員3人が高濃度汚染水に入り、170ミリシーベルト以上被ばくした問題で、3人とは別の作業員1人が汚染水に入り、56ミリシーベルト被ばくしていたことが3日、分かった。東電は、汚染水に入った作業員が当初から4人と認識しながら、この作業員が汚染水に入っていたことを公表していなかった。東電は「当初は、被ばく線量が100ミリシーベルトを超えた人を対象に説明していた。隠していたわけではない」としている。
 東電によると、この日は3号機タービン建屋内で電源ケーブルを設置する作業が行われていた。元請け会社の関電工2人、1次下請け会社1人、2次下請け会社3人の計6人が従事。このうち、関電工と1次下請けの作業員計3人が地下で汚染水に入り、2人が福島医大に運ばれた。
 残りの2次下請け会社の3人は1階にいたとされていたが、1人が作業終盤に地下に下り、長靴で汚染水に入ったという。作業時間は5〜10分程度。この作業員について東電は「健康に問題はない」としている。
★→→http://www.minyu-net.com/news/news/1104/news2.html  


大飯原発断層再調査、工程見えず 原子力規制委調査団は意見交錯2012年11月8日午前7時05分福井新聞
 原子力規制委員会の現地調査団は7日、関西電力大飯原発(福井県おおい町)敷地内の破砕帯(断層)が活断層かどうかを再協議したが結論は出ず、敷地北側の台場浜付近のトレンチ(試掘溝)を深掘りし、南側でも新たなトレンチ調査をすると決めた。「F―6断層(破砕帯)」がどこを走っているのかという根本的な問題も再浮上。調査団内では「悠長なことを言っている場合ではない」(渡辺満久東洋大教授)、「さらに調査をして慎重に判断するべきだ」(岡田篤正立命館大教授)と意見が交錯しており、いつ結論が出るかは結局、再調査待ちとなった。…
(★全文は→→ http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/npp_restart/37881.html )


もんじゅ試運転.来年末に再開案 運転は10年間,原子力機構 2012/11/08 20:01 共同通信
 日本原子力研究開発機構は8日、高速増殖炉原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の試運転を2013年末にも再開し、10年間程度運転するとの計画案を文部科学省の作業部会に示した。作業部会は課題を検討し、12月までに計画の概要をまとめる。
 政府が新たなエネルギー・環境戦略で、もんじゅは高速増殖炉開発の成果取りまとめをし「年限を区切った研究計画を策定、研究を終了する」と位置付けたことを受けた対応。だがこの日示したのは、東京電力福島第1原発事故前に計画した運転期間を維持する内容で、批判の声が高まりそうだ。
★→→http://www.47news.jp/CN/201211/CN2012110801002009.html  
posted by 東京西部ユニオンブログ at 14:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

11・4集会でつかんだこと=本気で闘えば、労働組合を甦らせ、非正規職も失業も原発もなくせる!

11・4は熱かった!!<本気で闘えば、労働組合を甦らせ、非正規職も失業も原発もなくして、労働者が主人公の社会に変えられる>

p20121104a[1].jpg
p20121104d[1].jpg
p20121104b[1].jpg
p20121104e[1].jpg

■本日のもくじ
●ひと言!
●11・4全国労働者総決起集会・発言 東京西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会
●11月全国労働者総決起集会速報@ 日刊・動労千葉NO.7403より
●世界は一つ!11・4全国労働者集会!2012年11月5日合同・一般労組全国協HPより
●11・4労働者集会の発言はどれも素晴らしかった 2012/11/06百万人署名運動HPより
●高裁も仮処分却下!…11・11は数で抗議を表そう。 NAZEN HPより 2012.11.07
●【11.5ビラ】東京都と東京地裁(民事第2部 川神裕裁判長)が反原発デモを禁圧! 東京高裁民事第7部は決定をくつがえせ 反原発デモをやらせろ! NAZENのHPより
●反原発デモ禁止を絶対許さない! 救援本部ニュース385号 2012.11.7
●11月9日ゴールデンコースデモ  裁判員制度はいらない!大運動 HPより
●東京新聞こちら特報部11/7 11.11 日比谷公園の反原発デモ「制限」
●[社説] 現代グループの目には労組は破壊対象か 2012.11.07 19:51ハンギョレ日本語版
●世界に訴える!井戸川双葉町長10/30ジュネーブ  みんな楽しくHappy♡がいい♪より


★ひと言!
 オバマが米大統領選で勝ったのをテレビ報道で見ていたが、ニュース解説者が何を言おうと、アメリカ資本主義・新自由主義には何の未来もなく、投票所にいくアメリカ労働者は、どちらになっても暗い、こんな選挙の「インチキのお祭り、インチキの団結」じゃなくて、本当の闘いを求めているに違いないと思う。
 11・4に日本に来たアメリカの労働者、韓国、ドイツの労働者は、真に階級的な団結を求め、動労千葉をはじめとする日本の階級的労働運動に心から感動し、共感していた。
 こういう運動が、原発も戦争も止められる。
 沖縄と福島が結ばれたその接点に,分割・民営化と外注化・非正規化に反対して25年、闘い続けてきた国鉄=JRの労働者がガンと立ちきって<労働者こそがこの社会を動かし、この社会を変える>という不動の、そして熱い人間の、労働者の魂が交差した。
 ウソだらけの理屈で、へらへらと人をダマし続けた結果の3・11。こんなこと二度と許さないという深い深い怒りの魂の大多数は、まだまだ地表近くでとぐろをまいている。噴火はこれからだ。しかしその時は近い。11・11の行動に対して、国家権力と東京都は、デモを禁止してきた。ここに奴らの本音があふれ出た。そもそも国家権力が許す範囲で運動していて原発はなくせない。100万の行動で野田と同類の安倍も橋下も石原もまとめてぶっ飛ばそう! 11・11、国会前・霞ヶ関を埋め尽くそう! 

