2012年11月01日

11・4大結集で「我欲の固まり」石原たちをぶっ飛ばそう!

11・4労働者集会で、「彼ら」がいちばん恐れている労働者の団結を実現し、野田・安倍・橋下・石原…全部まとめてぶっとばそう!

pr20121104c[1].gif

teotsunago05_image[1].jpg
(▲全日建運輸連帯関西地区生コン支部のHPのカットより)

911-02[1].jpg
▲昨年9・19明治公園6万
s20111107a-1-thumb-200x129-6095[1].jpg
▲昨年11月日比谷集会 約6000人が集まり、絶対反対派の強い団結を生む
s20120312a-3-thumb-200x127-7213[1].jpg
▲今年の3・11原発いらない県民集会(郡山)
PK2012071702100120_size0[1].jpg
▲7・16代々木公園17万人

■本日のもくじ
●ひと言!
●必見!反原発映画 NAZEN2012.10.30  HPより
●外注化阻止ニュース NO.41(10/29)
●野田首相に「明日への責任」を語る資格ない!動労千葉を支援する会・習志野より10/30
●記者の目:沖縄米軍基地問題 毎日新聞 2012年10月30日 00時04分(抜粋)
●アメリカ労働運動とオキュパイに学ぶ集い 2012/10/30 14:50 百万人署名運動hpより
●“労組として闘うべき” 大阪市職大会 入れ墨処分で意見続出 前進2558号10/29より
●韓国・現代自動車で非正規職撤廃求め工場包囲2012年10月30日20:13前進・速報版より
●森本防衛大臣は就任前、何と言ってたのか!露骨に核武装ネラう!9/6共同通信より
●米3原発が停止 ハリケーンで2012/10/31 05:17 【共同通信】
●線量計 隠し現場へ 実態暴けぬ厚労省調査 2012年10月31日 07時04分 東京


★★ひと言!
石原慎太郎−無責任に職を投げだし戦争をあおる卑劣漢を許さん!
 以下、全国労組交流センタービラより抜粋・引用
  …一部マスコミが持ち上げてるが、まったく無責任で反動的なパフォーマンスだ!
そもそも都政を破壊した「我欲」の固まりが石原だ! 大赤字を出した「新銀行東京」は息子の選挙のためだったことは有名。オリンピック誘致騒ぎも企業利権のため。我欲の固まりだ。日の丸・君が代を強制して教員を処分しまくって学校をめちゃくちゃにしたのも石原だ。そして「尖閣購入」! 極めつけは東京都とまったく関係のない尖閣諸島(釣魚台)の購入を騒ぎ立て…これを利用して野田首相が国有化を強行。一方的な略奪行為。…
この先には戦争しかありません。無責任な戦争挑発です。…
 改憲・戦争のために「大連合」叫ぶ 野田・安倍・橋下・石原・・みな労働者の敵だ!…11・4労働者集会で、彼らがいちばん恐れている労働者の団結を実現し、…全部まとめてぶっとばそう! 


★必見!反原発映画 NAZEN2012.10.30  HPより
☆園子温監督の『希望の国』、http://www.kibounokuni.jp/
20121030_239624[1].jpg

船橋純監督の『フタバから遠く離れて』。http://nuclearnation.jp/jp/

20121030_239625[1].jpg

どちらも素晴らしい作品。悔し涙が止まらないです。仲間と映画をみに行くのもひとつのアクション。もうすぐ終わってしまうので、お早めに!
★→→http://blog.nazen.info/?eid=434 

★外注化阻止ニュース NO.41(10/29)
gaityuukasoi-1[1].jpg


野田首相に「明日への責任」を語る資格は全くない!動労千葉を支援する会・習志野より10/30
 昨日(10/29)、臨時国会が開かれ、衆議院で野田首相の所信表明演説が行われました。そこで、野田首相は「明日への責任」を乱発しました。
 しかし、野田首相に「明日への責任」を語る資格は全くありません。福島の子どもたちに被曝を強制し、子どもたちから未来を奪っているのは野田首相ではありませんか。原発事故も収束していないのに、「事故収束宣言」をだして原発を再稼働させ、消費大増税を強行し、沖縄にオスプレイを配備するのを認めたのも野田首相です。野田首相のやっていることは、労働者人民から未来を奪うことそのものです。
 野田首相の言う「明日への責任」は、資本家階級の利益のために、資本家の代表としての政治家として言っているだけです。こんなものに、労働者人民の未来はありません。
 労働者人民の未来は、労働者人民の闘いによって切り開くしかありません。闘う労働運動を職場からつくりだし、団結して政治家・官僚・資本家どもをぶっ飛ばす以外にありません。
 11・4全国労働者総決起集会こそ、労働者の団結した力こそが社会を変え、歴史をつくりだす唯一の力だと確信がもてる集会です。11・4集会の大結集で、野田、安倍、橋下、石原などを全部ぶっ飛ばし、労働者人民の未来を切り開こう!
★→→http://kaze2011dc.blog.fc2.com/blog-entry-503.html 


