2013年04月10日

4・26全国スト情勢から5・1メーデーへ!

4・26全国スト情勢から5・1メーデーへ!
 労働者の国際連帯の力で、米日の朝鮮侵略戦争を止めよう!

 4・20反原発(核戦争阻止)・反失業(解雇撤回) 高円寺デモへ!
※4・14入管全国研究交流集会〜4・21〜22星野全証拠開示運動へ



■本日のもくじ


●4・20<反原発★反失業>高円寺デモへ
●フォト
●ひと言「アベノトリックス」―先は真っ黒な戦争
●「4・26スト」情勢と5・1メーデー
●「偽装」について−日刊・動労千葉から
●福島第一 水漏れ貯水池継続 規制委使用容認 代替策なし4月9日7:10東京新聞



★★★放射能もアベノミクスもいらん!! 
4・20反原発・反失業 高円寺デモ★★★

■4月20日(土)17:30集合 18:00出発
■高円寺北公園(高円寺北3-20)デモは〜駅前〜高円寺南〜界隈一周(40分位)
■メッセージボードなど各自持参を
 ●よびかけ:すべての原発いますぐなくそう全国会議(NAZEN)杉並
 ●連絡先: 東京都杉並区天沼2-3-7 さかいビル2A TEL 03-6794-7101


linesgif5B15D5B15D-thumbnail2[1].png

 ☆「アベノミクス」というより「アベノトリックス」だ!
やってることは、大資本丸儲けのために、首切り・賃下げ・インフレ! そして原発再稼働・輸出・増設! ☆もう許さん! 
 ☆私たちは、2年前の3・11から、大小30回くらいのデモ、学習会をやってきました。もっとやります。
 ☆解雇撤回闘争をやってる東京西部ユニオンも仲間も参加します。
 ☆原発廃炉へ、そして首切りと闘い、非正規職撤廃を!
 ☆3・1〜3・31の怒濤の3月に続き、毎日でも、ストとデモに起つときだ。
 ☆「奴ら」は3・11を全く逆にとらえている!


★★フォト
(あちこちからイタダキました!!)

326日機[1].jpg
▲日本機会スト・構内デモ(3.26八王子)
328モリタ[1].jpg
▲ちば合同労組モリタメディック分会スト(3.28上野本社前行動)
モリタ・鈴コン.jpg
モリタ・鈴コン2.jpg
▲ちば合同モリタへの支援行動する西部ユニオン(上3.14,下3.24三里塚で檄布)
3.31渋谷デモ.jpg
3.31渋谷ハチ公1.jpg
3.31渋谷ハチ公2.jpg
▲3.31春闘渋谷デモ、ハチ公前街宣で(中,西部ユニオン吠える。下,アメアパハイセンスな横幕)
0401篭原[1].jpg
▲JR外注化阻止行動(4.1篭原)にも鈴コン登場!


