2013年04月15日

闘うメーデーへ! 大失業と戦争を止めるためにこそ体をはろう!

イラク戦争10年後に米の劣化ウラン弾による内部被ばくの悲惨な影響や、アベとクロダのニセ札刷り・戦時財政〜こそ、「北のミサイル」の何百倍も恐ろしい
 イギリスの労働者は、サッチャーの死に祝賀暴動で応えた!(労働者階級発祥の地がよみがえりつつある!)

 万国の労働者、団結して、大失業と戦争を止めるため、その根源を葬るためにこそ体をはろう!
 ★4・20高円寺デモ〜4月全国スト〜5・1メーデーへ、一緒に行こうぜ!


659378518134[1].jpg
▲4・14入管集会、感動的に勝ちとられる!

■本日のもくじ
●たたかいの予定 4・20反原発☆反失業 高円寺デモ〜〜いろいろ
●フォト!!! サッチャーの死 祝賀暴動が英国各地で爆発
●動労水戸情報・被ばく労働拒否の闘い&外注会社のデタラメ暴く
●ひと言!(西部ユニオン「自治体労働者への熱い連帯アピール」)
●首都圏の自治体青年労動者の訴えより
●中東2国と原子力協定 5月首相訪問で調印 2013年4月14日 05時26分東京(共同)
●MOX燃料、仏を近く出港 高浜3号機向け、福島事故後初4月12日 20時08分東京



◆◆たたかいの予定

★★★放射能もアベノミクスもいらん!! 
4・20反原発☆反失業 高円寺デモ★★★
■4月20日(土)17:30集合 18:00出発
■高円寺北公園(高円寺北3-20)デモは〜駅前〜高円寺南〜界隈一周(40分位)
■よびかけ すべての原発いますぐなくそう全国会議(NAZEN)・杉並
メッセージボードなど各自持参を
linesgif5B15D5B15D-thumbnail2[1].png
★★★尼崎事故弾劾! 外注化・非正規化粉砕!
4・20全国総決起集会★★★
■4月20日(土)午後1時 JR尼崎駅北口広場
■呼びかけ/動労千葉、国鉄闘争全国運動・関西準備会

★★★証拠開示の力で、無実の星野文昭さんの再審実現を!4・21星野解放集会★★★
■4月21日(日)13時開場
■阿佐谷地域区民センター3F(阿佐谷駅南口とほ3分)
■講演 桜井昌司氏(元布川事件再審請求人)岩井信氏(弁護士)今井恭平氏(ジャーナリスト)
※※4/22には、高裁に対する包囲デモ!

★★★改憲と戦争を阻もう4.28全国集会★★★
とき◆4月28日(日)午後1時 開会
ところ◆ハイライフプラザいたばし(JR埼京線「板橋」西口1分)
講演◆水島満久さん(元全駐労マリン支部副委員長)、柴口正武さん(福島県教組副委員長・前双葉支部長)/資料代500円
主催◆とめよう戦争への道!百万人署名運動(tel.03-5211-5415)



★★フォト!!! サッチャーの死 祝賀暴動が英国各地で爆発

article-2305760-192E8FED000005DC-480_634x422[1].jpg

article-2306165-192F0218000005DC-764_634x422[1].jpg

article-2306165-1930F594000005DC-166_634x441[1].jpg


★★動労水戸情報・被ばく労働拒否の闘い&外注会社のデタラメ暴く

da4a0a6e[1].jpg

74c402eb[1].jpg


★★ひと言!(西部ユニオン「自治体労働者への熱い連帯アピール」)

大幅賃下げ絶対反対! 全国ストライキ断固支持! 全労働者の団結こそ生きる道!
国による給料1ヶ月分強奪など許さない!
ウソ八百のアベノミクスにだまされない!
たたかえば、バッシングはぶっ飛ばせる!

▼自治体で働くすべての労働者のみなさん!
 いま、国は、とんでもない攻撃に出ています。国家公務員に続いて、全公務員(360万,公共部門計500万人)の賃金を今年の夏から一律7・8%下げようとしています。東京も都議選後に必ずきます。やり方は暴力的です。しかもアベノミクス宣伝と一体で「公務員の賃下げをしたら他の労働者が良くなる」かのようなウソ・ペテンです。これはドレイになれということです。
3月29日成立4月1日施行<地方交付税法及び特別会計に関する法律の一部を改正する法律>「地方公務員給与費の臨時特例として平成25年7月から国家公務員と同様の給与削減(月給7.8%,一時金1割)実施を前提に、単位費用の額を改正」
※人件費削減努力した自治体には地域活性化の名目で別個にカネやる(!)
(原発立地自治体や沖縄へのやり方と酷似! 自治体労働者の賃下げ・人減らしに協力したらカネをくれてやるという国家―腐り果ててる!!)

 絶対許さない! 全労働者にすぐ影響します。最低賃金並で働く多くの青年たちは今でも死因の半分が自殺、結婚も家庭も未来もない社会なのに―腐った国家と資本によってさらに殺されるのか? 生活保護も一緒に削られます。労働者―現場の公務員には何の責任もないのです。自己責任?それは恐慌と3・11原発事故を自ら招いた「命よりカネ」の国家と資本にこそ、たたきつける時です!
▼自治労が4・26全国統一ストを決定
 国と大資本家は「雇用の流動化=10割非正規化」を公言しています。闘えない労働組合は、ナメられてたたきつぶされます。労働者分断のための「公務員バッシング」は、自治体労働者がストに立ち上がれば、アッという間にぶっ飛ばせます! ふざけるな!という現場の声に対して自治労本部は4・26全国ストを決めました。29年ぶりの歴史的な情勢です。しかし現場には伝わってもいません。今こそ労働組合をよみがえらせ、上部団体や党派の壁をこえて連帯して闘いましょう!
  自治体労働者が人員削減・長時間労働・バッシングへの怒りを解き放ってたたかえば全労働者の先頭に立てます。
  自治体の非常勤・委託労働者は西部ユニオンに加入して団結してたたかいましょう! 闘って生きぬこう!

