2011年10月17日

10.23高円寺デモ 集合場所変更のおしらせ

 私たちが「すべての原発いますぐなくそう!10・23高円寺デモ」の出発点として高円寺中央公園の使用申請をしたところ、杉並区当局は公園使用を拒否し、駅から遠い梅里公園を使用するように指示してきました。「反原発デモはさせない」これが、杉並・田中区政の本音です。許せません。

 私たちの抗議で、杉並区は高円寺北公園の使用は渋々認めましたが、「4.10のように広範な労働者民衆が集まる反原発デモはさせない」と高円寺中央公園を絶対に貸さない姿勢は崩しません。4.10高円寺デモの全参加者を始め、原発に反対する人すべてに対する弾圧です。表現の自由まで奪う杉並・田中区政に、負けるわけにはいきません。こんなやり方を認めた結果が、原発54基という現実なのです。


原発はいらないと思っているみなさん!

10月23日(日)15:45に高円寺北公園に集まって、デモをしましょう。
金儲けのために、ウソとごまかしで、命や生活を奪っているこの社会を一緒に変えていきましょう。

10月23日(日)15時45分 高円寺北公園kouenjikita.gif

 10月23日(日)15時半 高円寺中央公園から高円寺北公園に誘導します。
 北公園がわからない方は、高円寺中央公園にきてください。

……………………………………………………………………………

本気で原発止めるために行動しましょう!

●10月27日〜29日ついに女たちは立ち上がり、そして座り込む
      原発いらない福島の女たち 100人の座り込み@経産省前
(各日10時〜15時/最終日は大結集の予定)

●10月30日〜11月5日福島の女につづけ!
      全国の女たちの座り込み@経産省前(各日10時〜15時)

●11月6日(日)全世界統一行動in日比谷野音
      「反原発・反失業 全国労働者総決起集会」
 
10時〜LIVE&青年集会 12時〜本集会 15時30分デモ出発
労働組合を先頭に、フクシマの怒り、被災地、農漁民、沖縄、弁護士、医者、青年、学生、海外労組代表の発言

呼びかけ/全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部・全国金属機械労働組合港合同・国鉄千葉動力車労働組合・国鉄闘争全国運動


……………………………………………………………………………

東京新聞 10月15日朝刊に鍛冶淳子さんの投書が掲載されました。
nazen111015.jpg
posted by 東京西部ユニオンブログ at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 行動予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

すべての原発今すぐなくそう 高円寺デモ&交流会に参加しよう

oy111023a.JPGoy111023b.jpg

すべての原発今すぐなくそう 高円寺デモ&交流会やります。

時/10月23日(日)
デモ集合→15時半 高円寺中央公園(杉並区高円寺南4−31−5)
交流集会→18時 阿佐谷地域区民センター


学習会
★10月11日(火)19時〜 
あんさんぶる荻窪4F第2教室(「都政とくらし懇談会」で借りています)
テーマ 3.11以後のドイツ
報告 松室しをりさん(NAZEN事務局)

ふるって参加しよう!
………………………………………………………………………………
杉並区が高円寺中央公園の使用を拒否!?
「反原発デモはやらせない」――これが杉並・田中区政の本音だ!


 私たちが10月23日(日)に計画している「すべての原発いますぐなくそう!10・23高円寺デモ」の出発点として高円寺中央公園の使用申請をしたところ、杉並区当局は信じがたいことに公園使用を拒否してきたのです。「4月10日のデモで混乱があった」「地元の商店会・自治会からデモには使わせないでくれとの要望があった」などを理由にしていますが、要するに「反原発デモには公園は使用させない」「反原発デモはやらせない」、これが杉並・田中区政の本音だということです。絶対に認めることはできません。

原発推進の田中区政を打倒しよう!

 田中区長は「3・11」以後、「専門家」を招いての放射能シンポジウム、学校・保育園・公園などの放射線測定、食材などの検査のための放射線検出器の購入など、「放射能安全キャンペーン」を大々的に行なってきました。区民の放射能に対する「不安解消」のためと杉並区が宣伝してきたことに本質が表わされているように、「原発事故があっても心配ない」「原発があっても大丈夫」と、原発を擁護し容認する「原発推進キャンペーン」だったのです。民主党・野田政権とまったく同じように、杉並・田中区政もまた原発推進区政なのであり、フクシマの怒りに連帯する杉並の労働者人民の怒りで打倒されるべき存在です。

9・19明治公園6万人の力を10・23高円寺デモへ!