★ひと言「アベノトリックス」―先は真っ黒な戦争

 「株高」「アベノミクス」と騒いでいるが、インチキでブラックな「アベノトリックス」だ。世界大恐慌は深まり、米欧日から全世界で雇用も設備投資も何ら展望ないのに「あぶく銭」を稼ぐ奴らがいる。しかし保障するものは何もない。だからそのツケはただでさえ搾取しつくしてきた労働者からさらにぶんどろうとしている。それが大幅賃下げと増税だ。インフレも=賃下げだ。資本家丸もうけなのだ。許しがたい。…ところで、世界の資本家や経済界でも、安倍=日銀黒田の「異次元の金融緩和」は、ギリシャやキプロス以上の財政破綻国日本によるとんでもない通貨戦争・なぐりこみと捉えられている。資本主義・帝国主義は最後はお互い生き残りの絶望的戦争でもなんでもやる。争闘戦の時代に入りつつある。アベノミクス(トリックス)は、まさに戦時財政そのものだ。先は真っ黒な戦争なのだ。資本主義・帝国主義は終わってる。全世界で労働者が新たな団結と闘いに立ち上がって巨大なデモとストをやってる。日本でも動労千葉・動労水戸・動労西日本先頭に、春闘スト決起が火を噴いてる。4・26自治労全国スト情勢は、自治労本部の思惑をこえて、現場の怒りに点火を始めた。
▼米日はお互い争闘戦を強めながら、米の経済・財政の破綻と新軍事戦略による対アジア・対中国戦略を軸に、安保・沖縄攻撃を強めている。この中で、米韓合同演習は演習とはいえない実際の戦争そのものとして3〜4月長期間行われいてる。この点マスコミはほとんど報道しない。腐ってる。マスゴミと言われても仕方ない。この中で、対中国圧力を基軸にした大演習の恫喝にあおられたのが北朝鮮だ。いまやマスコミは「北朝鮮=孤立した悪者」論を毎時間垂れ流している。
 しかし問題は、アメリカはなんで「世界の警察面」して朝鮮半島〜東アジアで戦争演習をくり返して(それは対北朝鮮だけでなく中国や日本も牽制・恫喝)いるのに何の批判もされないのか「世界の摩訶不思議」なのだ。イラクではありもしない「大量破壊兵器」を口実に何十万の人々を殺したのか? 今、イラクでは劣化ウラン弾という核兵器で、生まれてくる子どもたちに先天性の異常が多発している。チェルノブイリでおき、これから福島で起ころうとしていることはイラクでも現にあるのだ。米兵も大量に被曝しているが国防総省は隠している。ヒロシマ・ナガサキ・ビキニ以来の米帝国主義の実態がこれだ。差別分断の米国社会で黒人大統領が、「資本主義・帝国主義の危機突破のため、資本家の利害を守るためには対中国対決のためにも朝鮮半島で核さえ使おう」というのが今の戦争危機の真実の姿だ。日本政府は3月22日、沖縄県にこそ泥的に「辺野古公有水面埋め立て申請」を強行した。その1カ月前に安倍は日米首脳会談で「普天間基地の辺野古移設」を公約した。新自由主義の破産の中で、さらに極限的な沖縄の労働者人民への攻撃だ。これは米日の経済・財政の破綻と争闘の激化をすべて労働者への犠牲で突破しようというものだ。3・11以降、反原発と沖縄基地撤去の闘いが結びついている。これへの危機感と分断・破壊でもある。
▼労働者が、国家主義・排外主義に安易にあおられて核戦争に賛成することなど絶対にない。今の賃下げ・非正規化・外注化によって資本を救い、さらに労働者から収奪して戦費をかせいで戦争やっても、死に至る病を患っている資本主義に未来はない。
今こそ労働者の国際連帯を爆発させよう。
 国際連帯の発展で新自由主義−侵略戦争・核戦争を阻止しよう!
 4・28−5・15沖縄闘争をたたかおう!
 4・28、政府による「主権回復の日」記念式典弾劾!沖縄の労働者と団結して闘おう!
●●4・14「外登法・入管法と民族差別を撃つ」第24回全国研究交流集会
※4月14日(日)午後1時 横浜市鶴見公会堂(JR鶴見駅西口フーガ6F)
▼国際連帯の発展で新自由主義を打ち破ろう
  ▼新たな入管体制許すな! 在留カード制度粉砕! チャーター機での強制送還反対!
 ●●4・28全国集会
 「福島・沖縄の怒りとつながり、国際連帯で改憲と戦争をはばもう!」全国集会
 ※4月28日(日)午後1時〜 ハイライフプラザいたばし(JR板橋駅西口1分)



★「4・26スト」情勢と5・1メーデー



賃金と一時金の削減絶対反対! 4・26自治労全国ストを打ち抜こう!