51kamotu[1].jpg

国鉄解雇撤回・JR復帰の10万人署名を集めよう!→→いま、自治体〜全産業の労働者への賃下げの核心は、「労働組合なんて無力だ、闘っても勝てない」という敗北感を押しつけることだ、しかし安倍よ、資本家よ、なめるな!!! 国鉄闘争26年、そして、毎年3万人も殺され続けてきたこの10数年の怒りのマグマが爆発することに、お前らこそ、恐れおののけ!!


★★首都圏の自治体青年労動者の訴えより
7.8%賃下げ反対!  青年部結成しストを!
 ■現場の怒りこそ絶対に正しい!
 …1ヶ月タダ働きという賃下げに怒らない労働者はいません。「何か悪いことをしたのか」「残業が多くて疲れてるのにもうやってられない」「生活は火の車だ」―この怒りの声は絶対に正しい!
非正規・失業・ブラック企業が蔓延する中で「公務員はまだいい」と言われ続け、自治体労働者はそうしたバッシングにある意味慣れてきてしまった面があると思います。「公務員は叩かれても仕方ない」と。こうして過重労働や低賃金への怒りは押しつぶされてきたのです。
 …でもやはり今こそハッキリさせるべきです。1987年の国鉄分割・民営化以降26年の間に、どれだけ公務職場が民営化され、非正規化が進んできたか。人員が極限まで減らされ、どれだけメンタルの疾患が増加してきたか。そしてそこまでやっても財政はまったく改善せず、むしろどんどん悪化し、それでも「労働者が悪い」とたたかれてきたのです。
もう我慢ならない! 「財政健全化」なんて言って、やっていることは財政破壊であり地方自治破壊であり、労働運動つぶしじゃないか。責任は私たちにあるんじゃない。「国がやってきたことのツケを労働者に押しつけるな!」とすべての労働者の先頭で自治体労働者こそが怒る時です。
 ストをやれない理由なんて、言い出したら山ほどある。でも組合員のせいにするのはやめよう! 執行部が必死さを見せることが必要です。組合役員が必死で「これはとんでもない攻撃だ」「ストライキやって当然なんだ」「労働者全体の問題なんだ」と組合員の先頭で怒ること、ちょっと困難に見えてもスト配置を具体的に準備することが、本当に組合の復権につながると思います。
 …若い世代はストなんて見たことも聞いたこともない。ストライキをやって役員が処分される位のことがあって初めて、組合への不信感が信頼に変わるのではないでしょうか。
 ■初めての朝ビラを配って解放感!
 私自身執行委員の1人として、こうした議論を執行委員会で始め、やっと20年ぶり(!)の朝ビラと「給与削減反対」の全員署名の取り組みが始まりました。全体に呼びかける賃金学習会も設定されました。朝ビラを役員としてやるのは初めてですが、十数人が時間を決めて赤い腕章を付けマイクで訴えながらビラを配り、正直感動しました。「こういうことをやると、何より執行委員が団結するんだな」と感じました。
 自治労には行政職、現業職、非常勤職員と様々な職員が加盟しています。ともすると行政の効率化を実施する側の職員と、合理化される現業職、要求を出す非正規職員と、労働者同士が対立させられてきました。でも今回の賃下げ攻撃は全部が一丸となって闘う大チャンスです。闘って、分断をのりこえて、団結を取り戻そう!
 この賃下げは何より青年にとって大問題です。そもそも4月に入った新入職員に、いきなり7月から賃下げなんてよく言えたものです! 「そもそも全然上がらない」「生活保護は三年間で7・3%、うちらはいきなり7・8%下げるのか」「アベノミクスでよくなるわけがない」と国の政策そのものに対する怒りがわき出ています。「自分の賃下げも困るが、それが次の世代にまで強制されることはさすがに黙っていられない」と青年が立ち上がり始めています。ここにすべての展望があります。
 青年が闘いの主体になる賃下げ阻止闘争を全国でまきおこそう。そのためにも一つの拠点、一つの青年部を作り上げるという飛躍が必要です。
 4・26ストライキを新しく入庁した仲間と共にやりたい! でも今の組合のままでは無理だ!
労働組合を生まれ変わらせる闘いとして、スト貫徹・青年部結成に突き進みたいと思います。 (『前進』第2579号 4/8「青年の職場から」より抜粋)


中東2国と原子力協定 5月首相訪問で調印 2013年4月14日 05時26分東京(共同)
 政府は13日、日本の原発輸出を可能にする原子力協定をトルコ、アラブ首長国連邦(UAE)の両国とそれぞれ締結する方針を固めた。近く閣議決定する。5月上旬の大型連休中に安倍晋三首相が両国を訪れた際、個別に調印式を行う。政府関係者が明らかにした。

MOX燃料、仏を近く出港 高浜3号機向け、福島事故後初4月12日 20時08分東京
 関西電力は12日、福井県高浜町の高浜原発3号機向けに製造されたプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を積んだ輸送船2隻が近く、フランスのシェルブール港を出発すると発表した。MOX燃料輸送は東京電力福島第1原発事故後初めて。
 関電は、核物質防護に関わるとして、輸送ルートや日本到着時期は出港後に公表するとしているが、過去の実績から約3カ月で到着するとみられる。今回の輸送量は日本到着後に公表する。高浜3号機向けMOX燃料集合体はフランス・アレバ社製で、関電が2008年11月に20体を発注。(共同)
posted by 東京西部ユニオンブログ at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。