 反原発デモを妨害し、表現の自由まで侵そうとする杉並・田中区政に、私たちは負けるわけにはいきません。あくまでも「すべての原発いますぐなくそう!10・23高円寺デモ」を貫徹します。原発はいらないと思っているみなさん!10月23日(日)15:30に高円寺中央公園に集まってください。反原発デモをやらせまいとする田中区長に抗議してください。


抗議先:杉並区役所 TEL3312−2111(交換に「区長室へ」と)
杉並区ホームページからメール 区長の部屋>区長への手紙
https://www2.city.suginami.tokyo.jp/opinion/opinion_box.asp


posted by 東京西部ユニオンブログ at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 行動予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

5・1反原発・反失業メーデー→東電デモ!

5・1メーデービラ案.jpg
5・1メーデービラ案.pdf

【呼びかけ文】
 3月11 日に東日本を襲った大地震と津波は、私たちがかつて経験したことのない激しい現実を生み出しています。生き延びた被災者は、家族や同僚を失った悲しみを抱きながら、生き抜くために闘っています。福島原発事故は、労働者・農民・漁民、すべての人間の生存を根本から脅かしています。今こそ労働者は生き抜くために団結し、闘いに立ちあがる時です。怒りの声を一つにし、行動で示す時は今です。5月1日の反原発・反失業メーデー集会・デモに、すべての労働者、市民、学生の皆さんの参加を心から訴えます。

すべての原発を直ちに停止・廃止しろ!
 東京電力・福島第一原発の事故は、日に日に悪化の一途をたどっています。4月18日、原子力安全委員会は1〜3号機の燃料棒が溶融していることを認めました。東電本社は「半年〜9ヵ月で事故を収束させる」とうそぶき、多くの下請け・非正規労働者に安全基準をはるかに超える被曝労働を強制させています。大量の放射性物質が陸に、海に、空にまき散らされています。余震で、宮城・女川原発や青森・東通原発では、外部電源がストップするという事態も起きています。
 さらに許せないのは、文科省が、福島県内の小中学校、幼稚園などに対して、年間20 ミリシーベルトを超えなければ校庭を利用してもよいと、安全基準を引き上げたことです。年間20 ミリシーベルトとは、原発労働者が白血病を発症し労災認定を受けている放射線量です。放射能に汚染された野菜は出荷停止に追いやられ、コメの作付けも法律で禁止。福島原発から半径20 キロ圏内の強制避難地域に取り残された家畜の殺処分も発表されました。
 今、福島をはじめ全国・世界各地から「今すぐすべての原発をとめろ」「福島の子どもたちを見殺しにするな」「政府・東電は情報操作・隠蔽工作をやめろ」「このままだと生きられない」「勇気をもって行動しよう」という怒りの声があふれています。あくまで国家と資本の利益を最優先し、原子力政策を堅持しつづける政府や東電に対して、5月1日、怒りの声を一つにして、政府・東電資本を数千数万の青年労働者・学生の大デモで包囲しよう!

復興を口実とした増税絶対反対!
すべての被災者の生活を保障せよ

 宮城県沖地震は「10 年以内に99%の確立で起きる」と言われ続けてきました。しかし、自民党も民主党も、安全対策を講じてこなかったばかりか、防災対策を切り捨ててきました。とりわけ民主党は「事業仕分け」で「200 年に一度あるかないかの地震にかける予算は必要なのか」(蓮舫議員)と地方切り捨ての張本人です。
 「平成の大合併」によって、自治体の本来もっていた機能が失われてきました。1市6町を合併してできた石巻市の旧雄勝町地区には、震災から10 日間も救援物資が届かず、助けられたはずの命も助けられなかったのです。この悔しさを消し去ることはできません。数万人とも言われる犠牲者を二度と出さないために、このような社会のあり方を根本から変えなければなりません。
 震災復興を理由にした、「復興税」や「災害対策税」は断じて認められません。事実上の消費税の増税です。
被災の全責任は、過去30 年間にわたって民営化・規制緩和・地方切り捨てをおし進めてきた政府・資本にあります。政府・資本の責任を追及し、すべての労働者・農民・漁民の仕事・住宅・医療・教育を保障させましょう!

労働組合を甦らせ、首切り・賃下げと闘おう! 非正規職・派遣法を撤廃させよう!
 「震災による解雇は100 万人」「職場そのものが津波によって流された」「仕事量が減ったから契約打ち切り」――悲痛な声が次々とあがっています。菅政権や経団連は、「復興財源の確保」と称した公務員労働者の大量首切り・大幅賃下げや、今夏の一時金大幅カット、定昇廃止、時間外手当の廃止、労働基準法の改悪をやろうとしています。震災を理由にした不当な解雇・雇い止め、賃下げ、非正規職化を絶対に許してはなりません。
 今こそ、労働組合が立ちあがる時です。労働者の団結こそ、社会を立て直していく唯一の力です。JRでは、国鉄1047 名解雇撤回を貫く動労千葉がストライキで立ちあがり、鉄道業務の全面外注化=非正規職化、大幅賃下げの「新人事・賃金制度」導入をいずれも阻止しました。
 連合、全労連など既成の労働組合の沈黙をうち破り、闘う労働組合へとつくりかえていきましょう。労働組合のない職場では、労働組合を結成し、資本と闘おう。
 5・1メーデーを出発点に、全世界の労働者と団結しよう!

