2015年04月30日

反吐が出る、アベシンゾーの「米議会演説」!!

落日の没落アメリカ帝国主義議会で演説する脱落帝国主義日本のファシスト首相!
反吐が出る、アベシンゾーの「米議会演説」!!


 強盗戦争を反省して、強盗同士が和解して、全世界の労働者階級の怒りの決起をたたきつぶすために、今度はもっとうまく、奴隷主同士連携して、破滅的な資本主義、絶望的な大恐慌の深化の前で、何とか世界を戦争的混乱にたたき込んで、強盗資本家の薄汚い野望を、自由と民主主義、発展、成長の美名で押し隠そう。日米安保をアジアから世界へ???とんでもない世界戦争に名乗り揚げる宣言、まったく反吐が出る演説だ!!
 まさに労働者人民の労働を絞りとり、労働者の労働によってのみ延命し、そしてこれにくっしてきた偽物のインチキ社会主義(スターリン主義)に助けられてきた資本主義がもはや、「魔法使いが自らの呼び出した魔物によって」全世界から追いつめられ、危機にかられた、見苦しいあがきだ。
 未来志向だ?? うそっぱちの改革!「積極的平和主義」の名でどこでもいつでも戦争やる!? 労働者の革命を死ぬほどおそれているのが奴らだ。
 だが日米資本家は、机の上で握手し、机の下で蹴り合ってる。戦後70年、世界の労働者階級は、スターリン主義の裏切りにもかかわらず、職場生産点で闘い続け、資本家・権力を追いつめてきた。
 韓国民主労総のゼネスト連帯! 沖縄辺野古新基地絶対反対の沖縄全島ゼネスト情勢、これと固く一体に闘い大きな展望開いた杉並区議選! 4・26杉並区議選は1998人が、労働者が主人公の社会を!と、決起した。おしゃべり小屋以下の区議会をぶっ倒す決定的闘いをやり抜いた!
 国鉄闘争全国運動6・7全国集会(日比谷公会堂)へ!
posted by 東京西部ユニオンブログ at 00:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

2015年4・26 反原発・労働運動の未来かけ、杉並の北島邦彦勝利へ!

2015年4・26 反原発・労働運動の未来かけ、杉並の北島邦彦勝利へ!

★4年の思いをこめて、明日の杉並区議選【北島邦彦の勝利】は、すべての原発廃炉と被曝・被曝労働との闘いの今後を決める重大なたたかいです。
 このブログを見た人は、2015年4・26の投票日、杉並に知り合いがいたら、「北島邦彦」を勝たせよう!と訴えてください!
 2011年3・11から丸4年。このブログ開始は3・11を契機に始めました。
★しかし議会に何の幻想もありません。例えば山本太郎は?「国会のおぞましいカネと数とブルジョア独裁」の空気におかされて、絶対反対の労働者民衆の運動にこそ未来と展望があることを忘れてしまったようです。
 だからこそ、我々東京西部ユニオンは、労働者が主人公の社会をめざす(そう!革命!)、闘う労働組合と労働者の政党を作ろうと呼びかけているんです!

★私たち、東京西部ユニオンが、今回の杉並区議選と重なった韓国・民主労総の4・24ゼネストへの連帯アピールを以下掲載します。
 
2015年4・24 民主労総ゼネスト突入への連帯アピール 
          合同・一般労働組合全国協議会
        一般合同労働組合 東京西部ユニオン 執行委員長 吉本 伸幸


