2013年04月27日

闘う労働運動の復権をめざす★★5・1新宿メーデー★★

貨物賃金カット絶対反対、公務員労働者7.8%賃金カット許すな!
吹き荒れる解雇・賃下げと闘おう!
 分割・民営化破産のツケを労働者に転嫁するな!
 民営化・外注化・非正規職化粉砕! 闘う労働組合を甦らせよう!

闘う労働運動の復権をめざす
★★5・1新宿メーデー★★


me-de-1[1].jpg

▽JR貨物本社抗議闘争 12時JR新宿東南口▽ デ モ 新宿中央公園[水の広場]14:30
▽集約集会 新宿文化センター15:30開場
▽よびかけ 動労千葉・動労総連合


★★★フォト!
★4・20NAZEN杉並 雨中の高円寺デモ!!
20130424a-1[1].jpg

★動労西日本 4・25大阪レールテック(JRの外注会社)で今季2波目のスト
20130426a-1[1].jpg

★4・20尼崎闘争 事故から8年、事故居直るJR西日本に怒り 400人がデモ
20130426c-3[1].jpg

★4・22星野再審へ高裁を包囲!「全証拠を開示せよ」のデモ、霞ヶ関

20130425a-1[1].jpg

★★ひと言!
西部ユニオン、合同・一般労働組合全国協は、4・26スト情勢を、動労千葉とともに、自治体労働者、公務員労働者とともに全力で闘い抜いています。4・26当日は、都内の複数の区役所に激励の朝ビラに登場、そしてさいたまの行田・ショーワ・ジェコー闘争に駆けつけました! 
 5・1たたかう新宿メーデーへ、ともに集まり、賃下げ粉砕、8時間労働制の解体許すな! 解雇撤回・外注化阻止・非正規職撤廃! 闘う労働運動の復権をかけて集まろう!
 ▼正午・新宿東南口(高島屋向かいのJR貨物本社への抗議闘争)
 ▼14時 新宿中央公園・水の広場(都庁第1庁舎西隣)へ結集を!


アベノミクスの3本柱の、経団連の6本柱、いずれも、その中心は「規制緩和」と称して、資本への一切の規制(解雇・労働時間・賃金)を取っ払うということ。これを「成長」という! ユニクロ柳井の「年収100万円になって食えななっても構わん」発言は「ブラックこそ資本主義」(それ自身はそうだ、だから資本主義は終わってるのだ)と言ってる、こういう奴ら、アベもケイダンレンも、労働者の怒りで獄門ハリツケにしなきゃイカン!
 奴らはびくびくしてる。世界大恐慌と争闘戦で、労働者を食わせられず、他国と本当につぶし合いに入ること、それは「人の良い労働者が団結して鬼になって」反逆し決起することにおびえてる。(でなければ、必死に分断したり、4/25で学生を弾圧・・翌日すでに4人を奪還したと聞く・・したりしなくてもいいはず)絶体絶命のピンチなのは、資本家とアベらだ! 問題は、労働者が団結して当たり前の怒りを解き放つことに反対するヤツが、組合や運動組織の中にまだいるんだが、裏切り・スト破りほど許し難い者はいないことを、4・26全国スト情勢は見事に明らかにしていくだろう。
i=http%253A%252F%252Fpds2.exblog.jp%252Fpds%252F1%252F201304%252F25%252F20%252Fe0246120_8481634[1].jpg
▲ネットで見つけた岡山・倉敷市庁舎
アベやケイダンレンとの闘いはみんなが解りやすい。しかし労働者がほんとに1つに団結して闘うために、賃下げや首切りに対して闘う者の足を引っ張るヤツを粉砕することは簡単じゃないけど、1ミリ前進がものすごいことだ。「労働者を信じ切れない思想」を自分たちの中からたたき出すって、ものすごい解放闘争だぜ!
 ということで、5・1新宿へ! 6・9文京シビックへ! 
 時代を変え、歴史をつくろう!
69bira[1].jpg


★★冷たい雨の中でのNAZEN杉並デモ 北島邦彦の「すぎなみ未来BOX」4月20日より
 定例となったNAZEN杉並の反原発デモですが、およそ1年ぶりの高円寺デモとなりました。あいにくの冷たい雨で、デモの妨害・弾圧にやってきた公安刑事の数がデモ隊より多かった、との一部情報もありますが…。しかし、デモをやった主体の解放感はきわめて大きく、デモ後の例会での議論もとても活発で創造的なものになっていました。デモには、新たな反原発ゆるキャラ「ゲンパッツン」も登場!青年たちは風邪ひきで不参加が多く、健康管理に気をつけましょう!


★★動労水戸、被曝車両強行運用の業務命令を完全に阻止したスト!!(3・25)
写真 検修庫に入れられたK544。この後、現場の怒りで運用強行を阻止され車両センターの片隅に再び移送された
f2581_4_3[1].jpg

◆動労水戸 辻川副委員長
「…動労水戸は25日は午後4時からの時限ストで冷却装置交換に抗議、直後の会議で「K544関係の作業が組合員に命じられた場合、車両センターの全組合員がストに入る」と決定し会社に通告しました。26日には点呼時に猛然と所長を追及し、朝から職場は騒然となりました。午後からの誘導、転線作業での動労水戸組合員への作業指示を撤回しないため、昼休みに緊急全組合員集会を開き、午後1時からJR本体の組合員全員がストに突入することを決めました。組合員にとっても「青天の霹靂(へきれき)」でしたが一糸乱れずストを打ち抜いてくれた。あまりに急なスト突入で所長以下、管理者たちは放心状態でした。
 この急なストに対しても青年たちがK544への乗務を拒否し、誘導業務のスト破りを命じられた青年が業務命令を無視して誘導に行かなかった。頑張った青年は見直され、動揺する青年は見下されている。会社は業務命令無視を問題にもできない。その命令があまりにも不当だからであり、処分などしたら逆に大変な事態になることを恐れているのです。」(『前進』第2581号より一部抜粋)
posted by 東京西部ユニオンブログ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月20日

今だ、デモだ、ストライキだ!