p210121104b-200x150[1].jpg
11・4全国労働者総決起集会・決意表明 東京西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会
 鈴コン分会です。昨年末に分会3役が解雇されて、今年7月15日には、鈴コン闘争支援・連帯共闘会議が、花輪代表や関西生コン高さんはじめ10名の呼びかけ人のもと結成されました。この場をお借りしてお礼いたします。全国の仲間から寄せられた署名・カンパなどのご支援ご協力、本当にありがとうございます。
 昨年9月のストライキに対して、資本は一週間の出勤停止処分を出し、私たちが黙らず連日社前・駅前で抗議宣伝をやったら、恐怖した資本は、私をはじめ組合3役に不当きわまりない解雇攻撃を出してきました。理由は「街宣の発言が会社の名誉と信用を傷つけた」というものです。ただちに東京地裁に地位保全を申し立て、今年2月29日に解雇者3名に1年間賃金を仮払いしろという決定を勝ち取りました。その後3ヶ月もたって会社はこれに異議申し立てをしましたが、先月10月3日、会社側異議は却下され、私たちは今も賃金を受けとりながら解雇撤回の組合活動に従事しています。
 鈴木資本は、3名を解雇したことを後悔しているでしょうが今更遅い。すでに会社は開けてはならないパンドラの箱を開けてしまったんです。裁判所の決定内容も、2回目の10月の決定は解雇の不当性をいっそう強調しています。
ついに時代の扉をこじ開けました。われわれ鈴コン分会は、自分たちの解雇撤回闘争を通して、非正規職撤廃の先頭に立ち続けます。職場から地域へ、さらに国鉄闘争はじめ全国・全産別・全世界の労働者とナショナルセンターの枠を超えて団結します。団結して闘ったときの力は無限大です。国や資本は今労働者全体を非正規にするなどと言ってますが、上等です。逆に、今本気で闘えば、労働組合を甦らせ、非正規職も失業も原発もなくして、労働者が主人公の社会をかえることができます。共に闘いましょう。


11月全国労働者総決起集会速報@ 日刊・動労千葉NO.7403より

gaityuukasoi-1[1].jpg

 11月4日、全日建運輸連帯労組関西生コン支部、全国金属機械労組港合同、動労千葉、国鉄闘争全国運動の4団体の呼びかけによる11月労働者集会は、全国から闘う仲間5800名を結集し開催された。韓国民主労総ソウル地域本部は30名の代表団で参加。アメリカの運輸労働者連帯委員会のスティーブ・ゼルツァーさんが、港湾労働の外注化・組合破壊攻撃と激しく闘うILWUの3人の労働者とともに登壇した。ドイツのラーベン・ブロンシュタインさんは、ベルリン都市鉄道民営化反対行動委員会からの連帯メッセージを読み上げ、日独労働者の熱い連帯を表明した。さらに滞日外国人労働者が多数が登壇し、決意を表明した。…
(★全文は→→http://www.doro-chiba.org/nikkan_dc/n2012_07_12/n7403.htm )


世界は一つにつながっている!11・4全国労働者集会5800名が結集!全国協は総決起で闘いました!2012年11月5日 合同・一般労組全国協HPより
11・4全国労働者集会の報告です。
 新自由主義攻撃は大恐慌と戦争として労働者人民を苦悶のどん底に巻き込むが、同時に、世界の労働者を一つに団結させプロレタリア世界革命に決起させる。野音を満杯にした5800名は、新自由主義攻撃と闘い、社会を変えるという明確な展望をもって集まりました。…
(★全文は→→http://www.godoroso-zenkokukyou.org/grz/?p=2116 )

135219306551913232716_DSCN0378[1].jpg

11・4労働者集会の発言はどれも素晴らしかった 2012/11/06百万人署名運動HPより

11月4日(日)、日比谷公園・野外音楽堂で開催された「労働者集会」に参加しました(参加者5800人)。
西川重則事務局長が連帯アピール。「労働者の国際連帯が戦争を止める。人民こそが戦争を止められる。野田政権も、安倍―石破自民党も、橋下・日本維新の会も、石原新党も全部改憲勢力。改憲絶対反対で今こそ戦おう」と訴えました。…
(★全文は→→http://million.at.webry.info/201211/article_2.html )


高裁も仮処分却下!デモの自由から闘いとらねば!ここは声をあげるとき。11・11は数で抗議を表そう。 NAZEN HPより 2012.11.07

東京高裁の市村陽典裁判長(民事第7部)は、仮処分を却下した。公園に一万人は入らないから、とかいう理由で。公園の収容人数が問題なのではなく、公園に入れないほどの人が抗議していることの方に問題があるのではないのだろうが。しかも、その矛先の一つは、原発を推進し、反省もなく、今も加担し続けている裁判所自らにむけられている。公園の「混乱」を問題にするまえに、自らのあり方にメスをいれるのが筋ではないのか。
野田が再稼働政策に突っ込もうとしている中で、今回の事態があります。とにかく認めてはいけない。
デモをする自由がなくなったのか、はじめからなかったのか。どの道、社会の姿を真正面から見据える必要がある。声を挙げさせまいとしているのが、国家権力か、山下俊一か、の違いだけで、福島と東京は、被ばくを強制されているという現実において何も変わらない。我々はデモを許可されているから声を挙げるのではなく、おかしいと感じるから声をあげる。今までで最大の数で声をあげて、国家の本質をもっと全社会に明らかにしなくては。当日もデモをやらせろ!と抗議し続けましょう。
★→→ http://blog.nazen.info/?eid=444 


【ビラ】東京都と東京地裁(民事第2部 川神裕裁判長)が反原発デモを禁圧! 東京高裁民事第7部は決定をくつがえせ 反原発デモをやらせろ! NAZENのHPより
 みなさん! 11月11日に予定されている反原発デモを、東京都と東京地裁が禁圧に乗り出すという前代未聞の事態が起こっています。こんなことは絶対に認められません! このデモに参加する意志のある者として、抗議し、訴えます。高裁はただちにこれをくつがえし、デモをやらせろ!