労働者が社会の主人公として登場する時代がやってきた。その合図が、本日の韓国・民主労総のゼネスト突入だ。われわれは、民主労総のゼネスト突入を断固支持する。そしてこの日本で、ともに闘う労働組合と闘う労働者の政党を作ってゼネストを闘う決意である。民主労総はパククネ政権の民営化・構造調整と闘い、セウォル号沈没事件で学生達を殺した腐敗・汚職にまみれた政権打倒へ闘っている。われわれは日本で、戦争と改憲に絶対反対し社会丸ごと民営化と労働法制改悪の大攻撃を阻止して、安倍政権を倒すために闘う。日韓労働者は全世界の労働者の最先頭で固く団結して同じ敵と戦うときがきた。民主労総のゼネストは日本の労働者への大きな援軍だ。必ず連帯して闘い抜くことを誓う。
 労働者に国境はない。ともに血と汗を流し、ともに同じ敵である一握りの資本家たちと闘っている。今、世界の資本家たちは、自ら生み出した過剰な資本、過剰な生産力を解決できずに、互いにつぶし合いの戦争を始めている。その最前線に労働者を立たせ、労働者同士を競争させ、殺し合わせようとしている。だがその手には断じて乗らない! 労働者が国際的に団結して闘った瞬間に、この戦争は政府を倒す闘いに転化することができる。
 労働者はこの社会のすべてを生産し、運営している直接の担い手である。しかし労働者はいまだに、労働がある限りで生きることができ、その労働が資本を肥え太らせる限りで労働にありつけるという転倒した状態にある。しかもこの30年の新自由主義はついに世界で崩壊し、第3次世界戦争の情勢にある。3・11で地上に置かれた原爆が爆発したことをも契機に、核戦争の情勢さえ生み出されている。
 この情勢は絶望だろうか。いや、日本でも沖縄で、福島で、そして全国の青年労働者をはじめ全人民の生きるための怒りが爆発寸前だ。日本と韓国そして世界は今や革命情勢だ。今こそ全世界の労働者の国際的団結で、帝国主義政府、スターリン主義政府を倒し、資本主義・帝国主義の時代を終わらせ、労働者が主人公の社会を作るときだ。
 われわれ、合同・一般労働組合全国協議会と東京西部ユニオンは、日本における新自由主義の出発点だった国鉄分割・民営化に絶対反対して闘い続けてきた動労千葉・動労水戸・動労総連合とともにたたかう階級的な労働組合として、本日の闘いの最先頭に立てることを誇りに思う。われわれは本日、民主労総ゼネスト突入と固く団結して、東京・杉並で連帯集会をよびかけた。今われわれは、4・26統一地方選挙で東京西部ユニオン・北島副委員長を先頭に闘っている。この闘いは児童館全廃阻止をはじめ、一地方議会選挙をこえて、全世界の闘う同志との国際的団結と労働者の社会実現を前進させるものと固く信じる。
 労働者階級の解放は労働者自身の事業だ。ともに闘い勝利しよう。団結! トゥジェン!
 2015年4月24日 
posted by 東京西部ユニオンブログ at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月03日

2014年12月!! 太郎よ! 今こそ「本当の事を言って何か不都合でも?」!!!

アベノミクスと戦争 絶対反対! 鈴木たつおを国会へ!

危機なのは安倍であり資本家どもだって事を本当に確信しよう!
さらに、危機なのは、ウソだらけの「保守」「革新」の全政党の崩壊ぶりだ!
アベノミクスは、新自由主義の崩壊のなれの果て、究極の腐りきった姿であり、戦争そのものだ。戦争はデタラメに、モノも労働者の命も消費させて、1%の資本家が延命する手段だ。戦争は別のやり方を通した政治の延長だ。 鈴木たつおの選挙宣伝では、毎日「国会で誰も言わない真実」をつきつけていく