5・1反原発・反失業メーデー

主催:5・1メーデー集会実行委員会
呼びかけ 全国労働組合交流センター
〒111-0041 東京都 台東区 元浅草2-4-10 五宝堂・伊藤ビル5F
電話 03-3845-7461 FAX 03-3845-7463
Eメールcentergo@nifty.com
posted by 東京西部ユニオンブログ at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 行動予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

4月29日に原発も沖縄基地もなくせ!集会

止めよう戦争への道!百万人署名運動より、4・29集会の呼びかけがありましたので転載します。429syuukai.JPG


 東京、首都圏、そして全国の皆さん。「とめよう戦争への道!百万人署名運動」が主催する「原発なくせ! 被災地支援! 4・29安保・沖縄・憲法集会」は、非常に重要な取り組みとなりました。集会後は「原発廃止、新基地阻止」を掲げてデモ行進します。各地からの結集をあらためて訴えます。
 百万人署名運動は3月5日に全国連絡会代表者会議を開き、4・29集会で運動の新たな出発点を築こうと決意しました。昨年11・23の延坪島砲撃戦という戦争情勢にしっかり向き合い、米日(韓)による朝鮮侵略戦争を絶対に阻止しよう、エジプト革命に連帯して安保・沖縄・憲法闘争を徹底的に闘い、その展望を切り開こうと確認しました。そうした中で「3・11」が起こり、情勢が一変しました。この情勢の中で議論をつくし、必死に闘いながら方針を定めていく。4・29集会はその重要な討論と実践の場となりました。
 4・29集会は当初、「4・28沖縄デー」の安保・沖縄闘争として設定されました。それは3・11情勢の中でますます重大になっています。
 震災を口実に日米同盟の有事体制が本格的に発動されました。その中で普天間基地の強化、新基地建設の強行、沖縄闘争圧殺が狙われています。いまこそ普天間基地撤去・辺野古新基地建設阻止の闘いの旗を全力で振っていくことが絶対に必要です。

 そのうえで、反原発・核武装阻止に総決起することが必要です。4・29集会の課題は、政府・財界の「原子力政策」、原発事故対策への怒りを爆発させ、戦争への道を阻止するために、労働運動をはじめ全民衆の中に反核・反原発闘争を復権させる出発点をつくることです。すでに始まったヒロシマ・フクシマ発の反原発署名運動を軸にして、新たな構想を持ってともに取り組みを進めていくことです。
 福島第一原発は再臨界が起こっているとも言われ、危機は進行しています。震度5〜6の強い余震も続き予断を許さない情勢です。この中で被災者や避難民の怒りは限界に達しています。4月10日の杉並・高円寺では、1万5千人の若者・青年が反原発デモに結集しました。
 しかし世界の大国は、世界大恐慌の危機から逃れて延命するために、原発推進政策に転換しています。とくに日本政府と財界は、原発輸出を「新成長戦略」の中心にすえ、「原発立国計画」を打ち出して、原発の新設・増設をなんとしても推進しようとしています。「謝罪」会見の中で東電社長は、柏崎刈羽原発3号機の再開を発表しました。本当に許せません。原発事故の多発を絶対に許してはならないのです。一切の責任を政府と東電・財界にとらせなければなりません。

 日本で「原子力政策」を最初に推進してきたのは、読売新聞社社長だった正力松太郎と、科学技術庁長官だった中曽根康弘です。原発は日本の核武装化政策であり、まさに日本資本主義そのものを意味していました。それを歴代政権はひきついできました。これに協力してきたのが「原子力の平和利用」を掲げてきた日本共産党であり、電力総連と連合でした。反核・反原発の闘いはまさに根底的闘いであり、首切りと侵略戦争の根源である資本主義を打ち倒し、この社会を根本的に変革していく闘いそのものです。
 4・29集会デモの大成功をかちとり、すべての原発を今すぐ止める運動の出発点にしましょう。安保・沖縄闘争、裁判員制度廃止闘争、改憲阻止闘争の高揚を切り開き、菅政権を打倒し、朝鮮侵略戦争を阻止する力を拡大しよう! 多くの皆さんの結集を訴えます。
--------
■原発なくせ!被災地支援!4・29安保・沖縄・憲法集会

とき◆4月29日(金、休)正午開場 午後1時開始/集会後デモ
ところ◆東京・台東区民会館ホール(台東区花川戸2-6-5 東武線・東京メトロ・都営線「浅草駅」から徒歩5〜8分)
主催◆とめよう戦争への道!百万人署名運動/協賛◆戦後50年を問う8・15労働者・市民のつどい全国統一実行委員会、沖縄民権の会、沖縄―本土をむすぶ労組連絡会


↓ここからチラシをダウンロードできます
429-ver2-omote.pdf

429-ver2-ura.pdf
posted by 東京西部ユニオンブログ at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 行動予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

5月1日に反原発・反失業メーデー→東電デモ!