記者の目:沖縄米軍基地問題 毎日新聞 2012年10月30日 00時04分(抜粋)
 …沖縄県民の反基地感情が最高潮に達している。米軍の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ12機が普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に強行配備され、墜落事故への不安をよそに、日米合意の運用ルール違反とみられる、基地区域外での回転翼(ローター)を上に向けた「ヘリモード」飛行訓練が常態化している。さらに米兵による女性暴行事件も起き、火に油を注ぐ。歴代政権は「基地負担軽減」の甘言を繰り返しながら全国の米軍専用施設(309.64平方キロ)の73.9%が沖縄に集中する現実は動いていない。もはや沖縄から声を上げるだけでは状況は変わらないのではないか。…
…封鎖から見えたかつてない怒り
 オスプレイが配備された今月1〜6日の前後10日間、普天間飛行場周辺を中心に取材した。これまで、昨年末に政府が普天間移設の環境影響評価書を沖縄県庁に提出した際の攻防などを現場で見てきたが、今回は特に県民の怒りの強さと広がりを感じた。
 象徴的だったのは、配備反対の座り込みをする市民らが普天間飛行場の各ゲートを封鎖した行動だ。市民らは9月29日、台風17号の直撃に伴う暴風雨の中、ゲート前に車を集めてバリケードを張った。翌日、沖縄県警に強制排除された際も激しく抵抗し、怒号や悲鳴が飛び交った。…
(★全文は→→http://mainichi.jp/opinion/news/20121030k0000m070102000c.html ) 


アメリカ労働運動とオキュパイに学ぶ集い 2012/10/30 14:50 百万人署名運動hpより

135151096950413116883[1].jpg

原発いらない福島のおんな・椎名千恵子さんが呼びかけて、10月26日に在日韓国YMCAで「脱原発運動のこれからを考える労働者・市民の集い」がありました。アメリカから来日されたスティーヴ・ゼルツァーさん(「レイバーフェスタ」主宰)から「3・11以降のアメリカ労働運動・ゼネスト・オキュパイ」の報告をうけ、日本側からも動労水戸、連帯ユニオン関生支部、東京西部ユニオン・アメリカンアパレル分会、「持たざる者」の国際連帯行動からの元気な報告がありました。
 開会の挨拶で、椎名さんは、この集会を呼びかけた問題意識の底流となったものとして、今年の7月に約2週間かけて回った反原発アメリカ・カリフォルニアツァーでの体験をあげました。その中の「船上ツァー」は船の中で労働運動の歴史を学ぶものでしたが、そこで港湾労働者の抵抗運動の歴史に触れ、「世界をつくり支えているのは労働者。ならば、世界の流れを変えられるのも労働者」を実感したそうです。福島の不安と苦悩を解決するためにどうしたらいいのか、今の脱原発運動をさらに大きく広げるためにどうしたらいいのか、世界を変えたい!と思ったとき、労働運動が非常に大きな役割を持っているんだと腑に落ちたということでした…
(★続きは→→http://million.at.webry.info/201210/article_12.html )
135157477597613123499[1].jpg


“労組として闘うべき” 大阪市職大会 入れ墨処分で意見続出 前進2558号10/29「11・4大結集へ全国で闘い進む 職場から労働組合再生を」より抜粋
…9・16橋下打倒集会は、10・1JR外注化阻止決戦と完全に一つの闘いとして闘われました。新自由主義攻撃の核心である民営化・外注化=「10割非正規職化」攻撃と全面的に対決し、闘う労働組合をよみがえらせる歴史的転換点に押し上げることができました。
 何より大阪市職において決定的な決起が始まっています。10月13日に行われた大阪市職の定期大会では、いくつもの支部から「入れ墨処分は個人への攻撃ではなく組織への攻撃だ」「支援ではなく組合として闘うべきだ」などの意見が続出。現場の怒りの激しさが市職本部を直撃したのです。…
(★全文は→→http://www.zenshin.org/f_zenshin/f_back_no12/f2558sm.htm#a3_1 )