今だ、デモだ、ストライキだ!
4・26−5・1へ一緒にたたかおう!!


★★★4・20「放射能もアベノミクスもいらん!
反原発★反失業 高円寺デモ4.20」ビラ


4/20高円寺デモビラ[1].jpg



4月18日〜22日 星野文昭絵画展
会場 阿佐ヶ谷地域区民センター1Fぶらっとりー
主催 星野文昭さんを取り戻そう!東京連絡会


星野ビラ絵画[1].jpg

星野再審集会 4月21日(日)13時開場
会場 阿佐ヶ谷地域区民センター3F 第4・5 集会室
講師 桜井昌司さん(元布川事件再審請求人、星野面会・手紙国賠原告)
  岩井信主任弁護人
主催 星野文昭さんを取り戻そう!東京連絡会


星野4.21集会[1].jpg


闘う労働運動の復権をめざす
★★5・1新宿メーデー★★

▽JR貨物本社抗議闘争 12時JR新宿東南口
▽ デ モ 新宿中央公園[水の広場]14:30
▽集約集会 新宿文化センター15:30開場
▽よびかけ 動労千葉・動労総連合



歴史的情勢!―公務員大幅賃下げと4・26自治労スト
3月29日、成立した地方交付税法改悪(7・8%賃下げ)は、国鉄分割・民営化の全公務員版です。公務員賃金に準拠する労働者は計1千万人以上! 新自由主義の国家・政府・資本がアベノミクスの3本の矢(超金融緩和・成長戦略=労働規制緩和・改憲と戦争)の最大の突破口として「公務員を血祭りにあげて戦後的な労働と生活を根こそぎ一掃する」攻撃です。逆に言うと、資本主義は完全に崩壊の危機です。全労働者が奪われてきた団結を取り戻し歴史を動かす大チャンスです! 4.26自治労全国スト断固支持。ストへの不当解雇に対して闘う鈴コン分会闘争の勝利の展望もかかっています。


4・26ショーワ・ジェコー闘争へ
自治労ストと同日、4年前の派遣切り、偽装請負・労災と闘い続ける埼玉ユニオンとJAMジェコー行田分会の総決起闘争が行われます。
◆4月26日(金)正午 ショーワ行田本社工場正門前(闘争〜デモ)
2時〜集会 4時〜ジェコーデモ

★★ひと言!
4月からの労働契約法改定と同時に、「4年以上働いた非正規労働者をクビ」にする資本が出ている(シャノアール等)。▼4月16日、経団連は雇用・労働時間に関わる労働法制の全面改悪提言を出した。労働者が百数十年血を流した結果の8時間労働の解体や、雇用を勤務地・職種限定契約(準正社員・総非正規化)など怒り無しには読めない。▼福島、沖縄の怒りも激しい。「主権回復の日」とは改憲だ。
▼しかし4・26自治労ストが29年ぶり。怒りのマグマに火をつけよう。国鉄闘争でも、わが鈴コン闘争も「解雇撤回・職場で闘う」にこだわって闘ってきた。それは「労働者の誇り」だ。歴史は自分たち労働者が動かせる!!!

p20130310b[1].jpg
▲3・11福島、全原発廃炉へ熱いデモ
2013324[1].jpg
▲3・24三里塚「農地法で農地強奪」絶対許さん!
p20121104e[1].jpg
▲昨年11月日比谷・全国労働者集会

posted by 東京西部ユニオンブログ at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

闘うメーデーへ! 大失業と戦争を止めるためにこそ体をはろう!

イラク戦争10年後に米の劣化ウラン弾による内部被ばくの悲惨な影響や、アベとクロダのニセ札刷り・戦時財政〜こそ、「北のミサイル」の何百倍も恐ろしい
 イギリスの労働者は、サッチャーの死に祝賀暴動で応えた!(労働者階級発祥の地がよみがえりつつある!)

 万国の労働者、団結して、大失業と戦争を止めるため、その根源を葬るためにこそ体をはろう!
 ★4・20高円寺デモ〜4月全国スト〜5・1メーデーへ、一緒に行こうぜ!


659378518134[1].jpg
▲4・14入管集会、感動的に勝ちとられる!

■本日のもくじ
●たたかいの予定 4・20反原発☆反失業 高円寺デモ〜〜いろいろ
●フォト!!! サッチャーの死 祝賀暴動が英国各地で爆発
●動労水戸情報・被ばく労働拒否の闘い&外注会社のデタラメ暴く
●ひと言!(西部ユニオン「自治体労働者への熱い連帯アピール」)
●首都圏の自治体青年労動者の訴えより
●中東2国と原子力協定 5月首相訪問で調印 2013年4月14日 05時26分東京(共同)
●MOX燃料、仏を近く出港 高浜3号機向け、福島事故後初4月12日 20時08分東京



◆◆たたかいの予定

★★★放射能もアベノミクスもいらん!! 
4・20反原発☆反失業 高円寺デモ★★★
■4月20日(土)17:30集合 18:00出発
■高円寺北公園(高円寺北3-20)デモは〜駅前〜高円寺南〜界隈一周(40分位)
■よびかけ すべての原発いますぐなくそう全国会議(NAZEN)・杉並
メッセージボードなど各自持参を
linesgif5B15D5B15D-thumbnail2[1].png
★★★尼崎事故弾劾! 外注化・非正規化粉砕!
4・20全国総決起集会★★★
■4月20日(土)午後1時 JR尼崎駅北口広場
■呼びかけ/動労千葉、国鉄闘争全国運動・関西準備会

★★★証拠開示の力で、無実の星野文昭さんの再審実現を!4・21星野解放集会★★★
■4月21日(日)13時開場
■阿佐谷地域区民センター3F(阿佐谷駅南口とほ3分)
■講演 桜井昌司氏(元布川事件再審請求人)岩井信氏(弁護士)今井恭平氏(ジャーナリスト)
※※4/22には、高裁に対する包囲デモ!