0410-01.jpg
(4月10日の高円寺1万5千人デモ)

5月1日に反原発・反失業メーデー→東電デモ!

ついに、原発事故への怒りが爆発しました。
4月10日、反原発の1万5千人デモが高円寺駅周辺を埋めつくし、核武装論者の石原都知事再選を直撃したのです。怒りと団結があれば、原発を止めることも、社会を変えることもできます。

そして次は5月1日です!
5月1日はいわゆるメーデーの日ですが、連合などが「国難」「政治休戦」と「がんばろうニッポン」の大合唱で翼賛している状況(メーデーも中止のところも!)をうち破り、反原発・反失業を闘うメーデーと東電デモが、動労千葉などの呼びかけで行われることになりました。西部ユニオンは主催者として呼びかけます。1万人デモで世の中を根本から変えよう!

反原発・反失業メーデー
nonukes.jpg


日時:5月1日(日) 午後1時
会場:芝公園23号地
 ※都営三田線「御成門」下車5 分
 ※集会後、東電  本社への怒りのデモ
主催:メーデー実行委
芝公園.jpg

「年内に刈羽原発を動かしたい」(東電・清水社長)
ふざけるな!東電に怒りのデモやろう!

4月12日、保安院は「レベル7に相当する危険性」と発表しました。ところが東電や政府・保安院などは、居直り強盗のように、原発建設政策は変更しないと言い放っています。
 「現在までで相当程度放射性物質は出る物は出てしまった。大きく量が増えることはない」(保安院)「柏崎刈羽原発は、年内に動かしたい」(東電・清水社長)。ふざけるのもいいかげんにしろ! 連日、高濃度の放射能・汚染水が垂れ流されているのだ!爆発の危険性は全く消えていないのだ!
 しかし資本家は自ら原発政策をやめたりはしない。彼らにとっては原発の建設や輸出は打ち出の小槌のようなものだからです。原発停止・廃止ができるのは、現場の労働者の団結以外にはありません。東電デモに立ち上がろう!

原発なくせ! 社会を変えよう
腐った労働組合を現場から作り替えよう!

菅政権と東電は、事故を居直り、一切の犠牲と矛盾を私たちに押しつけて生き延びようとしています。「無計画停電」に続き、夏に向けた25〜30%の節電は、休日・夜間労働の強化をもたらすとともに、「減産」を口実にクビ切りをさらに激増させることは間違いありません。今でさえ「震災解雇」が横行しているというのに、労働者は飢えて死ねというのか! 団結して闘おう。
 さらに許せないことに、政府は「復興税」の導入を狙っています。資本救済のためには120兆円以上もの巨額を投入しているのに、労働者には増税か!!
 資本の金もうけのために安全を切り捨て、深刻な被ばくが起こっても責任を取らない。「原発の廃止か維持か」をめぐる大論争は、一切が利潤優先の今の社会の仕組みの根本的変革をかけた闘いそのものです。

問題は、既成の労働組合幹部が資本の共犯者になり果てていることです。現東電労組会長・電力総連委員長の種岡氏は、「想定以上の地震が起こっても原発は十分に耐えられる構造」と講演をおこなってきました。こういう労組幹部が原発を推進し、数多くの下請け・孫請け労働者に被ばく労働を強制してきた張本人です。私たち西部ユニオンは、こうした現実を根本からうち破るために、「反原発1000万人署名推進」と「震災解雇絶対反対」「労働者による被災地支援」を掲げてたたかいます。
 原水禁運動発祥の杉並から反原発署名を全国に広げよう。5月7日の署名連絡会結成集会へ集まろう。
西部ユニオンに入って共に闘おう!

反原発1000万人署名」杉並連絡会結成集会
5月7日(土) 18時よりあんさんぶる荻窪4階会議室
呼びかけ・東京西部ユニオン
     都政を革新する会


※これから反原発署名を本格的にどう進めていくか、みんなで話し合います。
署名を知人・友人、家族、職場、地域で集めてもってきて下さい。

DSC_1935.JPG
一昨年の8月6日、原爆祈念資料館前で行われたヒロシマ大行動
posted by 東京西部ユニオンブログ at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 行動予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。