戦後史に類例のないデモ禁圧
報道によれば、10月26日、デモ主催者の方々がデモ出発地点として日比谷公園の使用許可申請のため公園サービスセンターを訪れたところ、「8月に都から『使用の受付はやるな』とお達しがあった」と拒否された。30日に仮処分を申し立て、11月2日に東京地裁はこれを却下! これに対して抗告し、本日中にも高裁が決定を下すことになっています。
「一般利用者の通行が阻害されるなど混乱が生じた」−こんな理由でデモが禁圧されたことなど、戦後史上初めてのことであり、憲法をも踏みにじる重大な権利侵害です。「混乱」などという言葉を軽々しく使っていますが、人の通行どころか、車両まで規制して行われるのがデモであり、こんなものは「混乱」などでは断じてない。これはデモがデモであるが故に禁止だと言っているに等しいではないですか!
何より、今なお避難を余儀なくされ、家も仕事も大切な家族の命までも奪われた人たちが、何の補償もされないまま投げ出され、たくさんの涙が流されている福島の現状こそ、「混乱」ではないのか。このとてつもない「混乱」を誰が引き起こしたか。なぜ私たちがデモに立ち上がっているのか。今年7月29日には20万もの人々が立ち上がったのはなぜか。今もなお福島の子どもたちをはじめ、全国で被ばくを強制している国家。その国家が責任をとるどころか、デモを禁圧! 問題はいたって単純明快です。いますぐデモを認めろ!

原発の再稼働に向けたデモ禁圧に裁判所が手を染めている
野田政権は、青森の大間原発はじめ、建設中の原発の工事再開に踏み切り、「2030年代の原発ゼロ」すら反古にし、原発の再稼働政策に突っこんでいます。原子力規制委員会の人事を法律を犯して決定、「新基準」の骨子作成から一気に再稼働をしようとしている。この12月にはIAEA(国際原子力機構=アメリカを先頭とした核兵器と原発で世界を支配するマフィアそのもの!)が福島に集まり、「原発安全」を演じようとしています。今回のデモ禁圧は、こうした流れに対して東京都と裁判所が荷担し原発を推進することに他なりません。

裁判所は「原子力マフィアの番犬」でいいのか
3・11以降、裁判所は「法の番人」どころか「原子力マフィアの番犬」と民衆から弾劾されています。福島第二原発1号炉は「地震が来ても壊れない」と判決を書いて東芝に天下りした味村治・最高裁判事をはじめ、原子力政策との腐った癒着と荷担が暴露されました。本当に裁判所はこのままでいいのか。高裁民事第7部はデモ禁圧に荷担するな! 裁判所で働くみなさんも一緒に声をあげてください。
11月11日のデモには、国家の妨害をはねのけて、全国から国会前に集まろう。放射能と原子力産業から子どもたちを守り、未来を守る私たちの行動は、何ものも妨害する権利を持ちません。100万人で国会前を埋め尽くそう。

「一般利用者の通行が阻害」−こんなものがデモ禁圧の理由になるのか!
「7月29日に行われたデモの際には,警察官も本件公園西幸門付近で,デモの警備を行っていたものの,西幸門付近の千代田区立日比谷図書文化館の入口付近で同館利用者や公園の一般利用者の通行が阻害されるなど混乱が生じたとされている」(11月2日付却下決定書)※声を! 東京高等裁判所Tel:03-3581-5411
★→→ http://blog.nazen.info/ 


反原発デモ禁止を絶対許さない! 救援本部ニュース385号 2012.11.7
11月11日、日比谷公園〜霞が関を、100万人で埋め尽くそう
 11月11日に呼びかけられている反原発1000000人(百万人)大占拠デモ出発点、日比谷公園を、なんと東京都が「使用を認めない」という暴挙に。
 「理由」としてあげる「公園管理上の支障」とはいったい何か。先日辞めた石原慎太郎前知事はじめ東京都はあくまで原発推進の立場。再稼働反対! 原発なくせ!で百万人の規模で人々が集まることを恐怖しているのは見えみえで「公園を貸さない」ことで抑え込もうとするなどもってのほか。そんなことで止められると思ったら大間違いだ。怒りの火に油を注ぐ≠ニはこのこと。日比谷公園から官邸前、霞が関一帯を埋め尽くしてやろうじゃないですか。東京新聞は書いてます。「一帯は原子力ムラの本拠地だ。市民の公園をムラに染めてはいけない」…
(★全文は→→http://blogs.yahoo.co.jp/shinsaikyuenhonbu/9753021.html )


11月9日ゴールデンコースデモ今年も最高裁は11月中に裁判員候補者名簿登載通知を発送すると言っています。   裁判員制度はいらない!大運動 HPより

1デモ案内1[1].jpg

対象者は約30万人。08年に始まってその数は合計150万人近くになりました。
しかし、裁判員候補者として呼び出されても出頭しない人が増えています。
大運動は、最高裁へ名簿登載通知を止めろと求めるデモを行います。
金曜日お昼、一緒に霞ヶ関を歩きましょう!
お昼休みの都合に合わせて途中参加も途中離脱もOKです。
★→→http://no-saiban-in.org/news/2012/11/119.html 