労働者は人間だ!その誇りを奪うやつは絶対許さない!
このことを、どんな労働者でも必ずわかるし、団結できる!
 今、わがユニオンは、衆院選・東京8区の鈴木たつお候補の選挙の中心母体となって闘ってる。
2年前「山本太郎」に票を投じた杉並の7万、参院選の67万の人々は、太郎の決起の中に、
自分たちの、腹の底からの怒りをこめ、「今こそ本当の事を言おう!」と立ち上がった。
 単なる1票じゃない。山本太郎個人を超えて、人間の、労働者の、絶対譲れないものを賭けたのだ。
3・11とは何か? 原点に戻ろう! そして秘密保護法〜7・1集団的自衛権閣議決定〜今の解散・総選挙で、安倍自民党が(戦争・原発でしか生き残りを図れない資本家どもが)死ぬほど追い詰められている 
わが東京西部ユニオン、合同・一般労働組合全国協議会は貫いてきた。
鈴木コンクリート工業分会は、年収300万に満たない非正規の生コンドライバーの組合が
団結して、「闘いをやめて他で働いて生きる」道を拒否して「解雇撤回・非正規職撤廃」を貫いてきた事がどれだけ多くの労働者を励ましているか、動労千葉や動労水戸の労働者が、組合員以外の非正規・外注の労働者をも守るために身をかけてストをやってる意味がどれだけ激しいか、うわべのことばを超えて、海を越えて労働者の団結を広げてる。「今の太郎」こそ「本当の事を言うと不都合」になってしまったらしい。数あわせの「ブルジョア議会の論理」に浸りきっている諸々の連中の「オールジャパン(沖縄・福島)」のインチキで、どれだけ分断されてきたのか?

 「今の太郎」に起きてることは、一見、労働現場と異質な事のように見えるが、同じだ。本質は、わがユニオンが、階級的労働運動派が、あらゆる職場で数限りなく見てきたことだ。それは資本や国家権力の上等手段的な攻撃=「多数」「よりまし」をでっち上げた論理による労働者の怒りと団結の分断なのだ。「絶対反対」こそ最高にして最大の団結を作れる。しかし新自由主義の崩壊と支配の死に至る危機の中にある資本・支配者はありとあらゆるものを使って、とことん分断してくる。
 それとやっぱり「7・1」だ。戦争・改憲クーデターは、自民はじめ全政党の崩壊でもある。それはすべての政治勢力に等しく問われ、すべての労働者の明日どう生きるかの問題となった。「戦争か革命か」なのだ。いや、本気で生きるのか、本気で戦争も原発も被曝も止めるのか。過激派宣伝も脅迫よりも怖いのは「大衆」「多数」の幻想(実はこれが決定的なウソで、「本当の事を言っても勝てない」「カネと数には勝てない」という)で、要は今の資本・権力の攻撃は、「戦争絶対反対・原発絶対反対で団結するな! まして原則的に闘う労働組合、とことん労働者に依拠して、決して労働者の「上」に立たずに、ともに徹底的に闘う政党や組合を作るなんて止めてくれ、少数でも「本当の事を言う者」がいたら終わりだ、ということじゃないのか!?
鈴コン分会はほんとに、どこにでもいる(だからこそ個性的で頑固な)非正規の労働者が、日本最強の動労千葉と団結して、組合つぶしにも負けずについに解雇を白紙にさせ、職場復帰をもぎ取った!3・11のあった2011年の12月の3役解雇をはね返して、怒る労働者の先頭に立ってきた。3年で第1ラウンドの勝利を得た。

posted by 東京西部ユニオンブログ at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

国鉄解雇撤回・最高裁署名を! 1〜3月、歴史を画す歩みの始まりの上に!

3・11から3年、「ずっとウソだった」連中が
さらに開き直り、
さらにウソを重ね、
特定秘密にして葬り、
しかし綻びが次々と出て

反原発・反失業に唱和する格好している中にも
何とか今の社会の構造そのものをブッ飛ばすのは
無理だとか、やめようとか、
絶対反対で頑張る者の足を引っ張り、
「一本化」という連中が一番団結していなかったり

しかしまったく絶望じゃない
ふくしま共同診療所がどんどん知られ、支援が拡大し
国鉄闘争27年の解雇撤回・JR復帰求める動労千葉と国労の有志の闘いが
また、わが西武ユニオン鈴木コンクリート工業分会の闘いが
どんどん浸透してきた

既成の労働組合は度し難いけれど、その職場の労働者は怒って闘いを求め
圧倒的な未組織の労働者は、生きるために必死に労働組合・団結を求め
信じられないほどの粘り強さで 
じわじわ じわじわ 本質的な関係を つかみ始めてる
3・11は世界を変える起点になる そう確信できる3年目の郡山デモだった