★★★改憲と戦争を阻もう4.28全国集会★★★
とき◆4月28日(日)午後1時 開会
ところ◆ハイライフプラザいたばし(JR埼京線「板橋」西口1分)
講演◆水島満久さん(元全駐労マリン支部副委員長)、柴口正武さん(福島県教組副委員長・前双葉支部長)/資料代500円
主催◆とめよう戦争への道!百万人署名運動(tel.03-5211-5415)



★★フォト!!! サッチャーの死 祝賀暴動が英国各地で爆発

article-2305760-192E8FED000005DC-480_634x422[1].jpg

article-2306165-192F0218000005DC-764_634x422[1].jpg

article-2306165-1930F594000005DC-166_634x441[1].jpg


★★動労水戸情報・被ばく労働拒否の闘い&外注会社のデタラメ暴く

da4a0a6e[1].jpg

74c402eb[1].jpg


★★ひと言!(西部ユニオン「自治体労働者への熱い連帯アピール」)

大幅賃下げ絶対反対! 全国ストライキ断固支持! 全労働者の団結こそ生きる道!
国による給料1ヶ月分強奪など許さない!
ウソ八百のアベノミクスにだまされない!
たたかえば、バッシングはぶっ飛ばせる!

▼自治体で働くすべての労働者のみなさん!
 いま、国は、とんでもない攻撃に出ています。国家公務員に続いて、全公務員(360万,公共部門計500万人)の賃金を今年の夏から一律7・8%下げようとしています。東京も都議選後に必ずきます。やり方は暴力的です。しかもアベノミクス宣伝と一体で「公務員の賃下げをしたら他の労働者が良くなる」かのようなウソ・ペテンです。これはドレイになれということです。
3月29日成立4月1日施行<地方交付税法及び特別会計に関する法律の一部を改正する法律>「地方公務員給与費の臨時特例として平成25年7月から国家公務員と同様の給与削減(月給7.8%,一時金1割)実施を前提に、単位費用の額を改正」
※人件費削減努力した自治体には地域活性化の名目で別個にカネやる(!)
(原発立地自治体や沖縄へのやり方と酷似! 自治体労働者の賃下げ・人減らしに協力したらカネをくれてやるという国家―腐り果ててる!!)

 絶対許さない! 全労働者にすぐ影響します。最低賃金並で働く多くの青年たちは今でも死因の半分が自殺、結婚も家庭も未来もない社会なのに―腐った国家と資本によってさらに殺されるのか? 生活保護も一緒に削られます。労働者―現場の公務員には何の責任もないのです。自己責任?それは恐慌と3・11原発事故を自ら招いた「命よりカネ」の国家と資本にこそ、たたきつける時です!
▼自治労が4・26全国統一ストを決定
 国と大資本家は「雇用の流動化=10割非正規化」を公言しています。闘えない労働組合は、ナメられてたたきつぶされます。労働者分断のための「公務員バッシング」は、自治体労働者がストに立ち上がれば、アッという間にぶっ飛ばせます! ふざけるな!という現場の声に対して自治労本部は4・26全国ストを決めました。29年ぶりの歴史的な情勢です。しかし現場には伝わってもいません。今こそ労働組合をよみがえらせ、上部団体や党派の壁をこえて連帯して闘いましょう!
  自治体労働者が人員削減・長時間労働・バッシングへの怒りを解き放ってたたかえば全労働者の先頭に立てます。
  自治体の非常勤・委託労働者は西部ユニオンに加入して団結してたたかいましょう! 闘って生きぬこう!

51kamotu[1].jpg

国鉄解雇撤回・JR復帰の10万人署名を集めよう!→→いま、自治体〜全産業の労働者への賃下げの核心は、「労働組合なんて無力だ、闘っても勝てない」という敗北感を押しつけることだ、しかし安倍よ、資本家よ、なめるな!!! 国鉄闘争26年、そして、毎年3万人も殺され続けてきたこの10数年の怒りのマグマが爆発することに、お前らこそ、恐れおののけ!!