公務員360万人、関連労働者含めて500万人の7・8%賃下げ=「賃金1ヶ月分カット」×数年という、戦後史上最悪の攻撃がかけられている。今年の7月からだ。一時金も1割カット、退職金は400万円カットだと。もともと積み立てたものじゃないか。あるいは、戦後米占領軍統治下で政令201号で「スト権など労働者基本権剥奪の代償」として人事院制度をつくり、雇用は保障(だから失業保険もない)してきた。東京23区などは6月都議選・7月参議院選あとに必ずやってくる。さらにJR貨物も10%賃下げを5月から狙ってる。自治労4・26全国スト情勢の先頭に立って、動労千葉・動労総連合と自治体労働者と固く団結して闘おう! しかし政府も資本家もとんでもなく破綻している。絶対反対派が労働者の怒りを怒りとして解き放つ闘いに立ち上がれば、この改憲ともいうべき攻撃は、公務員に留まらず全労働者の労働者性の復権として荒々しく甦る。4・26ストを貫徹しよう! 全産業で4月ストに決起しよう。
 職場に力をうち立てよう。それが闘うメーデーをかちとる力だ。
★★資料−こいつらの本音を見よ!
▼ 2月15日 第2回規制改革会議 
 ●株式会社ニチレイ代表取締役会長浦野光人委員
「雇用で狙っているのは流動化、柔軟性ですが、大きな問題として公務員の身分保障の問題がある。ここが流動化しないと、民間の中だけの流動化を考えてもうまくいかない。正に岩盤だと思う」
▼3月14日 ●日本経団連「道州制実現に向けた緊急提言」発表。
「わが国経済が長期低迷状態を脱し、活力を取り戻すためには、活性化を阻害する制度等を抜本的に見直し、有効な経済政策を実行に移すことと併せて……民間活力を十分に発揮できるよう、国・地方の統治制度を根本から転換することが不可欠である」「改革の先送りはもはや許される状況にない」


★★日刊・動労千葉4/4 NO.7484から


n7413b[1].jpg

外注化粉砕!JRに戻るまで闘い続けよう  第2ラウンドの火蓋きる!

 13春闘勝利、外注化粉砕、久留里線ワンマン化阻止のストライキご苦労様でした。外注化強行から丁度半年。外注化強行への怒りと悔しさをバネに、矛盾だらけの職場の現実を突いて新たな闘いが始まった。
 外注化との13年間の闘いは、民営化・外注化・非正規職化攻撃に真正面から挑む歴史的な闘いであった。これまでの労働運動の歴史の中でもほとんど前例のない闘いであったと言っても過言ではない。そしてそれは、検修・構内のみならず、JR東日本全体の外注化政策を揺るがす大きな地平を切り開いた。
 外注化は雇用と安全を破戒する攻撃だ。《雇用と安全》はどんなことがあろうと譲ってはならない問題だ。われわれは外注化攻撃を粉砕してJRに戻るまで絶対に闘いの旗を降ろさない。…

厚生労働省は、請負業務が適正に行なわれているか否かについて、次のような指針をだしている。まずこれをよく読んでほしい。

Q 発注者が直接請負労働者に指示を行なわないのですが、発注者が作成した作業指示書を請負事業主に渡してそのとおりに作業を行なわせてもいいですか。

A 適切な請負と判断されるためには、業務の遂行に関する指示その他の管理を請負事業主が自ら行なっていること、請け負った業務を自己の業務として相手方から独立して処理することなどが必要です・・・
 発注者が作業の内容、順序、方法等に関して文書等で詳細に示し、そのとおりに請負事業主が作業を行なっている場合も、発注者による指示その他の管理を行なわせていると判断され、偽装請負と判断されることになります


福島第一 水漏れ貯水池継続 規制委使用容認 代替策なし
2013年4月9日 07時10分東京新聞


地下貯水池図解[1].jpg

 東京電力福島第一原発の地下貯水池から、高濃度汚染水を処理した水が漏れた事故で、原子力規制委員会の更田(ふけた)豊志委員は八日、今後も貯水池の使用を認める方針を明らかにした。しかし、水漏れの原因は分かっていない。同じ構造の貯水池に汚染水をため続けると新たな漏れが起きる恐れがある。…
(★続きは→→http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013040990071027.html )

posted by 東京西部ユニオンブログ at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。