東京新聞こちら特報部11/7 11.11 日比谷公園の反原発デモ「制限」
 東京都心の憩いの場・日比谷公園(千代田区)は、日本の民主主義と縁深いところだ。デモの集合場所にも使われてきたが、都は「管理上の支障」を理由に使用を制限し始めた。
このため、十一日に行われる官邸前や国会周辺などを占拠する反原発抗議の先陣を切るデモが中止の瀬戸際に立たされている。草の根の民主主義は大丈夫か。 (荒井六貴、上田千秋)
◆高裁棄却 使用できず
「この道路の広さで、公園利用者への支障はないはず。デモが出る霞門も、他のイベントとほぼ重ならない。警備でリスクがゼロというのはない。それなら、東京マラソンもできなくなる」「『デモ』とは何か」の著者で高千穂大学の五野井郁夫准教授(国際政治)は、日比谷公園内にある幅十メートルほどの通路で手を広げながら訴えた。
 公園は南西にかけて霞が関の官庁街に接し、敷地面積は十六・二ヘクタールと東京ドームの三・五個分と広い。日比谷公会堂や野外音楽堂、図書館などがあり、週末は広場でさまざまなイベントが開かれて賑わう。
 十一日の日曜日、「11・11反原発 1000000人大占拠」と銘打った大規模な抗議活動が、官邸前や国会周辺、官庁街で行われる。主催は三月から金曜日夜に官邸前で再稼働反対などを訴える「首都圏反原発連合(反原連)だ」。全国に参加を呼び掛けている。…
(★全文は→F.C:原発のウソより→http://blog.livedoor.jp/ryoma307/archives/6726023.html )


[社説] 現代グループの目には労組は破壊対象とだけ映るのか 2012.11.07 19:51 ハンギョレ日本語版より
 現代グループ(会長 ヒョン・ジョンウン)のグループおよび系列会社の最高位級役員が集まって現代証券労組を無力化させる方案を議論した事実が露見したという。 ユン・ギョンウン現代証券社長など7人が去る9月26日に秘密会議を開いて、ミン・ギョンユン現代証券労組委員長を追い出す智恵を絞った対話内容が録音収録形態で公開されたのだ。 公開された議論内容は極めて幼稚且つ悪辣で、彼らが本当に財界20位圏のグループを率いる人々なのか疑わしいほどだ。
 録音収録によれば、ユン社長らは労組を共生と協力の対象ではなく、破壊しなければならない敵と認識しているということが如実にあらわれている。 彼らはミン委員長を口にすることすら憚られる悪口で非難しつつ、彼を追い出すあらゆる方法を謀議している。 労組委員長が変われば現業に復帰する労組専従者を懐柔・脅迫し、座り込みをすれば委員長を無条件に業務妨害の疑いで告発し、次の労組委員長選挙に備えて昨年の選挙で敗北した候補を会社側に引き込む方案などが代表的だ。 これは会社が自主的な労組活動に介入することであり、労働関係法が禁止する不当労働行為に該当する。…
(★全文は→→http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/13250.html


世界に訴える!「どうか皆さんの大きな声で救ってください」井戸川双葉町長10/30ジュネーブ(書き出し) みんな楽しくHappy♡がいい♪より
  はい、みなさんこんにちは。ご紹介いただきました福島県双葉町町長の井戸川でございます。私がお話したい事は別紙で1枚紙裏表でメッセージとしてお配りしております。
 本日はかいつまんで具体的なことについてお話しさせていただきます。今回の事故について申し上げます。事故防止対策がされていないなか起きた事故です。人災と言っても過言ではございません。我が国の野田総理大臣は昨年12月21日事故の収束宣言をしましたけれども、これは誠に間違っております。まだまだ事故は継続中でおります。
 私は今年の3月に現場に入って事故が進行中であることを確認しました。しかも4号機は何時壊れても不思議ではありません。大きな地震が来れば壊れてしまう事が確実に考えられます。ここには1500本もの燃料棒が収納されております。これが壊れると日本中が住めなくなります。その規模は広島原爆事故の4000倍とも言えるようなものと思えます。事故は終わったように言われる方がいますけれども、まだまだ終わっていません。この事故処理を考えますとその費用は天文学的な多きな金額になると思っております。
 1号機の爆発についてご説明もうしあげます。初期避難を一生懸命やっておりましたけれども、間に合いませんでした。保健施設等、一般の方々が避難を遅れておりました。
 ドーンという大きな音の後に我々がいるところに空から爆発をしたものが降ってまいりました。…
(★全文は→→http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2497.html )
posted by 東京西部ユニオンブログ at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

11月4日、日比谷野音に集まり、戦争も原発も首切りも止める団結をつくろう!

11月4日、日比谷野外音楽堂へ!
アジア、沖縄、福島とかたく団結して、このウソまみれの国を変えよう!


kokaido_map[1].jpg

▼昨年の11月集会6千 明日は、もっと集まろう!
111106yd130[1].jpg
IMGP4586[1].jpg
news57-3[1].jpg

11・4 反原発・反失業の日比谷・国際集会!!!! どんどん拡散希望 今からでも伝えて!!
福島から佐藤幸子さん先頭に
原発労働者・斉藤さんも
韓国・民主労総、アメリカ港湾労組 ドイツ機関士労組も




民主労総ソウル本部が三里塚にやって来た!2012年11月 3日 07:10前進・速報版より

s20121103a-1[1].jpg

 11・4全国労働者総決起集会を翌々日に控えた11月2日、韓国・民主労総ソウル地域本部の労働者30人が、イジェウン本部長を先頭に今年も三里塚現地を訪れた。
 午前に成田空港に降り立った一行は、田中康宏委員長をはじめ動労千葉の出迎えを受けたあと、休む間もなく成田市天神峰の市東孝雄さん宅前に駆けつけた。今回の参加者も大半が三里塚初体験だ。快晴のもと昼食をはさみ、現闘の同志の案内でさっそく現地調査に臨んだ。市東さん宅わきの監視やぐらに上がると目の前に工事中の第3誘導路が横たわっている。来年3月の供用へ向け重機があわただしく動き回る現場を目の当たりにして、全員が怒りを共有した。
(★続きは→→http://www.zenshin-s.org/zenshin-s/sokuhou/2012/11/post-1794.html

元原発労働者が労基署に告発して立ち上がった! 全国から労働運動をよみがえらせる11・4労働者集会へ NAZENより

 昨年3月に水溜りに足を入れて3人の労働者が大量の被曝をした事件、病院に運ばれて以降、報道されなくなっていましたが、その場にいた労働者が告発。関電工は事前に、安全だと言っていたと。これ以上、原発労働者の安全と権利を侵害させてはいけません。そして、労働者が使い捨てられる現状を変えたいという思いは、全国の労働者・民衆の日々感じている思いでもあります。リスクを背負ってそれでも立ち上がった苦悩と決意はいかほどかと思います。これに応えてみんな声を上げよう。