★★首都圏の自治体青年労動者の訴えより
7.8%賃下げ反対!  青年部結成しストを!
 ■現場の怒りこそ絶対に正しい!
 …1ヶ月タダ働きという賃下げに怒らない労働者はいません。「何か悪いことをしたのか」「残業が多くて疲れてるのにもうやってられない」「生活は火の車だ」―この怒りの声は絶対に正しい!
非正規・失業・ブラック企業が蔓延する中で「公務員はまだいい」と言われ続け、自治体労働者はそうしたバッシングにある意味慣れてきてしまった面があると思います。「公務員は叩かれても仕方ない」と。こうして過重労働や低賃金への怒りは押しつぶされてきたのです。
 …でもやはり今こそハッキリさせるべきです。1987年の国鉄分割・民営化以降26年の間に、どれだけ公務職場が民営化され、非正規化が進んできたか。人員が極限まで減らされ、どれだけメンタルの疾患が増加してきたか。そしてそこまでやっても財政はまったく改善せず、むしろどんどん悪化し、それでも「労働者が悪い」とたたかれてきたのです。
もう我慢ならない! 「財政健全化」なんて言って、やっていることは財政破壊であり地方自治破壊であり、労働運動つぶしじゃないか。責任は私たちにあるんじゃない。「国がやってきたことのツケを労働者に押しつけるな!」とすべての労働者の先頭で自治体労働者こそが怒る時です。
 ストをやれない理由なんて、言い出したら山ほどある。でも組合員のせいにするのはやめよう! 執行部が必死さを見せることが必要です。組合役員が必死で「これはとんでもない攻撃だ」「ストライキやって当然なんだ」「労働者全体の問題なんだ」と組合員の先頭で怒ること、ちょっと困難に見えてもスト配置を具体的に準備することが、本当に組合の復権につながると思います。
 …若い世代はストなんて見たことも聞いたこともない。ストライキをやって役員が処分される位のことがあって初めて、組合への不信感が信頼に変わるのではないでしょうか。
 ■初めての朝ビラを配って解放感!
 私自身執行委員の1人として、こうした議論を執行委員会で始め、やっと20年ぶり(!)の朝ビラと「給与削減反対」の全員署名の取り組みが始まりました。全体に呼びかける賃金学習会も設定されました。朝ビラを役員としてやるのは初めてですが、十数人が時間を決めて赤い腕章を付けマイクで訴えながらビラを配り、正直感動しました。「こういうことをやると、何より執行委員が団結するんだな」と感じました。
 自治労には行政職、現業職、非常勤職員と様々な職員が加盟しています。ともすると行政の効率化を実施する側の職員と、合理化される現業職、要求を出す非正規職員と、労働者同士が対立させられてきました。でも今回の賃下げ攻撃は全部が一丸となって闘う大チャンスです。闘って、分断をのりこえて、団結を取り戻そう!
 この賃下げは何より青年にとって大問題です。そもそも4月に入った新入職員に、いきなり7月から賃下げなんてよく言えたものです! 「そもそも全然上がらない」「生活保護は三年間で7・3%、うちらはいきなり7・8%下げるのか」「アベノミクスでよくなるわけがない」と国の政策そのものに対する怒りがわき出ています。「自分の賃下げも困るが、それが次の世代にまで強制されることはさすがに黙っていられない」と青年が立ち上がり始めています。ここにすべての展望があります。
 青年が闘いの主体になる賃下げ阻止闘争を全国でまきおこそう。そのためにも一つの拠点、一つの青年部を作り上げるという飛躍が必要です。
 4・26ストライキを新しく入庁した仲間と共にやりたい! でも今の組合のままでは無理だ!
労働組合を生まれ変わらせる闘いとして、スト貫徹・青年部結成に突き進みたいと思います。 (『前進』第2579号 4/8「青年の職場から」より抜粋)


中東2国と原子力協定 5月首相訪問で調印 2013年4月14日 05時26分東京(共同)
 政府は13日、日本の原発輸出を可能にする原子力協定をトルコ、アラブ首長国連邦(UAE)の両国とそれぞれ締結する方針を固めた。近く閣議決定する。5月上旬の大型連休中に安倍晋三首相が両国を訪れた際、個別に調印式を行う。政府関係者が明らかにした。

MOX燃料、仏を近く出港 高浜3号機向け、福島事故後初4月12日 20時08分東京
 関西電力は12日、福井県高浜町の高浜原発3号機向けに製造されたプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を積んだ輸送船2隻が近く、フランスのシェルブール港を出発すると発表した。MOX燃料輸送は東京電力福島第1原発事故後初めて。
 関電は、核物質防護に関わるとして、輸送ルートや日本到着時期は出港後に公表するとしているが、過去の実績から約3カ月で到着するとみられる。今回の輸送量は日本到着後に公表する。高浜3号機向けMOX燃料集合体はフランス・アレバ社製で、関電が2008年11月に20体を発注。(共同)
posted by 東京西部ユニオンブログ at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月10日

4・26全国スト情勢から5・1メーデーへ!

4・26全国スト情勢から5・1メーデーへ!
 労働者の国際連帯の力で、米日の朝鮮侵略戦争を止めよう!

 4・20反原発(核戦争阻止)・反失業(解雇撤回) 高円寺デモへ!
※4・14入管全国研究交流集会〜4・21〜22星野全証拠開示運動へ



■本日のもくじ


●4・20<反原発★反失業>高円寺デモへ
●フォト
●ひと言「アベノトリックス」―先は真っ黒な戦争
●「4・26スト」情勢と5・1メーデー
●「偽装」について−日刊・動労千葉から
●福島第一 水漏れ貯水池継続 規制委使用容認 代替策なし4月9日7:10東京新聞



★★★放射能もアベノミクスもいらん!! 
4・20反原発・反失業 高円寺デモ★★★

■4月20日(土)17:30集合 18:00出発
■高円寺北公園(高円寺北3-20)デモは〜駅前〜高円寺南〜界隈一周(40分位)
■メッセージボードなど各自持参を
 ●よびかけ:すべての原発いますぐなくそう全国会議(NAZEN)杉並
 ●連絡先: 東京都杉並区天沼2-3-7 さかいビル2A TEL 03-6794-7101


linesgif5B15D5B15D-thumbnail2[1].png

 ☆「アベノミクス」というより「アベノトリックス」だ!
やってることは、大資本丸儲けのために、首切り・賃下げ・インフレ! そして原発再稼働・輸出・増設! ☆もう許さん! 
 ☆私たちは、2年前の3・11から、大小30回くらいのデモ、学習会をやってきました。もっとやります。
 ☆解雇撤回闘争をやってる東京西部ユニオンも仲間も参加します。
 ☆原発廃炉へ、そして首切りと闘い、非正規職撤廃を!
 ☆3・1〜3・31の怒濤の3月に続き、毎日でも、ストとデモに起つときだ。
 ☆「奴ら」は3・11を全く逆にとらえている!