韓国・現代自動車で非正規職撤廃求め蔚山工場を包囲2012年10月30日 20:13前進・速報版より
 10月26日、金属労組は、現代自動車蔚山(ウルサン)本社工場に対する包囲闘争に立ち上がった。蔚山工場では、10月17日夜以来、現代自動車の2人の非正規職労働者が正規職化を要求して高さ50メートルの送電塔に上がり、高空籠城闘争を闘いぬいている。この日午後4時30分から送電塔の下で、金属労働者決意大会が開かれた。工場正門前からデモ行進し、700人に膨れ上がった決意大会だ。これに先立ち、蔚山、牙山(アサン)、全州(チョンジュ)の現代車3工場の非正規職労働者約400人が工場正門前に結集、蔚山工場非正規職支会のカンソンヨン首席副支会長が「今年は必ず正規職化をかちとり、工場に堂々と帰ろう」と檄を飛ばした。さらに3工場の非正規職組合員1000人はこの日夜、全面ストライキに突入し、27日明け方まで徹夜の座り込みを敢行した。…(★続きは→→http://www.zenshin-s.org/zenshin-s/sokuhou/2012/10/post-1789.html )
.

◎森本防衛大臣は就任前、電力関係の講演会(2012年1月)で何と言ってたのか!
コイツは、露骨に核武装ネラッてる奴だ!

以下、主な発言内容(共同通信9/6)  

【原発維持の理由に国防】「周辺国へ抑止的機能」 就任前に森本防衛相/平和利用の原則揺るがす
主催者の講演録によると、 森本防衛相が講演で発言した主な内容は次の通り。
 一、国の基本として原子力を持つということは、単にエネルギーの問題だけではない。今まで積み上げてきた日本の原子力技術をわれわれは失うべきではないし、国家遺産と言っていいくらいのレベルだから、さらに技術を上げて人材を育成するべきだ。
 一、日本が原子力について高い能力を持っているということが、周りの国から見て非常に大事な抑止的機能を果たしていることを考えると、決して(原子力を)捨てるべきではない。
 一、電力会社はなんとか電気を安定的に供給しようと、原発を化石燃料で補ってきた。その努力がなかなか伝わらないから「原発がどんどん減っているのに電気はいつもついてるじゃん」という単純な考えが広がる。家庭の電気を毎晩2時間ぐらい止めたら皆分かる。
 一、原子力を捨てるわけにはいかない。「事故が起きたからやめましょう」というのでは、何のために人間の知恵があるのか。知恵で困難を克服し新しい技術開発の道を求めて、乗り越えていかなくてはならない。
(★全文は→→ http://www.47news.jp/47topics/e/234264.php )


米3原発が停止 ハリケーンで2012/10/31 05:17 【共同通信】
 【ワシントン共同】米原子力規制委員会(NRC)は30日、ハリケーン「サンディ」の影響により東部ニューヨーク、ニュージャージー両州で原発3基が停止し、別の1基でも異常な水位上昇による警戒宣言が出されたと発表した。非常用電源が作動するトラブルもあった。
 ニュージャージー州のセーラム原発1号機は、川の水位上昇によって冷却用ポンプに異常が起き手動停止。ニューヨーク州のナインマイルポイント原発1号機とインディアンポイント原発3号機は、送電網側のトラブルにより自動停止した。
★→→http://www.47news.jp/CN/201210/CN2012103101000965.html 


線量計 隠し現場へ 実態暴けぬ厚労省調査 2012年10月31日 07時04分 東京
2012103199070429[1].jpg
 東京電力福島第一原発で起きた、線量計を鉛カバーで覆って被ばく線量をごまかした問題を受け、厚生労働省が実施してきた聞き取り調査の結果が三十日、公表された。意図的なごまかしはなかったとの内容。だが、本紙の取材に対し、元作業員の男性は、原発で働き続けるため線量計を持たずに現場に行っていたことを新たに証言した。既に、鉛カバーを作って線量をごまかそうとした別の作業員の実例も報じたが、二人とも聞き取りはされていない。新たに線量ごまかしの実態を語ったのは、福島県いわき市の二十代男性。事故発生間もない昨年四月から福島第一の緊急作業に加わった。現在は被ばく線量の問題などで解雇され、現場を離れた。当初に担当した収束作業は、3号機タービン建屋内で、放射線量が不明の汚染水を手作業で捨てたり、大型の工作機を分解したり、海側で配管を修繕したりする内容。どの現場も線量は高く、たった一日で一般の人が許される数年分の放射線を浴びる日が相次いだ。…
(★続きは→→http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012103190070429.html )

posted by 東京西部ユニオンブログ at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。