福島原発:「線量管理おろそか」元作業員、労基署に訴え
毎日新聞 2012年11月01日

 東京電力福島第1原発事故の収束作業に従事した福島県いわき市の元原発労働者の男性(46)が1日記者会見し、東電と作業を請け負った関電工(東京都港区)を労働安全衛生法違反に当たるとして福島県・富岡労働基準監督署に申し立てたことを明らかにした。男性は「高い放射線量下で安全措置がおろそかな状態で働かされた。少しでも安全な働き方を考えてもらえれば」と訴えた。
 ◇東電と関電工に是正求める
 男性はいわき市の電器メンテナンスの会社に所属。東電が発注し、関電工が元請けとなった仕事の2次下請けだった。昨年3月24日に3号機のタービン建屋内で、電源ケーブルを敷設する作業に当たった。
 申告書や男性によると、作業前に「線量が若干高いが作業に支障はない」との説明を受け、被ばく線量計を毎時20ミリシーベルトに設定して作業に入った。だが、実際には建屋地下には高濃度の汚染水がたまっており、数分で線量計のアラームが鳴り始めた。
 東電の作業グループは地下の空間線量を測定し、「線量が毎時400ミリシーベルトを超えている」と現場から撤収したにもかかわらず、男性らの作業は続行された。男性は長靴を履いておらず、たまり水に危険を感じたことから地下での作業を拒否した。最終的に作業は全体で40〜60分行われ、関電工と1次下請けの3人は地下での作業を行い、1回の作業で173〜180ミリシーベルトを、男性は11.15ミリシーベルトを被ばくした。
 申告書では、関電工が高線量の場所にとどまって作業を続けさせるなど安全対策を怠ったこと、東電は違反行為を防止する措置を怠ったことが労働安全衛生法違反に当たるなどとして、線量管理のあり方の是正などを求めている。男性は「今年3月以降は会社から仕事もなく実質的に解雇された。原発の末端で働く者は危険な状態で働いていても訴える機会もなく、使い捨てられる」と述べた。
 関電工は「詳細を知らないが、労基署の判断に従いたい」とコメントした。東電広報部は「非常事態に復旧作業にあたり高線量の被ばくをした労働者には申し訳なく思っている。労基署の求めがあれば真摯(しんし)に対応したい」と話している。【東海林智】

.

posted by 東京西部ユニオンブログ at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11・4へ!メシも食わなきゃならんが、生きるために人間の共同性を奪い返すぞ!

11・3国際連帯集会〜11・4反原発・反失業大集会(日比谷野音)へ!
「命よりカネ」の社会・職場を ひっくり返せる団結つくろう!


bira3[1].jpg

20120927k[1].jpg
20120927k2[1].jpg
▲動労千葉の外注化阻止闘争に連帯して身体を張って日本大使館前で闘う民主労総ソウル本部
 労働者は排外主義に負けない!労働者国際主義の見本だ!
 
114taburoid[1].jpg113-1[1].jpg


■本日のもくじ
●ひと言! 11・3国際連帯集会〜11・4反原発・反失業大集会(日比谷野音)へ!
●11・4集会に根こそぎの結集を!労働者国際連帯!日刊・動労千葉NO.7402 10/31
●「シャープ」グループの下請企業実態調査 2012年10月30日 帝国データバンクより
●「高線量下の作業違法」 福島第一元作業員 労基署申し立て 2012年11月1日 東京
●無責任に職を投げ出して、戦争をあおる石原慎太郎 2012年10月31日 都革新hpより
●大飯、大間、100万デモでとめよう!11・4集会→11・11大占拠へ!NAZEN
●10.31全関西狭山集会大成功2012年11月 2日 部落解放同盟全国連西郡支部hpより
●鉄塔上にぶらさがった 2012.10.31 23:09 ハンギョレ日本語版より
●米兵住居侵入:沖縄で米軍への反発強まる 毎日新聞 2012年11月02日 22時21分
●月城原発1号機の美しい‘臨終’を準備しよう 2012.10.30 ハンギョレ日本語版より
●大飯原発、活断層の可能性 規制委、追加調査示唆2012年11月2日 22時35分東京
●小出裕章「30年代に原発ゼロのウソ」(10/18取材:今西憲之) ざまあみやがれい10/31 
 

★ひと言!
11・3国際連帯集会〜11・4反原発・反失業大集会(日比谷野音)へ!
 この間、わがユニオンの職場やそのすぐまわり、さらに鈴コン分会支援や国鉄闘争支援で労組を回った反応が、「労働組合・労働者はもうギリギリの所に来てる」ということ。色々上部団体やたどってきた経緯の違う労組でも、本当に真正面から受け止めてくれる職場がどんどん増えている。一部に従来の事務的対応以下の余裕のない対応もある。いずれも「ギリギリ」だ。しかし、これは資本や政府が追いつめられている結果をソックリ自分の事のように思う「闘わない労組幹部」が限界を迎えたのだ。現場の労働者にとっては、資本の攻撃はいっそう激しいが、問題はハッキリしてきている。3・11以来、資本や権力者が押しつけてくる「自己責任」とは180度逆の主体的な責任感の芽生え、つまり、闘う道はある!ということを多くの青年が先頭でつかみ取ってる。首相官邸や霞ヶ関や、何より自分の職場で自分の意見を堂々と言う。放射能で汚された世界の同じ土台に、自分の職場があり、「命よりカネ優先」でクソみたいに汚されきってる。しかし労働者は人間だ、メシも食わなきゃならないが、生きるためには人間であること、共同性を奪い返さないと生きられないのだ。現実を仕方ないとあきらめるんじゃなくて、何とかしてやりたいと思ってる。世界の同じ労働者、青年と結びつきたいと思ってる。オキュパイしたい!これは万国共通だ。だから今日、明日、ともに闘おう。
 さて11・3、今日は千葉へ! 世界各国から闘う労働者が来る。そして11・4あさって、日比谷野音を埋め尽くそう! 経産省〜東電本社への抗議、銀座をオキュパイするデモをやろう!
 ★11・3労働者国際連帯集会
▼11月3日(土)PM1:30~千葉商工会議所ホール(千葉中央ツインビル2号館14階)  ●韓国 民主労総ソウル本部 ●アメリカ港湾倉庫労組 ●ドイツ機関士労組
  ●日本の外国人労働者 ●福島から
★11・4全国労働者総決起集会
▼11月4日(日)正午 日比谷野外音楽堂
●国際連帯 韓国 アメリカ ドイツ 在日外国人
●国鉄闘争 動労千葉 動労水戸 国労闘争団 争議団 全国運動
●福島 子どもふくしまネット代表 佐藤幸子さん
    被災地の自治体労働者
  原発労働者 斉藤征二さん
●沖縄から 農民から たたかう労組 学生
●全日建運輸連帯関西生コン支部(開会) 全国金属機械港合同(まとめ)
 ★そして、11・11は100万大占拠へ!      