★★フォト
(あちこちからイタダキました!!)

326日機[1].jpg
▲日本機会スト・構内デモ(3.26八王子)
328モリタ[1].jpg
▲ちば合同労組モリタメディック分会スト(3.28上野本社前行動)
モリタ・鈴コン.jpg
モリタ・鈴コン2.jpg
▲ちば合同モリタへの支援行動する西部ユニオン(上3.14,下3.24三里塚で檄布)
3.31渋谷デモ.jpg
3.31渋谷ハチ公1.jpg
3.31渋谷ハチ公2.jpg
▲3.31春闘渋谷デモ、ハチ公前街宣で(中,西部ユニオン吠える。下,アメアパハイセンスな横幕)
0401篭原[1].jpg
▲JR外注化阻止行動(4.1篭原)にも鈴コン登場!


★ひと言「アベノトリックス」―先は真っ黒な戦争

 「株高」「アベノミクス」と騒いでいるが、インチキでブラックな「アベノトリックス」だ。世界大恐慌は深まり、米欧日から全世界で雇用も設備投資も何ら展望ないのに「あぶく銭」を稼ぐ奴らがいる。しかし保障するものは何もない。だからそのツケはただでさえ搾取しつくしてきた労働者からさらにぶんどろうとしている。それが大幅賃下げと増税だ。インフレも=賃下げだ。資本家丸もうけなのだ。許しがたい。…ところで、世界の資本家や経済界でも、安倍=日銀黒田の「異次元の金融緩和」は、ギリシャやキプロス以上の財政破綻国日本によるとんでもない通貨戦争・なぐりこみと捉えられている。資本主義・帝国主義は最後はお互い生き残りの絶望的戦争でもなんでもやる。争闘戦の時代に入りつつある。アベノミクス(トリックス)は、まさに戦時財政そのものだ。先は真っ黒な戦争なのだ。資本主義・帝国主義は終わってる。全世界で労働者が新たな団結と闘いに立ち上がって巨大なデモとストをやってる。日本でも動労千葉・動労水戸・動労西日本先頭に、春闘スト決起が火を噴いてる。4・26自治労全国スト情勢は、自治労本部の思惑をこえて、現場の怒りに点火を始めた。
▼米日はお互い争闘戦を強めながら、米の経済・財政の破綻と新軍事戦略による対アジア・対中国戦略を軸に、安保・沖縄攻撃を強めている。この中で、米韓合同演習は演習とはいえない実際の戦争そのものとして3〜4月長期間行われいてる。この点マスコミはほとんど報道しない。腐ってる。マスゴミと言われても仕方ない。この中で、対中国圧力を基軸にした大演習の恫喝にあおられたのが北朝鮮だ。いまやマスコミは「北朝鮮=孤立した悪者」論を毎時間垂れ流している。
 しかし問題は、アメリカはなんで「世界の警察面」して朝鮮半島〜東アジアで戦争演習をくり返して(それは対北朝鮮だけでなく中国や日本も牽制・恫喝)いるのに何の批判もされないのか「世界の摩訶不思議」なのだ。イラクではありもしない「大量破壊兵器」を口実に何十万の人々を殺したのか? 今、イラクでは劣化ウラン弾という核兵器で、生まれてくる子どもたちに先天性の異常が多発している。チェルノブイリでおき、これから福島で起ころうとしていることはイラクでも現にあるのだ。米兵も大量に被曝しているが国防総省は隠している。ヒロシマ・ナガサキ・ビキニ以来の米帝国主義の実態がこれだ。差別分断の米国社会で黒人大統領が、「資本主義・帝国主義の危機突破のため、資本家の利害を守るためには対中国対決のためにも朝鮮半島で核さえ使おう」というのが今の戦争危機の真実の姿だ。日本政府は3月22日、沖縄県にこそ泥的に「辺野古公有水面埋め立て申請」を強行した。その1カ月前に安倍は日米首脳会談で「普天間基地の辺野古移設」を公約した。新自由主義の破産の中で、さらに極限的な沖縄の労働者人民への攻撃だ。これは米日の経済・財政の破綻と争闘の激化をすべて労働者への犠牲で突破しようというものだ。3・11以降、反原発と沖縄基地撤去の闘いが結びついている。これへの危機感と分断・破壊でもある。
▼労働者が、国家主義・排外主義に安易にあおられて核戦争に賛成することなど絶対にない。今の賃下げ・非正規化・外注化によって資本を救い、さらに労働者から収奪して戦費をかせいで戦争やっても、死に至る病を患っている資本主義に未来はない。
今こそ労働者の国際連帯を爆発させよう。
 国際連帯の発展で新自由主義−侵略戦争・核戦争を阻止しよう!
 4・28−5・15沖縄闘争をたたかおう!
 4・28、政府による「主権回復の日」記念式典弾劾!沖縄の労働者と団結して闘おう!
●●4・14「外登法・入管法と民族差別を撃つ」第24回全国研究交流集会
※4月14日(日)午後1時 横浜市鶴見公会堂(JR鶴見駅西口フーガ6F)
▼国際連帯の発展で新自由主義を打ち破ろう
  ▼新たな入管体制許すな! 在留カード制度粉砕! チャーター機での強制送還反対!
 ●●4・28全国集会
 「福島・沖縄の怒りとつながり、国際連帯で改憲と戦争をはばもう!」全国集会
 ※4月28日(日)午後1時〜 ハイライフプラザいたばし(JR板橋駅西口1分)



★「4・26スト」情勢と5・1メーデー



賃金と一時金の削減絶対反対! 4・26自治労全国ストを打ち抜こう!