3・16 西武ユニオン委員長が 代々木公園の春闘大行動の集会で
基調報告をし
「奴らにおこぼれもらってるんじゃねえ!」と官製春闘を一喝
労働者こそ社会を変える主人公
労働者こそ原発なくす主人公

袴田事件再審の報道
あの元裁判官のうめき声が、今の支配の本質を射抜く
ねつ造 ひどさ これが今の社会
JR北海道で現場ではなく 歴代政府と大資本・JR経営がやらせたじゃないか
川崎事故ー北海道だけじゃないことを事実で示した
だから国鉄署名を集めよう
怒りを集めよう

posted by 東京西部ユニオンブログ at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

晴れ晴れと言おう 労働者は負けない、必ず勝つ! 腐った者を踏みしだいて!

現実の活動は
なかなかブログ更新をさせてくれません!
以下、鈴木たつおとともに歩む会他からのコピペ含みます……

3/1ビキニ被曝から60年! 何が何でも全原発廃炉! 東京集会
●3月1日(土)18:30 ●杉並産業商工会館3階ホール(JR阿佐ヶ谷駅南口から歩5分)

★3・11から3年目! 反原発福島行動2014
●3月11日(火)郡山総合体育館


3.1ビラ.jpg

★★過労死を許さない闘う労働組合を
   3・16春闘大行動へ
  3月16日(日)13時 代々木公園ケヤキ並木(NHK横)
  3.16春闘大行動実行委員会(呼びかけ:合同・一般労働組合全国協議会)


★★西部ユニオン&合同一般全国協の代表的分会・鈴コン分会の都労働委員会審問の傍聴へ
  3月12日(水)14時 都労働委員会審問室(第一庁舎34階)
   ※この日は、鈴木コンクリート工業資本の強欲社長・鈴木富美子氏と会社御用団体代表を追及!!


鈴木たつおとともに歩む会
都知事選でのご支援ありがとうございました

2014年2月14日

今回の東京都知事選挙においては、鈴木たつおに多大なご支援をいただき、鈴木たつお本人をはじめ選挙事務所スタッフ一同、心よりお礼申し上げます。投票いただいた12684票は「労働者の力でこの社会を根本から変革する」という鈴木たつおの主張に、心からご賛同いただいた票です。この熱い想いを基盤にして、ただちに次の闘いへ踏み出します。

私たちは鈴木たつおの主張を伝えるために、ポスター・街頭宣伝・電話・選挙ハガキと、選挙事務所スタッフと多数のボランティアが一体となって闘いました。マスコミの「鈴木たつお外し」は、安倍政権と、保守・革新を問わず体制内政治勢力の危機の表現です。これこそ3・11で暴かれたものです。安倍内閣も舛添都政も、危機的で破産的だから戦争・改憲・民営化・原発に突進しています。鈴木たつおが訴えた「一千万人の怒りでアベ倒そう」は、ますます現実的なスローガンだと自負しています。

さらに今回の都知事選挙をめぐって、東京の労働(組合)運動に大流動が生み出されました。外注化・非正規職化のもと低賃金・長時間・過労死の現実に怒る現場に満ちていたのは、鈴木たつおが主張した「闘う労働組合の再生」への熱望でした。青年労働者の熱い反応には、私たちも励まされ確信を深めました。

選挙ボランティアには、多くの学生・青年が参加してくれました。若い労働者が、この選挙をつうじて「嘘とカネによる支配」は転覆できることに確信を深めています。鈴木たつおが挑戦した意義は無限に広がる可能性に満ちています。みなさんのご支援がこのような形でつながっていくことこそ、みなさんへの最大のお礼となると信じます。ありがとうございました。

2014年2月
鈴木たつお選対本部事務局長・北島邦彦
鈴木たつお選挙事務所スタッフ一同

posted by 東京西部ユニオンブログ at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。