11・4労働者集会に根こそぎの結集を!
労働者の国際連帯闘争で新自由主義攻撃と闘おう!日刊・動労千葉NO.7402 10/31

 この間、独島(トクト、日本名「竹島」)、釣魚台(日本名「尖閣諸島」)をめぐり「領土問題」で日本と中国、韓国の間で対立が煽られ、排外主義が台頭している。
 この問題をめぐっては東京都知事の石原(当時)が「尖閣諸島を都が買い取る」と発言し、大阪市長・橋下は「慰安婦」問題は存在しない旨の発言を行うなど、政治家やマスコミも含めて「日本の領土を守れ」との国益主義・国家主義が煽られている。
 帝国主義国家が「領土問題」を持ち出す時、それは領土の再分割をかけた侵略戦争の突破口に他ならない。とくに、国益主義や排外主義は、労働者階級の団結を破壊しようとする支配階級の攻撃だ。
 しかし、支配階級が「自国の領土」を叫ぶ時、われわれ労働者階級は同じ立場に立つわけにはいかない。労働者階級がとるべき道は、「戦争に反対し、平和を守るための労働者の闘いに国境は存在しません。新自由主義に反対し、労働者・農民の生存権をかちとる闘いのために国境を廃棄します。国境をのりこえる苛烈な連帯闘争で、労働者・農民が真の主人公となる世の中を作ってゆきます」(2006年の11月労働者集会に参加した民主労総ソウル地域本部代表のあいさつ)との決意にこたえ、労働者の階級的団結で帝国主義打倒の闘いにたちあがることだ。
 11・4労働者総決起集会に、職場から根こそぎで決起しよう!
 11・3労働者国際連帯集会を成功させ、労働者の国際連帯で新自由主義と闘おう!
(★→→http://www.doro-chiba.org/nikkan_dc/n2012_07_12/n7402.htm )


「シャープ」グループの下請企業実態調査 2012年10月30日 帝国データバンクより
 シャープグループ下請先、全国に1万2000社〜うち4400社が直近決算で「減収」〜
 業績低迷が続いているシャープ。11月1日の2012年4〜9月期の決算発表を前に、再び注目度が高まっている。…これまで同社から直接、間接に仕事を得ていた全国各地の下請企業への影響拡大がとくに懸念される。…シャープグループと直接、間接的に取引がある下請企業(一次下請先、二次下請先)を抽出し、社数・従業員数合計、都道府県別、業種別、直近業績について調査・分析した。…
 調査結果
1.シャープグループの下請企業の合計は全国で1万1971社となり、約1万2000社にのぼることが判明。これら一次下請先、二次下請先の総従業員数は67万7561人に達した
2.都道府県別に見ると、「東京都」が3245社(構成比27.1%)でトップ。このほか、「大阪府」(2740社、2位)、「広島県」(280社、9位)など、主な生産拠点のある県が上位に入った
3.業種別に見ると、一次下請先ではソフト受託開発が183社(構成比9.8%)で最も多い。二次下請先では、産業用電気機器卸が719社(同7.1%)でトップ
4.直近2期の業績が判明した1万393社を見ると、2011年度の「減収企業」は4431社(構成比42.6%)で全体の4割超。このうち、「2期連続減収企業」が1575社(同15.2%)を数えた
(★全文は→→http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p121006.html )


「高線量下の作業違法」 福島第一元作業員 労基署に申し立て 2012年11月1日 東京
 東京電力福島第一原発事故の収束作業で、東電と作業を請け負った関電工(東京都港区)が、高い放射線量の中で被ばくを最小限に抑えるよう必要な措置をせず、作業を続けさせたのは労働安全衛生法違反に当たるとして、福島県いわき市の元作業員男性(46)が、両社を同県富岡労働基準監督署に申し立てた。 
 いわき市の下請け会社に所属していた男性は、事故が発生して間もない昨年三月二十四日、3号機タービン建屋内で、電源ケーブルを敷設する作業に従事した。
 男性によると、事前の説明では、作業に危険はない程度の線量だと聞いていたが、実際には、建屋地下には大量の高濃度汚染水がたまり、線量も高かった。
 東電社員らの別の作業班は、3号機地下で毎時四〇〇ミリシーベルトの放射線量を計測したため、撤退した。しかし、男性グループは作業継続を指示された。…
(★続きは→→http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012110102000105.html ) 