公務員360万人、関連労働者含めて500万人の7・8%賃下げ=「賃金1ヶ月分カット」×数年という、戦後史上最悪の攻撃がかけられている。今年の7月からだ。一時金も1割カット、退職金は400万円カットだと。もともと積み立てたものじゃないか。あるいは、戦後米占領軍統治下で政令201号で「スト権など労働者基本権剥奪の代償」として人事院制度をつくり、雇用は保障(だから失業保険もない)してきた。東京23区などは6月都議選・7月参議院選あとに必ずやってくる。さらにJR貨物も10%賃下げを5月から狙ってる。自治労4・26全国スト情勢の先頭に立って、動労千葉・動労総連合と自治体労働者と固く団結して闘おう! しかし政府も資本家もとんでもなく破綻している。絶対反対派が労働者の怒りを怒りとして解き放つ闘いに立ち上がれば、この改憲ともいうべき攻撃は、公務員に留まらず全労働者の労働者性の復権として荒々しく甦る。4・26ストを貫徹しよう! 全産業で4月ストに決起しよう。
 職場に力をうち立てよう。それが闘うメーデーをかちとる力だ。
★★資料−こいつらの本音を見よ!
▼ 2月15日 第2回規制改革会議 
 ●株式会社ニチレイ代表取締役会長浦野光人委員
「雇用で狙っているのは流動化、柔軟性ですが、大きな問題として公務員の身分保障の問題がある。ここが流動化しないと、民間の中だけの流動化を考えてもうまくいかない。正に岩盤だと思う」
▼3月14日 ●日本経団連「道州制実現に向けた緊急提言」発表。
「わが国経済が長期低迷状態を脱し、活力を取り戻すためには、活性化を阻害する制度等を抜本的に見直し、有効な経済政策を実行に移すことと併せて……民間活力を十分に発揮できるよう、国・地方の統治制度を根本から転換することが不可欠である」「改革の先送りはもはや許される状況にない」


★★日刊・動労千葉4/4 NO.7484から


n7413b[1].jpg

外注化粉砕!JRに戻るまで闘い続けよう  第2ラウンドの火蓋きる!

 13春闘勝利、外注化粉砕、久留里線ワンマン化阻止のストライキご苦労様でした。外注化強行から丁度半年。外注化強行への怒りと悔しさをバネに、矛盾だらけの職場の現実を突いて新たな闘いが始まった。
 外注化との13年間の闘いは、民営化・外注化・非正規職化攻撃に真正面から挑む歴史的な闘いであった。これまでの労働運動の歴史の中でもほとんど前例のない闘いであったと言っても過言ではない。そしてそれは、検修・構内のみならず、JR東日本全体の外注化政策を揺るがす大きな地平を切り開いた。
 外注化は雇用と安全を破戒する攻撃だ。《雇用と安全》はどんなことがあろうと譲ってはならない問題だ。われわれは外注化攻撃を粉砕してJRに戻るまで絶対に闘いの旗を降ろさない。…

厚生労働省は、請負業務が適正に行なわれているか否かについて、次のような指針をだしている。まずこれをよく読んでほしい。

Q 発注者が直接請負労働者に指示を行なわないのですが、発注者が作成した作業指示書を請負事業主に渡してそのとおりに作業を行なわせてもいいですか。

A 適切な請負と判断されるためには、業務の遂行に関する指示その他の管理を請負事業主が自ら行なっていること、請け負った業務を自己の業務として相手方から独立して処理することなどが必要です・・・
 発注者が作業の内容、順序、方法等に関して文書等で詳細に示し、そのとおりに請負事業主が作業を行なっている場合も、発注者による指示その他の管理を行なわせていると判断され、偽装請負と判断されることになります


福島第一 水漏れ貯水池継続 規制委使用容認 代替策なし
2013年4月9日 07時10分東京新聞


地下貯水池図解[1].jpg

 東京電力福島第一原発の地下貯水池から、高濃度汚染水を処理した水が漏れた事故で、原子力規制委員会の更田(ふけた)豊志委員は八日、今後も貯水池の使用を認める方針を明らかにした。しかし、水漏れの原因は分かっていない。同じ構造の貯水池に汚染水をため続けると新たな漏れが起きる恐れがある。…
(★続きは→→http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013040990071027.html )

posted by 東京西部ユニオンブログ at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

3.31渋谷に続き、5・1闘う新宿メーデーへ!!

放射能もアベノミクスもいらん! 4・20高円寺<反原発☆反失業>デモへ!
3・31解雇ヤメロ、非正規職なくせ、生きられる賃金よこせ、春闘渋谷アクションが大ブレイク! ストライキと街頭宣伝とデモが渋谷で吠えた!

3.31渋谷デモ.jpg
▲3.31渋谷!

p20130310b[1].jpg
▲3.11福島(1350人がデモ…福島県教育会館前)

2013324[1].jpg
▲3.24三里塚集会

■本日のもくじ
●4・20高円寺 反原発・反失業デモへ!
●ひと言
●3・31春闘渋谷行動が大ブレイク!
●3・3青年労働者集会
●鈴コン分会の闘いは大前進!




●4・20高円寺 反原発☆反失業デモへ!
―<放射能もアベノミクスもいらん!>反原発・反失業! 高円寺デモ’4・20―
▼4月20日(土)17:30集合 18:00出発
▼高円寺北公園(高円寺北3−20)集合・出発


linesgif5B15D5B15D-thumbnail2[1].png

  公園〜駅前〜高円寺一周(コースは予定)
▽福島の怒りと結んで、原発ゼッタイいらない、再稼働反対、ウソと分断に負けず、被ばく労働許さない! 団結して原発廃炉を!
▽ふくしま共同診療所を支え守ろう!

