2011年04月02日

東電抗議デモで逮捕の学生3 人を取りもどしました

怒り沸騰! 抗議殺到!東電抗議デモで逮捕の学生3 人を取りもどしました
s20110408a.jpg(逮捕弾劾の記者会見の様子)
 3月31日の東京電力・保安院への抗議デモで、不当に逮捕された学生3人が翌日夕方に釈放されました。
「東電に抗議したら逮捕!」の報はまたたく間に全国・全世界に伝えられ、全国で怒りの声が噴き上がり、世界でも報道され、たくさんの抗議が殺到しました。そのすごさに驚いた警察はあわてて3人を釈放したのです。
本当にありがとうございました。
 しかし、警察やそれをさせた東電・菅政権の罪は消えません。その強権的なやり方に、全社会にひろがった原発廃止と菅政権追及の声を力ずくで押しつぶそうという意図がはっきりと示されているからです。
 今回示された労働者民衆の怒りと行動こそ、居直る東電や菅政権を追い詰める力です。さらに一緒に彼らの責任を追及し、本当の被災地救援・原発廃止を実現しましょう。

杉並で始めた署名がヒロシマとつながり、原発廃止1千万署名になりました
 原水禁運動発祥の地・杉並で私たちが始めた「原発廃止緊急署名」が、ヒロシマと福島とつながって、あらためて全国1千万署名運動として呼びかけられました。
 東電・保安院・菅政権のウソが次々と暴露されています。「千年に一度の災害」「想定外」のウソ。最悪の毒物プルトニウムが流れ出ても、「ただちに人体に影響はない」のウソ。もともと戦争のためにつくられた核の「平和利用」などありえないのです。
 いま「原発には問題あるけど、電力は必要だから…」などと「原発廃止」をはっきり言わない学者・政治家はみなニセ者です。「安全基準を上げる」というのもまやかしです。私は原発絶対反対を貫いてきた立場から、こうした連中の責任を徹底的に追及し、核廃絶へ闘います。反原発1千万署名を広げましょう!

(区議会議員・北島邦彦)

posted by 東京西部ユニオンブログ at 00:00| Comment(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。