無責任に職を投げ出して、戦争をあおる石原慎太郎 2012年10月31日 都革新hpより
 石原慎太郎東京都知事が突然知事を辞任し、新党を立ち上げて国政に出ると発表した。一部マスコミはこれを持ち上げていますが、誰もが感じているように、これはまったく無責任で反動的なパフォーマンスです。
◆都政を破壊した「我欲」のかたまり
 もっともらしいことを言っていますが、石原前知事がやったことは利権と腐敗に満ちたデタラメなものでした。都庁には週2〜3日しか出勤せず、大赤字を出した新銀行東京が息子の選挙のためだったことは有名です。オリンピック誘致騒ぎも都民のためではなく、むらがる企業利権のためでした。彼こそ「我欲」のかたまりです…
(★続きは→→http://www.tokakushin.org/wp/?p=1889 )


NAZENのホームページより
大飯をとめろ! 大間建設再開やめろ! 福島とつながる100万デモで原発とめよう!
11・4労働者集会→11・11反原発1000000人大占拠へ


320-1-20121101171040[1].jpg
↑↑↑ Coming Soon☆11月2日の官邸前に登場☆
  NAZEN情報誌 NAZINE 5号☆労働組合特集☆
    「反原発デモ女が職場で解雇撤回させちゃいましたっ☆」
    「11・4労働者集会に全国から結集を」他
★1〜4ページ→→http://4754e3a988bc1d78.lolipop.jp/pdf/114nazen1-4.pdf 
★5〜8ページ→→http://4754e3a988bc1d78.lolipop.jp/pdf/114nazen5-8.pdf
s20120730a-2[1].jpg 
▲7・29国会大包囲、国会正門前解放!


10.31全関西狭山集会大成功2012年11月 2日 部落解放同盟全国連西郡支部hpより

p1130730_800x599[1].jpg
この勝利をバネに、さあ、11.4の組織化へ全力で総決起していこう!!
●集会基調報告 2012年10月31日 (抜粋)
【1】寺尾判決38ヵ年糾弾 ! 狭山第3次再審闘争勝利 !
○ 1974年10月31日、東京高裁・寺尾裁判長は…
 ○ 新自由主義攻撃が開始された80年代
 ○ 1990年代…「再審請求を取り下げることと引きかえに仮出獄」攻撃はねのけ
○ 石川さんは、故郷の狭山に戻り「完全無罪」をかちとるため闘い続けています。
○ …石川さんの闘い=差別裁判護持する国家権力との非和解、「絶対反対」の闘い
 ○ 石川さんは無実。高検が隠し持つ全証拠を開示させ直ちに高裁に再審開始させよう。
 ○ 大失業と非正規職化をうち破り闘う労働組合再生に狭山闘争の歴史的勝利の道あり
【2】JR外注化阻止・非正規職撤廃 ! 青年労働者の反乱が始まった
○10・1JR東日本の検修構内業務外注化阻止決戦は、青年労働者の怒りの総反乱によって全く新しい階級情勢を切り開いた
○ 『労働者が団結すれば変えられる』動労千葉や動労水戸に続き、すべての産別と職場で外注化阻止・非正規職撤廃に決起しよう
【3】橋下は打倒できる ! 労働者・労働組合の反撃が始まった
【4】応能応益家賃制度絶対反対!更地化粉砕 ! 非正規職撤廃 !
  全国連・西郡支部に結集し、ともに闘おう !
【5】西郡支部に入り、支部1000名建設に勝利 し、部落解放の新しい全国組織を作ろう。
(★全文は→→http://nisigoorisibu.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/10.html )


鉄塔上にぶらさがった 2012.10.31 23:09 ハンギョレ日本語版より
大統領候補に尋ねる 現代車非正規職
"現代車社内下請けを見て見ぬフリするならば
経済民主化は絵空事に過ぎない"

現代自動車社内下請け労働者として仕事をし解雇されたチェ・ビョンスン(36)氏と現代車非正規職支会チョン・ウイボン(31)事務局長が18日午前、蔚山(ウルサン)、北区(プック)、楊亭洞(ヤンジョンドン)の現代車蔚山工場明村中門付近にある高さ50mの送電鉄塔にロープでからだを縛り、非正規職の正規職転換を要求して高空籠城を行っている。
 7年間待った。 現代車社内下請け解雇労働者チェ・ビョンスン(36)氏が訴状を持って裁判所文に初めて入ったのは2005年3月だった。 司法府の最終判断を待ちに待った。 2010年7月、そして今年2月、最高裁は‘社内下請け労働者として現代車の業務監督下で2年以上勤めたチェ氏は不法派遣労働者である以上、現代車正規職労働者とみるべきだ’として2度にわたって解雇無効判決を下した。
 チェ氏がチョン・ウィボン(31)全国金属労組現代車非正規職支会事務局長と共に、去る17日現代車蔚山(ウルサン)工場前の154kVの高圧電流が流れる50m送電鉄塔に上がった。 31日で半月地上に降りていない。 …
(★全文は→→http://japan.hani.co.kr/arti/politics/13194.html )


米兵住居侵入:沖縄で米軍への反発強まる 毎日新聞 2012年11月02日 22時21分
 沖縄県読谷村(よみたんそん)で2日未明、米兵によるとみられる住居侵入、傷害事件が発生した。沖縄県では10月16日、米海軍兵2人が集団強姦(ごうかん)致傷事件で逮捕され、在日米軍が同19日、駐留米軍兵士に夜間外出禁止令(午後11時〜翌午前5時)を出したばかり。その時間帯に発生した事件に、沖縄で米軍への反発が一層強まっている。…
(★続きは→→http://mainichi.jp/select/news/20121103k0000m040112000c.html )


月城原発1号機の美しい‘臨終’を準備しよう 2012.10.30 22:57ハンギョレ日本語版より
 月城(ウォルソン)原子力発電所1号機が数日前にまた故障で発電が停止した。月城1号機は古里1号機に次いで古い原発で、11月20日に30年の設計寿命が満了する。韓国水力原子力(韓水原)は寿命延長を試みているが、故障が多いだけでなく、主要部分が安全基準にも達していないので再稼動してはならない。
 月城1号機は過去10年間に8回の故障を起こしたが、その半分の4回は今年発生している。1月に原子炉冷却装置のポンプが異常を起こし、先月には変圧器が故障し、今回はタービンが停止するなど内容も一様に深刻だ。特に7月に一ヶ月余、計画予防整備をしたにも関わらずその後に故障が立て続きに起き不安感を増している。
 さらには韓水原が行う寿命延長のための補完措置が安全基準に大きく及ばないという。韓国原子力安全技術院が4回にわたって韓水原に質問した審査内容880件の中で韓水原が当初答えられなかった項目が20件あり、基準に至らない対策を出したものが37件にもなるという。…
(★全文は→→http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/13185.html )