●ひと言

闘う新宿メーデーへ集まろう! 5月1日午後2時 新宿中央公園・水の広場へ!!!
 都庁・JR東本社・JR貨物本社への怒りのデモを叩きつけよう!!

 動労千葉が呼びかけを発する。わが西部ユニオンは新宿を地元にかかえる労働組合として全面的に賛同し、共闘し、4月に各職場でがんがん闘って5・1へ向かいたい。
ストライキがどこでも頻発する春になった。攻撃はひどい、政治も経済もデタラメだが、ついに、歴史をくつがえす時がきたのだ。動労千葉などほんの一部の戦闘的組合を除いて圧倒的多くの労組が闘えない情けない状態の20年30年をひっくり返そう。わがユニオンとしても、先日3・31春闘渋谷行動の際に、アメリカンアパレル分会の分会長が自らへのまったく不当な雇い止め解雇の撤回を求めて1日指名ストに立ち上がった! 鈴コン分会に続き、各職場で小さくとも火柱をあげよう。そのほとばしる奔流こそ労働者の団結をよみがえらせ、労働組合をつくり、作り直すエネルギーだ。

3.31街宣.jpg
(3.31ハチ公前街宣で)

「公務員賃金7・8%賃下げ」攻撃は、「全労働者への2〜3割賃下げと総非正規化」「いつでもクビ」の攻撃そのものだ! 何より国家や資本という敵ではなく、労働者同士へ憎しみをかきたててとことん分断する支配者のやり方―究極のウソ・ペテンだ。3・11でこの社会の真の姿を見た労働者はゼッタイだまされない。どうしてそう言えるのか、これでだまされたら死ぬしかないほど、すでに「生きられない」状態だからだ。生きるためにはうそつきどもをぶっ飛ばして闘うこと、闘う自分と自分たちの団結の力を信じることだ。
 この数十年の歴史でも最大の賃下げ攻撃が襲いかかっている。もちろん、連続10年以上実質賃金は下げられてきた。しかしその延長ではない。「労働者9割、10割の非正規化・外注化」と一体のえげつない賃下げの攻撃である。そこにはかつて80年代に中曽根政権が「戦後政治の総決算」を呼号して国鉄分割・民営化をやった事をもう一回り大規模にやろうという意図がありありだ。それが一方で大阪・橋下を先兵に、他方、民主党〜自民党政権を貫いて一体の自治体解体=道州制攻撃である。企業・資本によって行政機構を丸ごと民営化、要は食いつぶしてでも資本が生き延びようというのだ。そのための最大の「ネック」が労働組合の存在だから、まずは労働組合の背骨を叩きおろうというのが、今かけられている「全公務員への一律7・8%賃下げ」である。この間の「生活保護解体キャンペーン」などはこれと完全に1つの攻撃だ、日本経団連の言う「最低賃金制度なくせ」も同じ脈絡なのだ。
 考えても見れば良い。「公務員はめぐまれている、怠けている、給料が良い、役所は問題ある、窓口の態度が悪い・・・」こういう事が、増税や福祉切り捨てと一体で、あくどい意図で煽られている。橋下などがファシスト的な旗頭だ。
 こうして労働者全体を分断して、労働者全体の賃金を「歴史的」に大幅に下げようとしている。自治労4・26全国スト方針は、本部の幹部はダメでも、100万自治労組合員にとって決定的な情勢である。いや情勢全体をゆるがす労働者全体の絶好の転換期にしよう。
 大事なのは、時代認識だ。既成の政党・党派のどこがダメか。彼らは自分らが闘わない理由を「労働者はニンジンぶらさげないと動かない」から仕方ないと労働者のせいにする。一方で労働者に向かっては「大きな相手である国家や大資本と闘っても勝てない」と刷り込んでいく。こうした連合や全労連の幹部連中(「指導部」)が、自ら労働者の団結の力で、資本と闘って勝つ思想も気概もないってことなのだ。こういう連中は結局「労働代官」になって資本の先兵になるか、使い捨てられるだけだ。(小さな鈴コンの職場でも同じ!)
 資本が危機の時代こそ、労働者への攻撃は強まるように見えるが、資本は弱ってるから凶暴になるのだ。だからこういうときこそ、生きるためには、どんなことをしたって正当防衛じゃないか。というか…シッポ巻いて下向いて生きるのか、仲間と必死に、胸張って生きるのか、答えはハッキリしてる。「俺たちはドレイじゃない!」ってのは、悲壮に言ってるんじゃない、もっと生きられる待遇にしろっていうだけじゃなくて、ドレイになって生きるってのは生きる事じゃない!っていう闘いの宣言なんだ。だよね!

 
●3・31春闘渋谷行動が大ブレイク!

3.31街宣2.JPG

★3・31ハチ公前大街宣と渋谷駅周辺〜アメアパ本社直撃デモをやりぬきました。職場代表選挙は代官山店、渋谷店でいずれも組合員が当選し、労働者の多数が「解雇反対、分会支持」を表明しました。
ストとデモは職場の仲間を奮い立たせています。
★この日、昼前、雇い止めで解雇になる、アメアパ分会分会長が、代官山店前でスト突入を宣言。終日、街頭宣伝〜デモをやりぬきストライキを貫徹。
★午後からは、ごったがえすハチ公前で、郵政非正規ユニオンや東京各地で3月末雇い止めとたたかう組合の仲間とともに、国鉄解雇撤回・JR復帰の署名、アメアパ解雇撤回の署名を合計200筆集めました。