大飯原発、活断層の可能性指摘 規制委、追加調査示唆2012年11月2日 22時35分東京
 原子力規制委員会(田中俊一委員長)は2日、現地調査団を派遣して、関西電力大飯原発(福井県)の敷地内をほぼ南北に走る「F―6断層(破砕帯)」を調査した。延長部分とみられる断層が新たに確認され、調査団の専門家は活断層の可能性を指摘。団長役の島崎邦彦委員長代理は「必要であれば(関電に)再調査を求める可能性も選択肢の一つ」と追加調査を示唆した。
 調査団は敷地内に掘られた試掘溝で地層を見たほか、ボーリングで採取した試料も確認。
 調査団の渡辺満久東洋大教授は、関電が「断層はない」とする敷地北側の試掘溝内でF―6断層の北部延長とみられる断層を確認したと明らかにした。(共同)
★→→http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012110201002066.html 


「多くの国民が 2030年ではなく即刻ゼロにしろ。という意見が多かったにもかかわらず この国は受け止めようとしない」小出裕章
小出裕章が語る「30年代に原発ゼロのウソ」がわかりやすい!(10/18取材:今西憲之)ざまあみやがれい10/31  

今西「あの、先だって政府からあの、原発建設工事のですね、え…件について、アナウンスがありました。大間原発のようにですね、すでに着工してるとされる原発は、えー、建設してもよろしいですよと。一方で、中国電力の上関(かみのせき)ですとか、九州電力の川内原発3号機などは、着工してないから、えー、作ってはいけませんというようなことになろうかなあと思っています。その一方でですね。政府は2030年代に原発はゼロにするんだという方針も打ち出しました。え…このまま大間原発がですね。建設されて、稼働するとまあ2030年代にゼロというのは足し算引き算で考えるとどう考えてもあり
小出「え…全く矛盾していると私も思います。え…私自身は、絶対に事故を起こさないという原子力発電所が、事実として、本当にひどい事故を起こして、今現在も多数の人々に、言葉で言い表せないほどの、困難を、載せているわけですから。ここまで来たなら、やはりもう原子力から足を洗うという、選択をすべきだと思いますし。原子力発電所は即刻ゼロにすると、いうのがいいと思います。え…ついこないだまで政府は、パブリックコメントというのを求めていて。政府の求めたあの…コメントを求めたやり方は、2030年に、ゼロ%にするか15%にするか、25%にするかというそういう3択でコメントを求め、ました。それに対して、多くの人達が、ゼロにしろというコメントを寄せた。それも2030年ではなくて即刻ゼロにしろと、いうコメントが多かったというのですね。私は政府が自分でパブリックコメントを求めたのであるから、その集まってきたコメントを、きちっと受け止めるというのが、当たり前の態度だと思う、のですが。え…日本のこの国というのは全然そうしない、のですね」
今西「はい(苦笑)」
小出「それで、野田さん自身は、2030年「代」にゼロを目指すと、いうようなことを言ったわけですが。2030年「代」という、1つだけ、漢字を付け加えた。」
今西「はい」
小出「しかし、2030年代というのは、2030年(※39年の誤り)12月31日までを示すわけで。もともとパブリックコメントで聞いた、2030年までというのと比べると、10年間鯖を読んだ、のですね。漢字を1文字追加して、10年間、詐欺を、働いたわけで。とんでもないことをする人だなと私は、思いました。ただその、2030年代にゼロを目指すという、その方針すらが、米国からの横槍を受けて閣議決定すらができなくなると、いうことなのですね。もう、今の政権は政権の体をなしていないというか、原子力に関してはまったく基本方針すら持ち合わせていないという、そういうことだと私には、見えます。え…今、ご指摘くださったように、大間というものの原子力発電所の稼働を認めるのであれば、おそらく動き始めるのは、2020年、です。それで2030年代末まで動いていいといったとしても。本当にそれを守ろうとするなら20年しか動かない、のですね。今現在、原子力発電所は40年は動かすと言ってきたわけですし。40年を過ぎても敦賀・美浜なんていうものはまだ動かすと言っていたわけで、そうやりながらも、原子力発電所の電気は他のものに比べて、高かったと、いうのがこれまでの有価証券報告書を使った実際のデータで裏付けられてしまっているわけで。もし20年しか動かすことが出来ないなんていうのであれば、もう到底そんなものやる価値もないもの、なわけですね。ところが電源開発というその会社は、大間をやると、言ってるわけで。まあ40年間は動かしたいというようなことを、きちっと表明もして、いるわけです。つまりそれはもう2030年代には止めないぞと、言ってるわけですし。そう言ってることを承知のうえで大間を動かしてもいいという、ことは、まあ、現在の政権が2030年代にゼロにするなんてことは、元から思ってもいないということを、証明したことだと思います」
今西「じゃあすいません。続けて。あの、大間原発の話が出たので、え…そこで1つ2つお尋ねいたします。まず大間原発についてはですね、いわゆるフルMOXというですね、スタイルで、え…稼働すると、いうふうなことになっておるのですが。え…そのへんについての、フルモックスについての、解説とですね。そして、それについ…てのですね、恐ろしさ、怖さ、危険性というか、そのあたりについて、教えていただけませんでしょうか」
★→→http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65830029.html 
続き:小出裕章が解説「プルトニウムと大間原発フルMOX原子炉の関係 10/18(今西憲之)
★→→http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65830041.html 
.
posted by 東京西部ユニオンブログ at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。