3.31デモ2.jpg

★夕方、代々木公園から人で溢れる渋谷公園通り〜明治通りを100名超えるデモで、オキュパイ!! 沿道から共感を得ました。多くが(この日雇い止めになっている人含め)非正規職の青年たちに「解雇撤回・職場を返せ」「闘う組合甦らせよう」の熱いコールが届きました。

鈴コン分会の闘いは大前進! 東京西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会会計 鈴木善弘
(2013年3月29日 合同・一般労組全国協hpから)

 この間、毎週鈴コン分会は、社前闘争をやっています。
 鈴コン分会にかけられている攻撃は、あまりにも不当な会社側の一方的な首切りであります。多くの労働組合がまともに闘わないからこそ、今のこの国と鈴木コンクリート工業、同族会社東豊商事があるわけです。故田口さんをふくめて、7人の組合員が立ち上がっています。
 東京都労働委員会、東京地方裁判所の闘いの現状は、4年目にしてやっと会社側から就業規則を出させることができました。会社は、団体交渉や東京都労働委員会で「就業規則は会社にとって企業秘密である」と明言しました。
 従業員にとって、就業規則とは言わば会社の「法律」です。それを出さずして、人を処分することなどできません。分会が団結を崩されずに闘ってきた結果、4年目にして会社が就業規則を出さざるを得ない状況に追い込んだのです。
 同時に、3月6日再再度地裁で仮払いの1年延長を出させました。「3人に2年間の仮払い」はあまりないということです。審尋の日に、その場で即決ということもまれであると言うことでした。
 社前闘争に対して、会社側は相当まいっているようです。仮払いでくり返し勝っているうえに、職場の組合員・非組合員と内と外からわきあいあいと胸張っているからです。
 先日は、鈴コン社長は社前行動の朝、われわれがいる前を避けて何百bも遠回りして事務所に出勤するありさまです。ちなみに、最近会社側は、裁判所への文書で「鈴コン会社は第3者だ」と言い始めました。しかし、3月22日の団交の際に鈴木雅章に「あなたは、いつ鈴コン社長でいつが東豊商事の一社員なのか」と聞くと「分けられません。兼ねています」。
 まったく破綻しているし、勝っています。共に闘いましょう!

3・3青年労働者集会は190名の大結集で成功しました!青年は13春闘に決起し全世界を獲得する!
東京西部ユニオン・奈良桃子
  (合同・一般労組全国協hpより)

 3月3日、今を生きる青年の怒りと団結を爆発させた集会を190名の大結集でかちとりました!
▼もう資本の好きにはさせない!
 解雇撤回闘争を闘う東部の青年と、職場の組織化を闘う西部の青年が司会にたちました。
 「3・1動労千葉がストライキを貫徹した。今年の春闘が開始されている。労働者はもう資本主義のもとでは生きられない、もう資本の好きにはさせない、決して黙っていない!13年3月決戦はこの怒りを爆発させて、安倍政権をぶっ飛ばす大決戦だ!」
 医療職場で闘う青年が魂をがっちり掴むような基調提起を行いました。
▼外注化の矛盾と弱点を暴く
 動労千葉青年部は「外注化され職場は矛盾だらけ、3・1ストはジャブだ。さらにワンツー・ワンツーと春闘を持ち上げていく。組織拡大で闘う!」と決意表明しました。
 動労水戸の青年は「出向先の労働者のみならず本体の人がこのままでは業務が回らないと怒っている。職場は偽装請負のオンパレード。職場に戻って仲間をつくる、困難だけどここに負けたら変えられない、団結して闘うことこそ社会を変えるエネルギー!」と訴えました。
 そして、動労千葉のストライキを先頭に各職場でも決戦に突入していることが報告されました。7・8%賃下げ攻撃と闘う自治体労働者は「橋本の攻撃は全労働者にかけられた攻撃。組合幹部はストを闘う気概もない、春闘で青年部を再建してストを貫徹する!」と宣言しました。
 交通労働者は都営交通の民営化攻撃と絶対反対で闘う決意を表明しました。
▼賃下げ、解雇を許さない
 郵政で闘う青年労働者は、年40万円もの賃下げ=退職勧奨攻撃にたいして、「組合執行部を逃さないで徹底的に闘う!」と宣言しました。郵政非正規ユニオン齋藤委員長は「4万6千人が雇止めにされて僕たちは黙っちゃいない、メーデーで郵政本社に討ち入るぞ!」と熱烈に訴えました。
 精研労組青年部は、「経営の定期昇給廃止は総非正規化の攻撃」とはっきりさせて、正規・非正規の分断を乗り越えて春闘に決起していることを力強く報告しました。
 そして、請負契約解除の攻撃に立ち向かうちば合同労組の青年は、職場丸ごとの解雇攻撃と闘う決意を述べました。「今日の集会で勇気をもらった。労働者をなめてかかったらどうなるか思い知らせてやりたい、職場の仲間を守ります!」
 最後にちば合同労組が「3月決戦で雇止めを阻止し、安倍政権を打倒しよう!6・29判決を受けた1047名解雇撤回署名を集めよう!8時間労働制・生きられる賃金を要求する5月メーデー行動に立とう!すべての力を6・9国鉄闘争全国運働大集会へ!13春闘へ職場から総決起しよう!」と集会まとめと団結ガンバローを行いました。
▼5・1メーデーから6・9国鉄集会へ!
 大恐慌にあえぐ安倍政権が恐れるのは青年労働者の団結です。私たち青年が奪われるものは何も無い、失うものは「賃金と首切りの恐怖」によって縛られた奴隷状態だけです。
 青年は労働組合として闘い、福島の怒りとつながり原発絶対反対で闘います。青年は13春闘を打ち抜き、全世界を獲得する闘いにうって出ます! ともに闘いましょう!
posted by 東京西部ユニオンブログ at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。